フードフランチャイズの口コミ・評判まとめサイト

くれおーるFCのクチコミや評判|運営会社のMIGホールディングス株式会社とは?

たこ焼きは、もはや関西だけではなく日本を代表するグルメといっても過言ではないかもしれません。
アジア各国や欧米の方々にもたこ焼きのおいしさが知られるようになりました。

そして、たこ焼きの本場である大阪で行列の絶えない店として有名なのが「くれおーる」です。

くれおーるは、「冷めてもおいしい」を特徴とする大阪生まれのたこ焼き・お好み焼き店。
おいしさの秘密は、7種類をブレンドしているという粉へのこだわりとしっかりと鰹の風味がきいた出汁にあります。

これまでくれおーるは大阪市内を中心に出店を進めてきましたが、2021年にMIGホールディングス株式会社とパートナーシップ構築したことにより、今後より出店攻勢が加速していく可能性が高まっています。

くれおーるの加盟は、一部の地域を除き各都道府県1社までという限定募集のスタイルです。

この記事では、くれおーるの以下の情報を案内します。

  • くれおーるの基本情報
  • くれおーるのメリット・デメリット
  • くれおーるの評判・展望
もくじ

くれおーるの基本情報

引用元:https://mig-holdings-fc.com/brand/creo-ru/
店舗名くれおーる
運営会社MIGホールディングス株式会社
創業1999年
設立2002年
資本金2,000万円
従業員数200名
本社〒106-0032東京都港区六本木1-4-5アークヒルズ サウスタワー 16階

くれおーるを運営するMIGホールディングスの基本情報を紹介します。

 MIGホールディングス株式会社とは?

MIGホールディングスは、高い志と夢のあふれる起業家集団です。「人を創る」をキャッチコピーとしており、人類に最も必要とされる人材であることを企業の理念として掲げています。

MIGホールディングス株式会社のメイン事業は、飲食店とのパートナーシップ構築によるフランチャイズ展開です。

「食べログ第1位」や「ミシュラン掲載」などの確かな実績のあるブランドを、確かなプロデュース戦略により国内外に拡大するという戦略を取っています。

MIGホールディングスの創業は2017年と、その歴史は長くありません。
しかし、すでに150以上のブランドと提携し、次々と大型商業施設や駅ナカ施設へのFC物件の契約・支援を成功させています。

くれおーるは、2021年にパートナーシップを構築しています。

2021年12月時点では、具体的なFC店舗オープンの情報はまだ入っていませんが、今後大阪で高い人気をほこるたこ焼きがフランチャイズ契約によって日本全国で味わえるようになるかもしれません。

くれおーるの詳しい紹介のまえに、MIGホールディングスがパートナーシップを結び、フランチャイズ展開を行っているブランドを簡単にご紹介します。

ドゥエイタリアン

引用元:https://foods-route.jp/franchise/36

イタリアンシェフがつくるチーズラーメン「らぁ麺フロマージュ」が看板メニューの洋風ラーメン店です。

独創性の高い洋風ラーメンは、ミシュランに3年連続で掲載されるなど、数多くのメディアに取り上げられ高い注目度を誇ります。

カリガリカレー

引用元:https://www.caligari.jp/%E3%82%AB%E3%83%AA%E3%82%AC%E3%83%AA%E3%81%A8%E3%81%AF

