フードフランチャイズの口コミ・評判まとめサイト

サラダボウル専門店 GRIT TODAY FCのクチコミや評判|運営会社の株式会社グッドフードデザインとは?

社グッドフードデザインとは?

「サラダボウル専門店GRIT TODAY」は、既存の飲食店を対象とした飲食店フランチャイズです。
屋号の名称のとおり、サラダボウルのメニューを提供するブランドです。

一般的なフランチャイズ飲食店と異なり、既存メニューにアドオンする形でサラダのメニューを追加できます。
デリバリーやテイクアウトを前提とした、コロナ後のニューノーマルにマッチした業態である点が特徴的なブランドです。

新型コロナウイルスの影響により、売上や集客の面で大きな影響を受けている飲食店の方は、「 GRIT TODAY」への加盟が売上回復への大きな転機となるかもしれません。

この記事では、 「サラダボウル専門店  GRIT TODAY」の以下の情報を解説します。

  •  「サラダボウル専門店  GRIT TODAY」の概要・特徴
  • 「サラダボウル専門店  GRIT TODAY」の強み
  • 「サラダボウル専門店  GRIT TODAY」の評判・口コミ
もくじ

サラダボウル専門店 GRIT TODAYの基本情報

引用元:https://grittoday.com/
店舗名サラダボウル専門店GRIT TODAY
運営会社株式会社グッドフードデザイン
創業2020年8月
設立2021年4月
本社〒150-0001東京都渋谷区神宮前6-23-4 桑野ビル2F

「サラダボウル専門店 GRIT TODAY」を運営している株式会社グッドフードデザインについて解説します。

 株式会社グッドフードデザインとは?

株式会社グッドフードデザインとは、ブランドシェアリングを専門とする飲食プロデュース企業です。

ブランドシェアリングとは、UberEatsや出前館などのデリバリープラットフォームにてパッケージ化された複数のブランドを提供するサービス業態を指します。

特に近年ではデリバリーのプラットフォームが整備されたことや巣ごもり需要などにより巣ごもり需要が拡大したことから、ブランドシェアリングについても注目が高まっています。

ブランドシェアリングの代表例は、よく話題に上っているゴーストレストランやクラウドキッチンです。

株式会社グッドフードデザインは、2021年にできたばかりの新しい企業です。上記のトレンドを敏感に捉えた企業であるといえるでしょう。
株式会社グッドフードデザインは、「サラダボウル専門店 GRIT TODAY」のほかにタレをつけて食べるタイプのからあげ専門ブランドも展開しています。

CHICK AND KING

「CHICK AND KING」は、ソースをつけて食べるタイプのからあげ専門ブランドです。
テイクアウトやデリバリーを主としたからあげ専門ブランドがひしめく中で、オープン以来多くのファンを獲得しています。

ボリューム感がある一方で一つひとつのからあげが一口大にカットされており、ニンニク不使用だったりするため、性別やシチュエーションに関係なく利用可能なブランドです。

サラダボウル専門店 GRIT TODAYフランチャイズの特徴や強み

強み

「サラダボウル専門店GRIT TODAY」には、独自のメリットや強みがあります。

どんなに加盟金の安いフランチャイズブランドであっても、競合がひしめく飲食フランチャイズチェーンに加盟する際には、特徴・強みを理解した上でご自身に合ったブランドに加盟することが重要です。

この章では、「サラダボウル専門店GRIT TODAY」の特徴や強みをご紹介します。

トレンドにマッチしたブランドを展開している

「サラダボウル専門店GRIT TODAY」のメニューやブランド展開のスタイルは、トレンドにマッチしたものです。

健康志向が高まる現代において、さまざまな種類のサラダをメニュー構成としている点は大きなアドバンテージです。
さらに、通常メニューに追加してメニューを展開できるため、ボリュームを重視する方に対しては、ご飯ものやお肉料理などと合わせて提供することも可能です。

