フードフランチャイズの口コミ・評判まとめサイト

【2024年2月】最新!ゴーストレストラン人気フランチャイズランキング!

飲食系専門のフランチャイズ比較サイトFood’s Route(フーズルート)で掲載中のゴーストレストランのフランチャイズ案件の、人気フランチャイズブランドランキングをご紹介いたします。飲食系のフランチャイズをゴーストレストランブランドで開業検討されている方はぜひ、参考にしてみてください。

ゴーストレストランとは、実店舗や客席を持たず、デリバリーのみで商品を顧客に提供する飲食店の業態のことです。フードデリバリー向けの商品のみを提供し、注文や配達は自社ではなく出前館やUber Eatsなどのプラットフォームを利用します。

もくじ

ゴーストレストランFCはこんな人におすすめ!

・開業準備に時間をかけず、短期間でスムーズに開業したい
・集客のノウハウやマーケティング力を駆使して売上をアップしたい
・ゴーストレストラン開業を成功させたい
・メニューにはあまりこだわらず、シンプルオペレーションの低コストで運営したい

「メニューのレシピを自分で考案したい」「自分の理想の飲食店ブランドを作りたい」という方には向いていません。フランチャイズに加盟してゴーストレストランを開業する場合、飲食店経営実績のある運営本部から開業~運営の知識を学ぶことができるので飲食未経験の方や運営中の飲食店の売上をさらに上げたいという方はフランチャイズに加盟して、ゴーストレストラン開業がおすすめです。

【総合最新】人気ゴーストレストランフランチャイズ(FC)!TOP3

第1位 バーチャルレストラン「MONSTERS」(株式会社MONSTERS)

バーチャルレストラン「MONSTERS」は、株式会社MONSTERSが運営するバーチャルレストランです。需要の多いブランドの中から、お店の立地や設備などに合わせて最適なブランドを選択できるため、安定した売り上げを目指せます。さらに、マーケティングを徹底しているため、リピート率が60~70%と非常に高く、デリバリーサービスでのグループ全体のレビュー評価は☆4.6以上なので、無理に集客をせずとも新規のユーザーを取り込むことも可能です。


第2位 元祖中津唐揚げ もり山株式会社TSGフーズ

元祖中津唐揚げ もり山」は、株式会社TSGフーズが運営する秘伝のにんにくタレと国内生産のとり肉を使った唐揚げを提供するブランドです。過去に行われた日本からあげグランプリでは、初代グランドチャンピオンに輝いた実績とTVや雑誌に取り上げられたこともあるので、知名度が高いです。また、17年間培われてきた低資金で開業しつつ、高い売り上げを出すためのノウハウも持っているので、オーナーに合った方法で運営していくことができます。


第3位 あご出しとろろ うみとやま(株式会社Globridge)

株式会社Globridgeが運営する「あご出しとろろ うみとやま」は、海鮮丼にとろろをかけた中毒性の高い料理を提供するブランドです。味に最も影響のあるタレにこだわっており、醤油会社に依頼し、海鮮に合わせた際に一番旨みを発揮するオリジナルのタレを開発をしています。また、食材数も少なく、オペレーションもシンプルなので、ゴーストレストランの既存業態に加えてプラスアルファとして最適です。


【売上高(月間)が高い】人気ゴーストレストランフランチャイズ(FC)!TOP3

第1位 とろ~り卵のオムライスハンバーグ(株式会社Globridge)

とろ~り卵のオムライスハンバーグ」は、株式会社Globridgeが運営するふわふわの卵を使ったオムライスとハンバーグを合わせたオムライスハンバーグを提供するブランドです。お子様からお年寄り、一人客からファミリー客までの幅広いお客さんを取り込めるのが特徴で、安定した売り上げを実現しやすいです。また、オペレーションは湯煎を主体としているので仕込みもほとんどなく、誰でも変わらない味を実現できます。他の洋食業態とセットで展開することで高い売り上げを見込むことも可能です。


第2位 十六穀米鶏出汁ぞうすい『ぽかめし屋』(株式会社TGAL)

ぽかめし屋」は、株式会社TGALが運営する人気の雑穀米を使用し、鶏出汁にこだわったヘルシーながらボリュームのある雑炊を提供するブランドです。原価率が25%と非常に低く、食材の縛りがなく店舗にある食材を使えるため、利益を上げやすいのが魅力です。特に、今の寒い時期にピッタリで店内の〆メニューとして導入するのがおすすめです。また、オペレーションもシンプルで鍋と電子レンジがあれば4分程度が調理ができます。


第3位 【人気の韓国鍋業態!】タッカンマリ TORIMARU(株式会社TGAL)   

株式会社TGALが運営する「タッカンマリ TORIMARU」は、肉と野菜の旨味が凝縮された濃厚な出汁に生姜やニンニクなどを加え、骨付き鶏を使った本格的なタッカンマリを提供するブランドです。原価率も30%以下で売上を伸ばしやすく、食材に縛りもないため、非常に導入がしやすいのが特徴です。特に、寒い時期にピッタリで店内の〆メニューとしての提供がおすすめなので、居酒屋業態のお店を中心に導入されています。また、簡単な仕込みはあるものの、鍋とコンロがあれば4分で調理できるのが魅力です。

★加盟金&初期費用0円★

【初期費用が安い】人気ゴーストレストランフランチャイズ(FC)!TOP3

第1位 オフピーク帯を活用できるゴーストレストラン(株式会社X Kitchen)

オフピーク帯を活用できるゴーストレストラン」は、株式会社X Kitchenが運営する韓国デザートに特化したデリバリー店です。そのため、デザートメニューを用意すれば店舗のアイドルタイムでの売り上げをアップできます。また、本部からのサポート体制が整っており、低投資・低リスク、最短で2週間以内で営業をスタートさせられるうえ、開業後も気軽に相談ができるので初めてデリバリー事業を始める方におすすめのブランドです。

★加盟金&初期費用0円★


第2位 カップDEティラミス(株式会社TGAL)   

カップDEティラミス」は、株式会社TGALが運営する定番スイーツ「ティラミス」をカップDE提供するブランドです。甘さ控えめのしっとりカステラ「しっとりDEティラミス」とざくざく食感コーンフレーク「ざくっDEティラミス」の2種類のティラミスがあり、店内のデザートメニューとして人気があります。調理時間も1.5分と短く、シンプルなオペレーションで簡単に調理ができるため、アイドルタイムなどの隙間時間を中心におすすめです。

★加盟金&初期費用0円★


第3位 『国産牛ホルモン焼きそば』-ホルそば亭-株式会社TGAL)

ホルそば亭」は、株式会社TGALが運営するコリコリとした歯触りと、脂の甘みが特徴の国産牛もつを使用した、香ばしいソースとの相性が抜群の「ホルモン焼きそば」を提供するブランドです。オペレーションもシンプルで野菜を切って、牛もつと焼きそばを炒めるだけなので、覚える手間が少なく、未経験の方でも安心して調理することができます。また、メイン食材を流用したサイドメニューも豊富に取り揃えているので、自分で好きなメニューに調整して運用が可能なのも魅力です。



まとめ

人気のゴーストレストランフランチャイズブランドランキングを紹介してきました。

ゴーストレストランは、客席を持つ一般的な飲食店に比べて、開業資金や運営資金がかからず準備も少ないため始めやすいことがメリットです。ただし、注意点などもあるのでいろいろなブランドを比較して企業情報や実績データ、口コミなど様々な情報を参考に、加盟したいフランチャイズを選んでみてください。

シェアする
  • URLをコピーしました!
もくじ
閉じる