フードフランチャイズの口コミ・評判まとめサイト

X Kitchen ゴーストレストランFCのクチコミや評判|運営会社の株式会社X Kitchenとは?

X Kitchen ゴーストレストランFCは、20万円からの初期費用ではじめられるフランチャイズFCです。

「ゴーストレストラン」とのブランド名のとおり、既存の飲食店向けが手軽かつスピーディーにスタートできるゴーストレストランの業態です。

また、スタートの手軽さと並行して「長く続けられるFC」であることも目指しています。そのポイントは、継続的に利益を上げられる業態であること。

この記事では、X Kitchen ゴーストレストランFCに関する以下の情報を解説します。

  • X Kitchen ゴーストレストランFCの概要
  • X Kitchen ゴーストレストランFCの強み・弱み
  • X Kitchen ゴーストレストランFCの口コミ
フーズルートにも掲載されています

飲食に特化した独立・開業メディア
Food's Route(フーズルート)掲載中

人気フランチャイズランキング

順位会社名/ブランド名リンク特徴

株式会社ミールソリューション

Aloha Poke Tokyo

Uber Eats平均評価4.7の実績!
各メディアでも話題のバーチャルレストランFC!低投資・低リスク・高収益化を実現!最短2週間で開始可能☆

株式会社結

+VR(プラスブイアール)

実績のあるノウハウによってデリバリーでしっかり収益・売上アップが目指せる!

株式会社バーチャルレストラン

デリバリープラン

【ブランド利用無制限】「50種類以上」のブランド導入し放題!原価率25%以下・カンタン調理!高収益バーチャルレストラン

株式会社X Kitchen

梨泰院スープ

空き時間を利用して売上アップ!人気の韓国ワッフルのデリバリー専門店.※UberEatsのエリア内で既存店舗(営業許可)をお持ちの方が導入可能

株式会社グッドフードデザイン

サラダボウル専門店 GRIT TODAY 

【年商3,000万円】【リピート率65%以上】テイクアウト・デリバリー専門のブランドシェアリング型FC
年間2万食も売れている人気のサラダボウル専門店!
もくじ

X Kitchen ゴーストレストランの基本情報

引用元:https://xkitchenfc.com/go_01.html?gclid=CjwKCAjwjZmTBhB4EiwAynRmD-Yl3byNVqFMqssb1ipbhLuvipewYi6NddiXpiaNsXS5jPkOwAs2vxoCA2IQAvD_BwE
店舗名X Kitchen ゴーストレストランFC
運営会社株式会社X Kitchen
創業2019年4月
本社〒154-0001東京都世田谷区池尻2-20-9 1F

X Kitchen ゴーストレストランFCを運営している株式会社X Kitchenの概要を解説します。

 株式会社X Kitchenとは?

株式会社X Kitchenは、2019年4月創業の食品フランチャイズ事業社です。

「新たな食文化をITの力で想像する」とのコピーを掲げています。低コストで既存の飲食店や独立するシェフをサポートする事業を展開しています。

展開中のブランドは、以下のとおりです。
共通する傾向としてあげられるのは、アジア各国の特徴的でメディアでも人気のメニューを提供するブランドであるということです。

「最強のカオマンガイ」と「ThreeStar海南鶏飯」

「最強のカオマンガイ」と「ThreeStar海南鶏飯」は、鶏肉をメインの食材とするアジアンフードを提供するデリバリー専門ブランドです。

両者は異なるブランド・メニューではあるものの、共通する食材が多く調理方法も似ているため、効率のよいオペレーションを実現できます。

エスニック料理・ヘルシー志向の人気の高まりを受けて、市場においてとても高い点が魅力です。
40%という高いリピート率を誇っているため、早期の収益化も期待できます。