そして、フランチャイズの加盟方法もとてもトレンドに沿ったものです。
特に際立つのがブランドシェアリングという考え方です。

ブランドシェアリングでは、一つのブランドではなく既存のブランドを組み合わせてパッケージにした店舗展開方法です

「サラダボウル専門店GRIT TODAY」の場合は、加盟店の既存の店舗とからあげの専門店である「CHICK AND KING」のブランドを展開できます。

今後「サラダボウル専門店GRIT TODAY」のブランド価値が高まるにつれ、ブランドシェアリングの価値はますます高まるでしょう。

出店費用がかからない

「サラダボウル専門店 GRIT TODAY」では、フランチャイズ加盟時のイニシャルコストがほとんどかかりません。

従来のフランチャイズチェーンは、契約加盟者が店舗の内外装やメニューなどをすべて加盟するブランドに統一する必要がありましたが、「サラダボウル専門店GRIT TODAY」のようなブランドシェアング型のフランチャイズでは既存の店舗に追加するのみでメニューを追加できます。

工事や設備の導入などは一切不要です。

「サラダボウル専門店GRIT TODAY」は加盟費用10万円にてフランチャイズ展開を行っていましたが、2022年現在、キャンペーンにつき加盟料金も0円に設定されています。

つまり、初期費用を全くかけることなく人気フランチャイズに加盟することが可能ということです。

ブランド力が強い

「サラダボウル専門店 GRIT TODAY」は、ブランド力の強さも魅力の一つです。

ブランド名を耳にしたことのない方は、知名度の高さやブランドの歴史の浅さを気にされるかもしれません。
しかし、「サラダボウル専門店 GRIT TODAY」のブランド力の強さを照明するデータが複数あります。

  • サラダ専門店の恵比寿エリアにて人気店として認知されている
  • 高いリピート率(65%)
  • 年間2万食・月商3,000万円以上の販売実績

「サラダボウル専門店 GRIT TODAY」の加盟店としてフランチャイズ加盟をすると、こうした強いブランド力を持つメニューを店舗で取り扱いできるようになります。

そして、「サラダボウル専門店 GRIT TODAY」ならではのブランド力に関連する特徴の一つが、SNSとの親和性の高さです。「サラダボウル専門店 GRIT TODAY」の商品は彩り鮮やかであるため、購入者の多くがWeb上に写真を公開しています。

こうして店舗側や運営側が費用を費やすことなく集客につながる広告施策を展開できます。

SNSでの強みは店舗数や販売数が多くなればなるほど力を発揮するため、今後店舗数の拡大とともにさらに魅力を高めていくでしょう。

サラダボウル専門店 GRIT TODAYフランチャイズの弱みはあるのか?

弱み

「サラダボウル専門店 GRIT TODAY」にはデメリットとなりうる点もあります。

ブランドシェアリングは1から店舗を作るケースと比較をするとリスクは少ないものの、それでもリスクケアは非常に重要です。

この章では、「サラダボウル専門店 GRIT TODAY」の3つの弱みをご紹介します。

ブランドのラインナップが少ない

多くのゴーストレストランやブランドシェアリングでは、多くのブランドを同時に扱えます。
なかには、洋食・和食・中華料理とさまざまなジャンルの専門店を一社で扱っている業者もあります。

その一方で、「サラダボウル専門店GRIT TODAY」が現在取り扱っているブランド数は2ブランドのみです。

それぞれのブランド力が高い面はあるものの、複数のブランドを幅広く扱いたい方にとってはデメリットに感じられるでしょう。

既存メニューとの相性・関連を意識する必要がある

「サラダボウル専門店GRIT TODAY」は、既存店の売上アップや救済を目的としたフランチャイズブランドです。

月商3,000万円の売上実績はありますが、あくまでも既存の店舗の売上の上積みをメインの目的としたブランドです。

だからこそ既存メニューとの相乗効果が期待できるか否かを冷静に判断する必要があります。

「サラダボウル専門店GRIT TODAY」は、メニューのラインナップは広いものの、サラダを主としたメニュー構成となっているため、ボリューム重視の方や肉類などのメニューをがっつり食べたい方にとっては物足りなく思われるかもしれません。

「CHICK AND KING」と併せて加盟をされるケースであったとしても、メニュー構成のバリエーションという点で課題が残るケースが想定されます。

  • 健康志向を打ち出そうとしていたものの中心となるメニューがない
  • ボリュームのあるメニューはあるもののサラダメニューが充実していない
  • 女性に人気のメニューがない