2019年に神田カレーグランプリにて優勝した実績と、メディア出演も多数など実力で人気のカレー専門店。
2021年3月より初のフランチャイズ展開を開始しました。

出店方法は、キッチンカーと路面店の2つの販売形態から選択できるため、自由な働き方ができます。

とりさわ

引用元:https://mig-holdings-fc.com/brand/torisawa/

紹介制で予約は4カ月待ち、ミシュラン掲載の人気店である「鳥さわ」が監修する焼きとりのフランチャイズ店です。

高いブランディング力と、簡易化を追求した調理オペレーションにより、技術力の心配がないところも特徴です。

SALON de KEN’S CAFE

引用元:https://kens-cafe-tokyo.com/about/

日本一のガトーショコラの称号を獲得し、予約3か月待ちの人気店がカフェのフランチャイズ展開。

1つ3000円のガトーショコラだけで年商3億円を成し遂げる人気のガトーショコラを始め、メニューは氏家シェフが完全監修しています。

牛舌金庫

引用元:https://mig-holdings-fc.com/brand/gyutankinko/

日本一予約の取れない焼肉店「クロッサムモリタ」の有名オーナーシェフ森田氏が、完全監修した牛タン専門。

プライベートブランド化により味のブレを抑え、お手頃な価格帯で提供できるように設計されたフランチャイズです。

BURGER11

引用元:https://mig-holdings-fc.com/brand/burger11/

美食家・レストランオーナーの来栖けい氏が監修し、新たに誕生させたグルメハンバーガーの専門店です。

イートインに加え、テイクアウトデリバリーにも対応できる運営方法の幅広さも特徴です。

カレー&オリエンタルバル 桃の実

引用元:https://foods-route.jp/franchise/109

「カレー&オリエンタルバル 桃の実」は、ミシュランガイド東京2021ビブグラマン掲載・食べログ4年連続掲載の人気カレー店です。

圧倒的な人気をもつカレー&オリエンタルバル 桃の実は2021年10月にフランチャイズチェーンとして全国展開されることになりました。

くれおーるフランチャイズの特徴や強み

強み

くれおーるのフランチャイズ加盟を検討する場合に理解しておきたいのは、ブランドのもつ特徴・強みです。

たこ焼きやお好み焼きは競合店も決して少なくないため、競合店との違いを意識した戦略立案が非常に大きな要素となります。

この章では、くれおーるの特徴を4点紹介します。

大阪での確かな実績

くれおーるは、大阪市内で行列のできるたこ焼き店として20年以上の実績があります。

特に、たこ焼きの本場ともいえる難波・道頓堀の店舗は、有名人や芸能人のファンも多く、120席の大型店舗であるにも関わらず、連日のように行列ができています。

人気・注目度の高さを表しているのが、そのクチコミの多さです。
くれおーるの道頓堀本店には、2021年12月時点で1,700件以上のクチコミが投稿されており、その大半が好意的な評価です。

大阪の観光ガイドや大阪を紹介するWebサイトのなかでもくれおーるはたびたび紹介されており、大阪観光の目的地の1つとしてくれおーるでたこ焼きを食べる旅行者は少なくありません。

くれおーるの看板を使用することによる集客力が期待できます。

また、人気の要因となっているのはくれおーるのこだわりの味があります。
フランチャイズとしてくれおーるの味を再現することは利用者からの高い評判を得ることにもつながります。

高収益性

くれおーるは、他社と比較をして収益性が高いという魅力があります。

既存店の実績値としては、月間売上400万円・利益64万円とのデータがありますが、具体的な金額は店舗の規模や形態によって変動するでしょう。

本店のような大型店であれば収入支出ともに大きくなり、屋台スタイルであればサイズは小規模になります。
しかし、くれおーるではどのスタイルの店舗でも高収益を目指せます。

  • 大型店
    メイン商品のたこ焼き・お好み焼きのほかに酒類の提供により、メインで提供する商品の原価を抑えて収益を図ることが可能。
  • 小型店
    物件取得費や人件費などを抑えて、低リスクの運営が可能。

また、くれおーるのブランド力を利用できることに加えて、MIGホールディングスが広告・プロモーションを展開してくれるため、集客のための予算を最小限に抑えられます。

たこ焼き店は集客が課題となることが多いため、収益の安定という観点においてもプロモーションに長けたMIGホールディングス株式会社のFCに参加するメリットは大きいでしょう。

