フードフランチャイズの口コミ・評判まとめサイト

NY屋台メシ専門店 MR.チキンオーバーライスFCのクチコミや評判|運営会社の合同会社テングッドとは?

NY屋台メシ専門店 MR.チキンオーバーライスは、ニューヨークの定番屋台料理であるチキンオーバーライスをメイン商品として取り扱うブランドです。

チキンオーバーライスとは、サフランやターメリックライスの上に、スパイスで味付けした鶏肉や生野菜を乗せて、ヨーグルトソースなどをかけて食べる料理です。

ニューヨークで長く流行していること、日本人になじみの深いお米の料理であることなどから、食に興味・関心の高い方の間で特に注目を集めています。

そして、現在チキンオーバーライスを取り扱う飲食店も急増中です。

MR.チキンオーバーライスFCもチキンオーバーライス専門ブランドの一つです。

MR.チキンオーバーライスに加盟するとデリバリー・キッチンカー・路面店など、さまざまなスタイルでチキンオーバーライスを提供できます。

この記事では、以下の情報を解説します。

  • NY屋台メシ専門店 MR.チキンオーバーライスFCの概要
  • NY屋台メシ専門店 MR.チキンオーバーライスFCの特徴・強み
  • NY屋台メシ専門店 MR.チキンオーバーライスFCの将来性
もくじ

NY屋台メシ専門店 MR.チキンオーバーライスの基本情報

引用元:https://foods-route.jp/franchise/100
店舗名NY屋台メシ専門店 MR.チキンオーバーライス
運営会社合同会社テングッド
設立2005年7月1日
資本金300万円
本社〒370-0841 群馬県高崎市栄町17-12

NY屋台メシ専門店 MR.チキンオーバーライスを運営する有限会社プロペラコーポレーションについて解説します。

 合同会社テングッド

合同会社テングッドは、群馬県高崎市に本社を置く飲食店プロデュース企業です。

直営店とフランチャイズ加盟募集の2業態で運営をしています。

企業理念・ポリシーとして掲げているのは、「ワクワクする仕事」です。

本部には、さまざまな経験を持ったスタッフが集まり、飲食事業を盛り上げるためにチームとして創意工夫をしながら成長するという戦略を目指しています。

2022年現在では、デリバリー市場におけるブランド開発やフランチャイズ加盟店募集の事業に特に力を注いでいることが確認できます。

合同会社テングッドが展開しているMR.チキンオーバーライス以外のブランドの特徴は以下のとおりです。

鉄板焼肉 スタミナスタンド

引用元:https://maebashi.goguynet.jp/2021/06/17/sutaminasutando/

ニンニクだれをつけ込んだ豚肉とキャベツを炒めた鉄板料理です。

味付けがしっかりしていて、ご飯が進む良い意味で「ジャンク」な料理です。

UberEatsを利用したデリバリー専門店であれば、自己資金0円でスタートできます。

黒焼と国産牛モツ鍋のお店 紋次郎

引用元:https://www.dan-b.com/monjirou/

「知覧どりの黒焼きと国産牛モツ鍋のお店 紋次郎」は、九州料理をメインに取り扱うブランドです。

フランチャイズ加盟の場合は、「知覧どり」1品メニューで加盟することもできます(既存店にメニューをアドオンするスタイル)。

チキンオーバーライスと同様に、現在注目が高まっている鶏肉をメインの商品として取り扱っているブランドです。

炭火 鰻八(ウナハチ)

引用元:https://takasaki2shin.com/archives/11083763.html

炭火 鰻八は、低価格路線のウナギ料理ブランドです。うな重(並)を1,380円で提供しています。

炭火 鰻八についても、路面店のほかにデリバリーや1メニューのみでの加盟も可能です。

軽井沢ローストビーフワークス

引用元:https://foods-route.jp/franchise/105

軽井沢ローストビーフワークスは、高品質なお肉とおいしいタレが魅力のローストビーフ専門ブランドです。

フランチャイズチェーンとしては、調理不要・短時間での提供が可能(3分で提供できる)点も大きな魅力です。

デリバリー専門であれば、初期費用2万円でオープンすることもできます。

NY屋台メシ専門店 MR.チキンオーバーライス フランチャイズの特徴や強み

強み

NY屋台飯専門店ーMR.チキンオーバーライスへの加盟検討をする際には、独自のメリットを知ることが重要です。

特にデリバリー専門の業態に関しては、需要の拡大に伴い競合店も増えています。

したがって、競合店に対する優位性を理解したうえで導入を検討することが重要です。

以上をふまえて、NY屋台メシ専門店 MR.チキンオーバーライスの強みを解説します。

導入費用が安い

NY屋台メシ専門店 MR.チキンオーバーライスは、加盟金30万円・保証金50万円という低価格帯のフランチャイズ店です。

さらに、2022年3月中のキャンペーンとして、2つの特典があります。

  • 加盟金・保証金が0円になる
  • 同グループの軽井沢ローストビーフワークスに0円で加盟できる

既存の店舗にメニューをアドオンする方式や既存店舗でデリバリーメニューとして取り扱う方式をとれば、店舗準備のための費用や人材採用費用なども不要です。

したがって、初期費用をほとんどかけることなくNY屋台メシ専門店 MR.チキンオーバーライスに加盟できます。

ブランド姪を使用せずにフランチャイズ加盟できる

NY屋台メシ専門店 MR.チキンオーバーライスのフランチャイズ契約では、「MR.チキンオーバーライズ」の屋号使用せずに営業することも可能です。

そして、その際には商品名・価格なども加盟店側で決定できます。

  • 既存店の営業をおこなっていきたい方
  • チェーン店ではなく独自のこだわりメニューとしてチキンオーバーライスのメニューを組み込みたい方
  • 自店舗のチラシや看板などを引き続き使用していきたい方

