フードフランチャイズの口コミ・評判まとめサイト

【2024年2月】最新!ラーメン屋のおすすめフランチャイズランキング!

飲食系専門のフランチャイズ比較サイトFood’s Route(フーズルート)で掲載中のラーメン屋のフランチャイズ案件の、人気フランチャイズブランドランキングをご紹介いたします。また、ブランドの選び方や失敗しないコツ、儲かるのか?などについても解説しているので、飲食系のフランチャイズをラーメン屋ブランドで開業検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

もくじ

【最新】ラーメン屋の人気フランチャイズランキング

第1位  ニンニクとアブラ(株式会社 NOODLES HONDA)

ニンニクとアブラ」は、株式会社NOODLES HONDAが運営するデリバリーとテイクアウトに特化したオリジナルブランドです。自宅ではなかなかできない「ラーメン屋だからできるジャンクの極み」をテーマに、スタミナ満点の混ぜ麺、丼、ラーメンで高リピートを狙えます。さらに、すべての商品が丼容器で決まった量の食材を乗せるだけの簡単なオペレーションなので、未経験の方でも安心して調理が可能です。さらに、本部から研修や広告などのマーケティングの運用についてもサポートしてもらえるので、初めてデリバリーを始める方でも安心して運営ができます。

★加盟金&初期費用0円★

第2位 伝説の豚骨ラーメン なんでんかんでん(株式会社TGAL)

株式会社TGALが運営する「なんでんかんでん」は、本場・博多の濃厚な豚骨ラーメンを出す店として繁盛し、東京でのラーメンブームの一端を担ったとされ、人気のあるブランドです。1食単位で出汁とタレが合わさった冷凍ストレートスープの状態で納品されるため、お店では湯煎で温めるだけの簡単な調理だけで提供が可能です。自店メニューとのコラボメニューとして導入すれば、更なる売り上げアップを見込めます。

第3位 濃厚豚骨魚介つけめん 麺処 景虎(株式会社 NOODLES HONDA)

幻の濃厚豚骨魚介つけ麺を新たに進化させた超濃厚つけめん「麺処 景虎」は、デリバリーにおいて高リピート率を実現しています。さらに、すでに飲食店を経営していて、飲食店営業許可証とコンロ・IHがあれば、すぐに導入が可能です。また、デリバリー展開において、重要になるUber広告や各種マーケティングの運用、またブランドPRやメニューの最適化までを元Uber Eats社員が所属する本部がサポートを行うため、初めてデリバリーに参入する方でも安心して始めることができます。

★加盟金&初期費用0円★

第4位 からみそラーメンふくろう(株式会社パッシオーネ)

からみそラーメンふくろう」は、株式会社パッシオーネが運営する独自のスープやタレ、麺などを名古屋の地に合わせてアレンジ・工夫をして完成させたラーメンを提供するブランドです。居抜き物件を活用して営業していることから、初期費用を抑えて低投資で開業することができます。また、セントラルキッチンで事前に調理した食材を各店に配送しているので、味がブレずに安定したクオリティを実現できるのも特徴です。そのため、現場で仕込みや準備をしなくて済み、人件費や水道光熱費を大幅にカットして営業ができます。

第5位 東京豚骨拉麺ばんから(株式会社花研)

株式会社花研が運営する「東京豚骨拉麺ばんから」は、ラーメン激戦区で50年以上の実績を積んでいる実力派のラーメン店です。誰でも美味しいラーメンを作れる仕組みや独自の集客・接客方法をはじめとするノウハウを共有してもらいつつ、成功できる立地選定や優良物件の紹介を受けられるため、ラーメンに対する深い知識がなくても安心して開業することができます。さらに、ばんからは85%という驚異のリピート率を誇っているため、安定した売上を実現することが可能です。

フランチャイズ本部の選び方とランキングの評価基準

・資金面での負担が大きくなく、開業がしやすい
・開業資金が多くても、しっかりと利益を上げて回収が見込めること
・開業・運営にあたって、本部からのサポート体制が整っているか
・会社の理念に共感できるか

初めてラーメン屋をフランチャイズで開業する場合や多くの資金を用意するのが難しい場合は、必要な資金が少なく無理のない範囲で開業ができるブランドを選びましょう。また、開業資金が高いブランドを選ぶ場合は、どれくらいの利益を出せて、何ヵ月程度で初期費用を回収できるのかを確認して選ぶのがおすすめです。