テイクアウトに対応できる飲食スタイル

たこ焼き店は、テイクアウトのニーズにも応えられるため、コロナ禍にもマッチした飲食店スタイルです。
また、くれおーるではUber EATSを利用したデリバリーにも対応しています。

コロナ禍による店内での食事が制限される機会の多い状況下で、需要が伸びているテイクアウトとデリバリーのニーズを押さえられることは非常に大きなポイントです。

また、テイクアウトの需要について考えたときに、くれおーるのたこ焼きの味にも優位性があります。

くれおーるは開業当時から「冷めてもおいしい」たこ焼きを提供し続けているため、利用者が持ち帰りの間に少し冷めてしまったとしても満足度が下がりにくいでしょう。

たこ焼き店では、地域でいかにリピーターを獲得できるかが重要なポイントになります。

冷めたたこ焼きの満足度が低いためにリピーターを失うことが続くと、店舗の収益性や存続にも影響するため、冷めてもおいしいという点は非常に大きな武器です。

運営会社の強みを活かせる

プロモーションの強み以外にも、運営者であるMIGホールディングスにはさまざまな強みがあります。

  • 多くのディベロッパーと関係を構築しているため、全国の好条件のスポット(駅ナカ施設・大型ショッピングモールなど)に出店可能
  • 充実した研修を受けられる
    店長研修・スポット研修
  • 開業後のSVによるサポート
  • システム化された発注システムを利用可能
    発注業務の負担軽減・販売機会ロスや過剰在庫のリスクを回避

上記のことから、くれおーるはとても「面倒見のよい」フランチャイズブランドであることがわかります。

初めてのフランチャイズ契約で自信がない方や、自社の従業員にノウハウを学ばせたい法人加入希望者にとって、MIGホールディングスからFC戦略を学べるのは大きなメリットとなるでしょう。

また、複数店舗の運営を視野に入れている方にとっては、立地面でのメリットも魅力的です。

くれおーるフランチャイズの弱みはあるのか?

弱み

フランチャイズ加盟を検討する際には、強みだけではなく弱みを確認しておくことも重要です。

この章では、くれおーるの弱みとなる部分を3点解説します。

各都道府県に1法人(1人)しか契約できない

くれおーるでは、東京・大阪・愛知・北海道・福岡を除き、各都道府県に1法人(1人)しか契約できないというルールがあります。

これは、同一都道府県内での競合を防ぐために設けられているルールです。
また、複数店舗の出店を考える際にも、都道府県内で独占的に権利が認められている点が大きなアドバンテージになるでしょう。

しかし、出店したい店舗にすでに別の加盟者がいる場合には出店のチャンスがありません。

また、出店する地域でのくれおーるのブランド力・イメージを一手に引き受けるというプレッシャーもあるでしょう。

同一エリア内1法人というルールをメリットと感じるかデメリットと感じるかは受け止め方次第ですが、くれおーるの方針を理解した上で加盟を検討することが重要です。

出店エリアが大阪市内に偏っている

くれおーるは、MIGホールディングスと提携する前は大半の店舗を大阪市内で出店してきました。
東京1店舗の他は、すべて大阪市内にあります。

大阪以外での知名度はどうしても未知数であるといえるでしょう。

現状では、くれおーるの知名度は大阪市内の方や大阪観光に関心の高い方に限られているためです。

しかしながら、くれおーるはすでに大阪ファンやたこ焼きファンのなかでは有名です。
プロモーションに長けたMIGホールディングスとパートナーシップを構築したことにより、メディアへの露出は今後も増えることが予想されます。

くれおーるは、開業資金(目安としては990万円)やロイヤリティ(7%)など、支出の部分が少し重く設定されているので、費用対効果を慎重に判断するとよいでしょう。

たこ焼きならではの難しさがある

たこ焼きには、原価率の安さやロス率の低さなどのメリットがある反面、たこ焼きならではのデメリットもあります。

たこ焼き店にて利益を追求するためには、スピードとクオリティを両立させるために工夫が必要とされるという点です。

具体的にいえば、スピードを重視するために作り置きをすると、冷めたたこ焼きを利用者に提供するリスクが生じます。

反対に、熱々の状態のたこ焼きを提供するためにその都度たこ焼きを焼いていると、顧客を待たせるリスクが生じます。

実際、MIGホールディングス株式会社と提携する前のものであはりますが、既存店に対して「提供が遅い」「冷めた状態で出てきた」という両方のネガティブなクチコミがインターネット上にありました。