「台湾ルーロー飯 魯肉飯店」と「FreshPokeWorks」

「台湾ルーロー飯 魯肉飯店」と「FreshPokeWorks」は、ともにお米をメインとする料理を提供するブランドです。

それぞれ台湾料理とハワイ料理ではありますが、オペレーションが簡略化されているため、同時加盟することによる相乗効果が非常に大きいという特徴があります。

ご飯メニューということもあり、20~30代に人気のブランドです。
デリバリー市場の中心層をメインターゲットとしていることから、高収益が期待できます。

【韓国】ストックスペース

「韓国ストックスペース」は、ポップカルチャーから人気が高まっている韓国料理を提供するブランドです。

レンジで温めるだけで提供できるメニューとなっていることから、既存の業態や調理技術に関わらず、品質を安定させることができます。

特に流行に敏感な顧客から支持されるブランドです。

弘大505ワッフル

「弘大505ワッフル」は、韓国ワッフルを提供するブランドです。

韓国ワッフルは、人の顔ほどのサイズによるボリューム感や一般的なワッフルとは異なるパリッとした食感に特徴があります。

近年では、アジアのスイーツが次々とブームになっています。韓国ワッフルもまた、流行に敏感な女性に支持されている商品です。

X Kitchen ゴーストレストランフランチャイズの特徴や強み

強み

X Kitchen ゴーストレストランフランチャイズに加盟を検討するにあたって、まず強みを押さえておくことが重要です。

この章では、X Kitchen ゴーストレストランフランチャイズに加盟することのメリットを解説します。

ITによるデータ分析

株式会社X Kitchenは、創業時からデリバリー専門で飲食店をサポートすることを目標としています。

市場のニーズ分析やオペレーションなどにデータが落とし込まれており、科学的に飲食店の「集客がうまくいかない」「オペレーションがうまくまわらない」といった悩みや課題を解決できます。

どうしても感覚に頼りがちな飲食店運営ですが、明確な基準を導入することができます。

明確なターゲット設定

株式会社X Kitchenの運営するブランドは、それぞれ明確に年代や性別などのターゲットを設定しています。
したがって、地域の特性にあわせてニーズの高いブランドを選定できます。

また、株式会社X Kitchenでは、1日あたりの平均販売数やリピート率などもデータ化されていることが特徴です。

詳細なデータを確認してから導入するか否かを検討したり、導入後の売上が見込みどおりに推移しているのかを分析したりできます。

既存の事業の活用

株式会社X Kitchenが提供しているブランドは、既存事業をうまく活用することも可能です。

例えば、「お米を使ったメニュー」「流行のデザート」など、自店で使用している食材を活かしたり、課題のあるメニューを導入したりといったことも可能です。

各ブランドの加盟料金は、15万円~といったリーズナブルな料金であるため、一般的な一般的なメニュー開発よりも安く商品を導入できます。

また、株式会社X Kitchenのメニューはロス率を低く抑えられるという点も加盟店オーナーにとっては魅力です。

スピーディーな展開が可能

株式会社X Kitcheのフランチャイズ展開は、加盟後最短2週間で商品提供の開始が可能です。

また、商品影響開始と同時に以下のサポートも利用できるようになります。

  • ソフトウェア活用による月次レポート
  • 本部によるマーケティング・店舗運営サポート

また、オープン前におこなわれるオンラインでの研修も初期費用に含まれています。

飲食店の売上拡大や赤字運営からの脱却を図るにはスピード感も非常に重要です。
だからこそ、最短2週間で起動に乗せられることが大きな意味をもちます。

X Kitchen ゴーストレストランフランチャイズの弱みはあるのか?

弱み

X Kitchen ゴーストレストランFCへの加盟を検討する際には、強みだけではなく弱みを理解することも重要です。

こうした環境下で自店の売上を伸ばしていくために弱みを把握しておきましょう。

競合店が急増中

X Kitchen ゴーストレストランFCに加盟を検討する際に理解しておきたいのは、競合店の状況です。

Uber Eatsをはじめとしたデリバリープラットフォームの市場拡大や2020年のコロナ禍をきっかけとする巣ごもり需要の拡大などを背景に、ゴーストレストランの競合が多数出現しています。
また、多くの飲食店やテイクアウトやデリバリーにメニューを導入しています。

したがって、出店するエリアによっては地域での優位性を発揮しづらいでしょう。
あるいは、出店時には目立った競合店が存在しないケースであっても、後発の競合店が登場する可能性もあります。

