フードフランチャイズの口コミ・評判まとめサイト

宅配焼肉弁当 大和FCのクチコミや評判|運営会社の株式会社大和フーズとは?

コロナ禍における飲食店経営は、業態やブランドの選び方で事業の難易度が大きく変わります。

感染症対策や行政の施策などにより人の流れが大きく変化し、従来は好調だった店舗が厳しい状況に立たされているケースも珍しくありません。反対にコロナ禍で成長をしている企業・ブランドもあります。

株式会社大和フーズが運営する焼き肉弁当大和は、コロナ禍のなか成長を見せているブランドの1つです。

宅配焼肉弁当 大和は、2021年に前年比の売上173%アップという実績を誇っています。

この数字は、フランチャイズ契約をスタートしようと考えている方にとって、勇気づけられるデータなのではないでしょうか?

そして、株式会社大和フーズは、宅配焼肉弁当 大和のフランチャイズ加盟店を募集しているので、フランチャイズ加盟店としてブランドに参加できえるチャンスがあります。

この記事では、焼き肉弁当大和のフランチャイズ加盟を検討中の方に、以下の情報をご紹介します。

  • 宅配焼肉弁当 大和 の概要
  • 宅配焼肉弁当 大和 の特徴・メリット
  • 宅配焼肉弁当 大和 の将来性
もくじ

宅配焼肉弁当 大和の基本情報

引用元:https://www.atpress.ne.jp/news/267820
スクロールできます
店舗名宅配焼肉弁当 大和
運営会社株式会社大和フーズ
店舗数2店舗
※直営1店舗・FC1店舗
設立2013年2月1日
資本金1,000万円
従業員数120名 2021年5月現在(正社員25名・パート95名)
本社〒294-0045 千葉県館山市北条1632

 株式会社ヤマトフーズの概要をご紹介します。

株式会社大和フーズとは?

株式会社ヤマトフーズは、「お肉で幸せを作る」というスローガンを掲げ、牛肉の卸しから提供までの流れを一貫対応している事業者です。

焼肉店・焼肉BAR・焼肉弁当などの5ブランド・10店舗を展開しています。

株式会社大和フーズは、牛肉を一頭買いして自社工場で安全に加工する技術を有しているため、高品質な牛肉をリーズナブルな価格で提供可能です。

現在は、本社のある千葉県を中心に評判が高まっており、事業の規模も拡大しています。

そして、大和フーズはよりいっそう事業規模を拡大するために、フランチャイズ加盟店を募集中です。

株式会社大和フーズは2013年創業と若い企業ではありますが、事業規模の拡大を目指して活気づいている企業です。

宅配焼肉弁当 大和フランチャイズの特徴や強み

強み

宅配焼肉弁当 大和は、上述のとおりコロナ禍でも大きく成長しているブランドです。

多くの企業が苦戦を強いられている中成長することができているのは、いくつかの要因が考えられます。

また、フランチャイズ加盟店にとっては、ブランドの収益や成長によるメリットを受けられるかという点も重要です。

この章では、宅配焼肉弁当 大和のメリット・強みをご紹介します。

お肉の品質が高い

牛肉をメインとする料理の場合は、食材の品質と料理のクオリティーがほぼ比例します。

例えば、鶏肉のからあげの場合は仕入れ値の安い鶏肉を使用しておいしいから揚げを提供することは可能ですが、牛肉の場合は調理方法や味付けによってお肉の品質をカバーするのは困難です。

顧客から支持されるために大切なことは、価格以上の価値の牛肉を仕入れることです。

株式会社大和フーズでは、以下の取り組み・対策により高品質なお肉を市場価格よりも安く仕入れられています。

  • 食肉仕入業者として、良質なお肉を見極める力
    あえてブランド名にはこだわらず、産地を直接見学して、本当においしいお肉を選び抜いています。
  • 一頭買い
    株式会社大和フーズでは、5つのブランドを展開しているため、牛肉を一頭まとめて仕入れられます。
    その結果、カルビやロースなどの主要部分しかオーダーしない競合店よりも割安で牛肉を仕入れられます。
  • 一貫体制
    株式会社大和フーズでは、仕入れ・加工・輸送のすべてを自社で対応し牛肉の品質劣化をさせない体制を整えています。