「冷めてもおいしい」とはいえ、やはり利用者は熱々のたこ焼き・お好み焼きを期待する利用者が大半です。

特にくれおーるは繁盛店なので、利用者全員の満足度が低下しないようにするためには、クオリティとスピードを両立させるオペレーションが必須です。

くれおーるフランチャイズユーザーの評判・クチコミ

ユーザー口コミ

 くれおーるの利用者からのクチコミを紹介します。

千葉県の利用者にも、くれおーるのブランドが認知されています。
粉やソースのおいしさだけでなく、食べやすさも評価されているようです。

くれおーるのリピーターの意見です。
大阪の店舗ならではの人情が感じられるクチコミです。

一方で、提供時間について否定的なクチコミが投稿されています。

くれおーる=大阪名物というイメージをもつ消費者が少なからず存在しています。

これらの地域のファンのニーズに応えながら、地域の新規利用者を獲得していけば集客を安定させられるのではないでしょうか。

くれおーるフランチャイズの将来性

くれおーるの将来性を見極めるうえで重要となるのは、立地の見極めです。

実は、くれおーるはこれまでにもフランチャイズ募集や直営店の出店を自社独自でおこなっています。

既存の直営店は成果をあげられることもあれば、出店をしたものの全く予想通りに集客できずすぐに撤退した場合もありました。

直営店ではすぐに撤退をすることで損失を最小限に抑えることが可能でしたが、フランチャイズの場合は1店舗ごとの成功率が非常に重要です。

そこで、重要なポイントになるのがMIGホールディングスのノウハウやディベロッパーとの関係性です。

直営店での失敗事例があることから、ブランドの知名度や商品のクオリティの高さがあっても、場所が悪ければ安定した収益は見込めません。
しかし、場所さえ悪くなければくれおーるの商品力を活かして収益性の高い店舗をつくることが十分に可能です。

つまり、MIGホールディングスのノウハウやサポート体制が十分に機能すれば、成功する可能性が高いということです。

立地の良さを図るには、人通りの多さだけではなくさまざまな要件が絡み合います。
未経験者の判断だけでは難しいことも多いため、本部からいかに有益なアドバイスを得られるか否かが大切です。

1都道府県内には原則1法人というルールがあるため、くれおーるに加盟する場合はタイミングも重要な要素です。

つまり、フランチャイズ店としての成功可否を見極めるためには、他の加盟者の動向を見てから動いた方が無難ですが、状況の見極めに時間を費やすと希望のエリアで出店できなくなる可能性が高まります。

いずれにせよ、加盟前にMIGホールディングス担当者と十分な相談・打ち合わせをすることがカギとなります。

まとめ

くれおーるは、大阪府内でとてもブランド力のあるたこ焼き店です。

しかも、大阪で連日行列のできる店舗でありながら、大阪以外の都道府県には店舗が少ない状況であるため、希少性もあります。

飲食店のプロデュースのノウハウをもつMIGホールディングスとの提携により、短期間でくれおーるのブランド価値が全国的に広がるチャンスは十分にあるでしょう。

しかし、大阪で長年の実績があるとはいっても、くれおーる加盟に関してもリスクや注意点はあります。
大切なことは、正確な情報を集めて冷静に判断することです。

くれおーるへのフランチャイズ加盟に興味のある方は、資料請求や説明会の参加によって詳しい情報をチェックしてください。

フーズルートにも掲載されています
シェアする
  • URLをコピーしました!
もくじ
閉じる