また、初めてフランチャイズを開業する場合や、デリバリー事業を展開する場合は、本部からの研修やサポートなどの体制が整っているかどうかも選ぶ基準に入れておきましょう。会社によっては、開業~運営後のマーケティングやメニューの最適化など幅広くサポートをしてもらえるため、安心して運営ができます。

さらに、長期的にフランチャイズを運営していきたいと考えているなら、会社の理念に共感できるかどうかも選ぶ際にチェックしておきましょう。もし、企業理念に共感できないと、運営している間に本部との考え方の違いが発生するかもしれず、閉店する可能性があります。

ラーメン屋のフランチャイズで失敗しないコツ

・常に高品質な商品を提供できるように努力する
・お客さんに気持ちよく過ごしてもらえる接客やサービスを行う
・費用対効果を意識して利益の最大化を考える
・開業後も本部からの研修やサポートをこまめに活用する

フランチャイズで失敗しないためには、オーナー自身が常にお客さんの期待以上の高品質な商品を提供できるように努力することが大切です。いくら、本部からの研修やサポート体制が整っていてもお店の経営を行うのはオーナーなので、商品の品質が悪いと上手くはいきません。また、接客態度やサービスも悪いと、お客さんはお店・スタッフに対して嫌悪感を持ってしまい、安定した売上を作ることが難しいでしょう。

なお、高品質の商品を提供しようとしすぎて原価を意識しなかったり、人件費を気にせず多くのスタッフを稼働させてしまうと、利益が出せず赤字となってしまいます。そのため、削減できる経費はなるべく削って、少しでも多くの利益を上げる方法を考えましょう。

ラーメン屋のフランチャイズは儲かるの?

・ブランドごとに魅力が明確に差別化されているので、高いリピート率を維持しやすい
・ブランドの知名度が高いほど、安定した売上を実現できる
・原価や経費を抑えやすいため、売り上げを伸ばしやすい
・本部の研修・サポート体制が手厚く、儲かる仕組みが確立されている

結論から言うとラーメン屋のフランチャイズは儲かります。コロナ禍で店舗数・売上高ともに減少したものの回復が早く、日本フランチャイズチェーン協会(JFA)が実施した「2022年度『JFAフランチャイズチェーン統計調査』報告」によると、「ラーメン・餃子」のフランチャイズチェーン数は94、フランチャイズ店舗は約4,500店あり、2244億7400万円の売上高であることが分かっています。

また、競合となるブランドが多いものの、いずれも自社の独自性・魅力を打ち出したラーメンを提供しており、明確に差別化されているため、安定してお客さんを集められます。個人経営のラーメン屋は、いくら美味しいラーメンを作れたとしても、上手くお客さんを集められず閉店するケースが多いですが、フランチャイズの場合、開店前からブランドの実績と人気があるため、安定した集客と売り上げが見込めます。

さらに、材料を大量に仕入れることで原価を削減できることや、オペレーションが簡略化されていて労働時間も短縮できることから、原価や経費を抑えやすく売り上げを伸ばしやすいです。加えて、すでに確立されている儲かる仕組みを本部の研修・サポートを通して提供してもらえるため、初めてフランチャイズを経営する方でも売り上げを出せる業種です。

参照元:https://www.jfa-fc.or.jp/particle/29.html

ラーメン屋のフランチャイズの年収はどれくらい?

年収400万円~1000万円を目指せる

フランチャイズに加盟してラーメン屋を開業した場合、個人で開業したお店に比べて知名度が高いため、開業当初でも一定の集客と売り上げが見込めます。ブランドの多くは、月の利益が40万円から60万円程度で、中には100万円以上の利益を出すブランドもあります。そのため、月の利益が30万円程度の超有名ブランドでなくても年収400万円は目指せるでしょう。

まとめ

ラーメン屋の人気フランチャイズブランドを紹介しました。

ラーメン屋のフランチャイズは、開業前から一定のブランドの知名度があるため、開業してすぐから安定して集客ができ、売り上げも見込めます。さらに、他業種に比べて本部からの研修やサポート体制が整っているため、初めてフランチャイズ事業を始める方でも安心して運営が可能です。

なお、フランチャイズブランドによって、開業に必要な資金や契約期間、本部のサポート体制などの条件が違ってくるので、ブランドや売上だけでなく、予算などと照らし合わせて決めるようにしましょう。

企業情報や実績データ、口コミなどの様々な情報を参考に、加盟したいフランチャイズを選んでみてください。

シェアする
  • URLをコピーしました!
もくじ
閉じる