    HACCAPを導入した自社工場で精肉カットをおこなって店舗に配送することで、安全かつ低コストで食肉加工をおこなっています。

上記の体制により、安全なおいしい牛肉を安定的に供給できる体制を整えています。

負担の少ないオペレーションと充実した研修

宅配焼肉弁当 大和に加盟すると、約2~3週間の研修を受けられます。
2~3週間の研修で牛肉弁当の提供に必要な以下の技術・ノウハウを効率的に習得可能です。

  • 焼肉弁当の製造技術
  • 配送に関するノウハウ
  • 販売促進に関するノウハウ

また、焼肉弁当の技術に関してはセントラルキッチンで加工済みの半製品が納入される仕組みを整えているため、店舗側の負担は最小限です。

セントラルキッチンで加工の工程が完了している点は、食中毒や感染症リスク対策にもメリットがあります。

オペレーション負担の観点では、完全受注生産体制を取っており、ロスが生じにくいことも大きなメリットです。

さらに、企業弁当の場合は同じか所にまとまった量を配送することが可能なため、配送の効率がよいというメリットもあります。

上記のように、集客・製造・配送のすべての工程で本部のサポートが受けられるため、加盟店は製造に集中できる体制が整っています。

また、オペレーションやノウハウについて疑問・不安があるときには、個別の問い合わせや説明会にて詳しい説明を受けることも可能です。

低価格での参入が可能

焼肉専門店は、一般的に初期費用が高額になりやすいビジネスです。
なぜなら、テーブル1台ごとに無煙ロースターや七厘フードなどの調理機器を設置したり、吸排気のためのダクト工事が必要になったりするためです。

一般的に、焼肉専門店を新規オープンする場合は、一般的に3,000~5,000万円程度の費用がかかります。
居抜き物件でも1,500万円以上の初期費用を用意しておかなくてはなりません。

しかし、宅配焼肉弁当 大和の場合はテイクアウト・デリバリー専門であるため、一般的な飲食店の調理室設備でも十分に対応可能です。
さらに、最小限のスペースで対応可能であるため、フランチャイズの焼肉点としては最安レベルの資金で加盟できます。

別の業態の飲食店がメニューの追加やデリバリー・テイクアウトメニュー対策として宅配焼肉弁当 大和に加盟するといった活用法もあります。

この場合、既存の調理設備をそのまま利用できるため非常にスピーディーにフランチャイズ事業をスタートすることが可能です。

契約を締結し、2~3週間の研修を受講すれば、すぐにでも加盟店としてフランチャイズ加盟店として営業できます。

宅配焼肉弁当 大和フランチャイズの弱みはあるのか?

弱み

コロナ禍においても急速に成長している企業は、それほど多くありません。

飲食店を開業したいと考えている方は、すぐにでも開業したいと考えられるかもしれません。

しかし、魅力的に見える事業のなかにも必ずリスクやデメリットはあります。

リスクやデメリットを把握しないままフランチャイズ契約をするのは、大きなトラブルにもつながります。

この章では、宅配焼肉弁当 大和のフランチャイズ契約のデメリットを解説します。

対応エリアが制限される可能性がある

宅配焼肉弁当 大和は、対応エリアが制限される可能性があります。
本部の株式会社大和フーズが千葉県を中心に関東で展開している企業だからです。

今後、事業規模の拡大に伴いエリアが拡張する可能性は十分にありますが、2021年時点では既存の10店舗がFC店も含めてすべて関東圏内にあります。

宅配焼肉弁当 大和の場合は配送の仕組みを利用したサービスなので、遠方でも対応不可ではないかもしれませんが、本部の考え方や営業戦略に左右されるため、ご希望のエリアで出店できるかいなかの確認をとりましょう。

あくまでも過去の例ではありますが、2020年にフランチャイズ加盟店募集が実施された際には、1都3県(千葉・埼玉・神奈川)で募集されていました。

宅配焼肉弁当 大和のメリットの一つが千葉県内での集客力の高さです。

千葉県でのお弁当サイトのランキングで1位に輝いた実績があり、積極的に販促・営業活動をおこなわなくても一定数の注文がインターネットから入る状態ができあがっていますが、エリアが離れると集客・広告面でのメリットは弱まる可能性があります。