上記のようなケースに該当する飲食店が、「サラダボウル専門店GRIT TODAY」との親和性が高い飲食店であるといえます。

自社開発メニューの売上が下がる可能性がある

「サラダボウル専門店GRIT TODAY」を導入することにより、元々自社で開発していたメニューの販売数が減少する可能性があります。

特に、サラダメニューに関しては直接的な影響を受ける可能性が小さくありません。

自社メニューの販売数が少なくても代わりに「サラダボウル専門店GRIT TODAY」のメニューが売れていれば利益を得ることは可能ですが、自社メニューよりも利益率が減少する可能性があります。

また、長期的な視点で見たときにサラダメニューの開発や工夫などの意欲が削がれ、自社メニューのレベルアップが図れなくなることも考えられます。

サラダボウル専門店 GRIT TODAYフランチャイズユーザーの評判・クチコミ

ユーザー口コミ

「サラダボウル専門店GRIT TODAY」の一般消費者による口コミを確認しておきましょう。

特に、「サラダボウル専門店GRIT TODAY」のようなトレンドにマッチした商品は、SNSやインターネットでの顧客の最新の反応をチェックすることが重要です。

「サラダボウル専門店GRIT TODAY」の味の良さについて高く評価する口コミが多く見られます。

サラダ専門店は、見映えを重視するあまり、野菜のフレッシュさや野菜本来のおいしさが軽視されることもありますが、「サラダボウル専門店GRIT TODAY」は見た目と味の両方が高く評価されています。

ボリューム面についても「満足」との評価が少なくありません。
ターゲットを女性に絞ったり、既存メニューと組み合わせたりするなどにより、さらに満足度を高められるでしょう。

「サラダボウル専門店GRIT TODAY」の中でも、特に「パルクポップ」というメニューの人気が高いようです。
看板メニューの存在はブランド力においても非常に大きな意味をもちます。

サラダボウル専門店 GRIT TODAYフランチャイズの将来性

「サラダボウル専門店GRIT TODAY」の現状については、ハイリスク・ハイリターンの状態であるといえます。

その最大の理由は、運営会社である株式会社グッドフードデザインや「サラダボウル専門店GRIT TODAY」の歴史が浅いことが挙げられます。
新規フランチャイズのブランドは、たとえ大手事業者が展開する場合であっても失敗する可能性があります。

「サラダボウル専門店GRIT TODAY」では、既存店の成功事例があるとはいえ、立地条件や競合などさまざまな条件が異なっても成功するとの保証はありません。
また、野菜については、安全性や仕入れの安定性などが問題になることもあるでしょう。

一方で、初期段階だからこそ得られるメリットもあります。

まず、加盟金10万円が最初の20店はキャンペーン価格で無料となっています。
また、サラダ専門店を他の業者がスタートする前に先駆けて営業することで、地域でのブランド力を高められるケースもあるでしょう。

特に、近年は健康寿命を延ばすという観点から、野菜の摂取が推奨されています。
また、多くの事業者や飲食店の努力により、サラダはサイドメニューとしてだけではなく時にはメインのメニューとしても用いられるようになりました。

高齢社会の日本において、年齢に関係なく食べられるサラダは、大きなマーケットを相手に営業できる可能性もあります。

「サラダボウル専門店GRIT TODAY」へのフランチャイズ加盟を検討する場合には、リスクを認識したうえで、いかに既存ブランドとの相乗効果を図っていくかが重要です。

まとめ

「サラダボウル専門店GRIT TODAY」は、サラダを専門に取り扱うブランドシェアリング型のフランチャイズチェーンです。2021年にスタートしたばかりの若いブランドではあるものの、トレンドの最先端のブランドです。

また、トレンドを追いかけているだけではなく、味についても一般ユーザーから高い評価を得ています。

「サラダボウル専門店GRIT TODAY」は、既存の店舗との相乗効果が大きなカギです。
特に、健康志向のメニューやテイクアウト・デリバリーのメニューに課題を感じている飲食店オーナー様は、売上底上げのために「サラダボウル専門店GRIT TODAY」への加入を検討されてみてはいかがでしょうか?

キャンペーンの状況によっては、加盟金免除のキャンペーンを受けられる可能性もあるため、気になる方は早めのご検討がおすすめです。

シェアする
  • URLをコピーしました!
もくじ
閉じる