競合店の増加が見込まれるなかで重要なことは、メニューの品質です。

食品のデリバリーは既存の飲食店にとって参入障壁が低いだけに、競合店の存在に関係なくリピートされる品質であることが重要です。

実際に味を確かめてから導入を検討するなど、マーケティング面だけではなく商品の品質を確かめた上での導入検討が成否のカギになるでしょう。

本部の実績・実力が不透明

株式会社X Kitchenは、2019年創業の企業です。

社名や展開するブランドが有名なわけではありません。
また、全国的に目立つ実績があるわけではなく、ブランド名だけで集客できるということもないでしょう。

重要となるのはメニューの質と本部のマーケティング力です。

前述のように、デリバリー市場は競合が多数登場している状況でもあるため、本部の力によって命運が分かれる状況が想定されます。
株式会社X Kitchenのように創業してからの年月が浅い企業の実力を図るのは簡単な事ではありません。

加盟を検討される方の場合は、説明会での説明内容や担当者の対応などから判断するとよいでしょう。
また、疑問に感じることについては小さなことであってもきちんと質問をして、疑問が残らないようにしましょう。

X Kitchen ゴーストレストランフランチャイズユーザーの評判・クチコミ

ユーザー口コミ

X Kitchen ゴーストレストランFCは、ゴーストレストランということもあり、インターネット上での口コミはそれほど多く見られません。

しかし、少数ではありますが、X Kitchen ゴーストレストランFCやフードデリバリーに関する口コミも投稿されています。

2022年現在、X Kitchen ゴーストレストランFCを代表するブランドは「最強のカオマンガイ」です。

タイ料理ということで、エスニック料理が好きな層から注目されやすいという面も人気を後押ししているかもしれません。

「本場タイの有名店よりもおいしい」との評判を見れば、エスニック料理を好む方以外の方も一度試してみたいという気持ちが高まるのではないでしょうか。

日本は海外諸国に比べてフードデリバリーが浸透していないとされていますが、特に20代~40代の層においては日常的にUberEatsを利用する方が増えています。

特にお米を使ったメニューは、空腹を手軽に満たせるという点でもニーズが高いです。

X Kitchen ゴーストレストランフランチャイズの将来性

X Kitchen ゴーストレストランフランチャイズの将来性を図るのは簡単なことではありません。
フードデリバリーの市場がどのように推移するのかがそもそも不透明だからです。

試算によれば、日本は海外諸国に比べてフードデリバリーの市場が小さいため、成長の余地が十分に残されているといわれています。
また、Uber Eatsなどのプラットフォームが拡張している反面、フードデリバリー市場で業界を代表するようなブランドやヒット商品がなかなか生まれていないのも事実です。

そのなかで、X Kitchen ゴーストレストランフランチャイズの強みは、マーケティング力にあります。特に、日本国内ではまだ一般的とはいえない韓国ワッフルに目を向けるなど、流行を先取りする力と、トレンドメニューを簡単調理に落とし込む力に長けているといえるでしょう。

今後X Kitchen ゴーストレストランフランチャイズのブランドが成長するか否かを判断するうえで重要なポイントは、継続的に流行を敏感にキャッチできるか否かです。
また、トレンドメニューをいかに利用者の満足度の高い商品に落とし込めるか否かも重要です。

例えば、メニューの発送は悪くなくても電子レンジを使用することで味が落ちてしまったり、他店と差別化できなかったりする場合、ブランドとしての成長は困難でしょう。

加盟店側としてはリスクの大きなフランチャイズブランドではないものの、流行にうまく乗れなければ加盟金を支払ってデリバリーの体制を整えることに見合った見返りが得られない可能性があります。

まとめ

X Kitchen ゴーストレストランフランチャイズは、複数のブランドを持つゴーストレストラン本部です。

低価格帯での加盟が可能であり、スピーディーに運用開始できるため、現状の売上に課題を感じている飲食店においては現状打破するための起爆剤にできる可能性があります。

「エスニック」「健康志向」といったトレンドもしっかりと押さえているため、流行を押さえつつ、店舗の人材や調理設備などを効果的に活用したい方におすすめです。

ゴーストレストラン業態は、競争が少しずつ激化している分野でもあるため、リスクを不安に感じる方は説明会などでしっかりと説明を受けることも重要です。

説明会や資料請求は無料で依頼できるので、まずは気軽にお問い合わせをされてみてはいかがでしょうか?

シェアする
  • URLをコピーしました!
もくじ
閉じる