したがって、エリアに関してはそもそも加盟ができるかいなかを確認したうえで、営業面に関しての対策についても考えましょう。

配送用の人員・車両が必要

宅配焼肉弁当 大和のフランチャイズ加盟店は、自前での配送を前提としています。

Uber EATSなどの外部の配送サービスを利用すると手数料がかかり、利益の確保ができなくなります。

絶対に用意しなくてはならないのは、以下の項目です。

  • 人員
  • 車両
  • 駐車場

このなかで特にハードルが高いのは、配送用の人員ではないでしょうか?
もちろん、オーナー様がご自身で配送するという選択肢もありますが、スタッフを雇用する場合には以下のリスクが考えられます。

  • 配送時間が毎日短時間に集中するため、時給制のパート・アルバイトの場合は給料が増えにくい仕事である
  • 大量のお弁当を運ばなくてはならないため、力仕事が要求される
  • 直接顧客と対面する仕事であるため、接客スキルが要求される

これらの要因からスタッフの確保が難しい状況が考えられます。

また、配送時間の遅れや商品の渡し間違いなどは、大きなトラブルになります。
特に顧客が企業の場合は、責任問題に発展する可能性もあります。

上記をふまえて、信頼して任せられる配送スタッフを用意できるか否かが大きなポイントになります。

宅配焼肉弁当 大和フランチャイズユーザーの評判・クチコミ

ユーザー口コミ

一般的に、よい商品でも必ず市場に評価されるとはかぎりません。
商品力がきちんと顧客に伝わっているか否かを確認するためには、消費者の反応を確認する必要があります。

この章では、宅配焼肉弁当 大和に対するインターネット上のクチコミ・評判をご紹介します。

宅配焼肉弁当 大和は、一般企業向けと個人向けに牛肉をメインとしたお弁当を販売しています。
コストパフォーマンスの良さから、個人客からも高く評価されています。

宅配焼肉弁当 大和の評判の品質の高さは、一貫して仕入れをしている系列店の評判からもうかがい知れます。

企業向けの宅配弁当が中心であることや、お弁当事業のフランチャイズ展開をスタートしてからの期間が短いこともあり、クチコミは多くありませんでした。

それでも、系列店の評判などを参考にするかぎり、品質やコストパフォーマンスの高さはかなり高く評価されていることがわかります。

宅配焼肉弁当 大和フランチャイズの将来性

宅配焼肉弁当 大和は、現在とても高く評価されている事業です。

今後も、この好調は持続するでしょうか?
そして、宅配焼肉弁当 大和にフランチャイズ加盟した場合、将来的に利益を上げ続けられる可能性が高いでしょうか?

ポジティブな視点としては、コストパフォーマンスのよい焼肉弁当は、環境や状況が変化しても常に需要はあると考えられます。

商品のラインナップとしては1,000円弱から1,500円程度のお弁当が多いため、個人客用のお弁当としては高価格帯に分類されます。

しかし、焼肉専門店としての評価や提供されている商品の品質から判断するかぎり、コストパフォーマンスはすぐれています。

ネガティブな視点としては、企業向け弁当の今後の需要動向です。

企業が宅配焼肉弁当 大和のお弁当をオーダーするシチュエーションとして考えられるのは、会議や集合研修の場面です。

しかし、テレワークやWeb会議が普及して多くの人数が集まる会議や研修が制限されるようになると、会議用弁当のニーズは高まりにくいと考えられるためです。

エリアの限定やすでに別業態で飲食店をスタートしていることという条件があったことを差し引いても、2020年の募集時にフランチャイズ店が1店舗しか加盟していない事実も、なにか参入の難しさがあるのかもしれません。

グループ全体としては、焼肉業界全体が好調であることもあり、今後も成長する見込みが高いですが、加盟店の立場では一緒に成長できるかどうかを慎重に判断する必要があります。

そのためには、説明会や個別相談で十分な情報を収集することが大切です。

まとめ

宅配焼肉弁当 大和は、仕入れから販売までを一貫して販売している株式会社大和フーズが展開する宅配弁当ブランドです。

コストパフォーマンスの高さやコロナ禍の影響を受けにくいビジネスもであるであることから、千葉県内で高評価を集めています。

現在、着実に規模拡大に向けて展開しておりフランチャイズ募集されているので、条件にマッチする方はぜ加盟検討のための資料を収集してください。

フランチャイズ説明会や個別の問い合わせをすれば、加盟金・ロイヤリティ・そのほかの条件などの具体的な条件を確認できます。

シェアする
  • URLをコピーしました!
もくじ
閉じる