上記に該当する場合には、「MR.チキンオーバーライス」の屋号を利用しないという選択をするとよいでしょう。

「MR.チキンオーバーライス」の屋号を利用して運営をすることも可能です。

トレンド商品で勝負できる

飲食店の業態においては、トレンド性の高い商材で勝負をすることも重要です。

特にフランチャイズ加盟の場合には、いかに早い段階で初期費用を回収して、収支をプラスにできるかという点が重要なポイントになります。

このときにプラスに作用する可能性があるのがチキンオーバーライスのもつ商品録です。

  • ニューヨークで実際に流行しているメニューである
  • 日本ではまだトレンドの黎明期である
  • チキンやデリバリーなどの現在の飲食のトレンドを押さえられている

これらの条件が揃っていることから、ライバル企業・店舗に先駆けてエリア人気店になれる可能性があります。

フランチャイズ契約期間が1年間に設定されていることから、トレンドにならなかったとしても大きなリスクを背負うことはありません。

格安の有料コンサルティングを受けられる

NY屋台メシ専門店 MR.チキンオーバーライスに加盟すると、有料のコンサルティングプランを受けられます。

SNS戦略・インフルエンサーマーケティング・チラシなどのリモートサポートクリエイターの時給のみ負担
45分間のリモートアドバイス5,000円
60分間の現地アドバイスなど10,000円+交通費

これらの戦略を身につけられれば、NY屋台メシ専門店 MR.チキンオーバーライスの運営だけではなく事業全般についての知識を役立てられます。

当然ながら、これらの知識やスキルはビジネス全般に役立ちます。

NY屋台メシ専門店 MR.チキンオーバーライス フランチャイズの弱みはあるのか?

弱み

NY屋台メシ専門店 MR.チキンオーバーライスには弱点・弱みもあります。

競合店との戦いに勝つためには、弱みを理解した上で対策を考えなくてはなりません。

この章では、NY屋台メシ専門店 MR.チキンオーバーライスの弱みを解説します。

既存店のSNSがあまり盛り上がっていない

店舗数は非公表ですが、NY屋台メシ専門店 MR.チキンオーバーライスにはいくつか既存点があります。

そして、既存店はTwitterの公式アカウントにてメニューなどの情報発信を行っているのですが、2022年3月の段階ではまだあまり大きな反響が得られていない状況です。

むしろ、Twitterのフォロワー数が2ケタ台であり、苦戦している状態であるといえます。

これらの店舗は、本部の有料サポートを受けていない状態なのかもしれませんが、いずれにせよ本部のコンサルを受ける前には十分な実績やスキルがあるのかを確認することが必須です。

実績・スキルがあまりすぐれていない場合、価格が格安だったとしても受講すサポートを受けるメリットがありません。

チキンオーバーライスの市場が不透明

チキンオーバーライスのトレンド性は、2022年現在では不透明です。流行の兆しが見えていることは間違いありませんが、チキンオーバーライスはこれまで日本でほとんど知られてこなかった食べ物です。

味付けについても、唐揚げや焼き鳥などのように以前からなじみのあるものではないため、以下の可能性があります。

  • 一部のファン以外に広まらない
  • トレンドにはなるものの、短期間で流行が終わる

NY屋台メシ専門店 MR.チキンオーバーライスは初期投資が少額であるため、仮にトレンドにならなくとも大きなリスクにはなりません。

しかし、チキンオーバーライスを起爆剤として考えている方にとっては、あてが外れることになるかもしれません。

競合店が増えている

コロナ禍が続いていることで、飲食業態は大きな転換期を迎えています。

NY屋台メシ専門店 MR.チキンオーバーライスの業態は、まさにコロナ禍・アフターコロナの飲食店業態のトレンドではあるものの、同じスタイルで出店する店舗が現在急増中です。

  • デリバリー・テイクアウト中心
  • ゴーストレストラン・クラウドキッチン
  • トレンドのB級グルメ商材

これらに合致しているということは、正攻法の運営スタイルであるともいえるのですが、同時に競合店が多いということも考えられます。

だからこそ、Uber Eatsの店舗や出店予定地域の飲食店のテイクアウト商品などのリサーチを入念におこなうことが重要です。

NY屋台メシ専門店 MR.チキンオーバーライス フランチャイズユーザーの評判・クチコミ

ユーザー口コミ

一般利用者のチキンオーバーライスのインターネット上のクチコミを紹介します。

UberEatsや出前館などのデリバリーのプラットフォームを利用できるため、集客や広告がスムーズです。

NY屋台メシ専門店 MR.チキンオーバーライスで、初めてチキンオーバーライスを試してみるという消費者も多いのではないでしょうか?

基本的にはスパイシーなチキンオーバーライスですが、ソースの選び方によりさまざまな楽しみ方が可能です。

ご飯やお肉の量などを希望に合わせて調整することができます。

NY屋台メシ専門店 MR.チキンオーバーライス フランチャイズの将来性

コロナ禍・アフターコロナを見据えたなかで、飲食店を取り巻く状況は大きく変化しています。

したがって、中長期的な展望を考えることは非常に難しい状況です。

しかしながら、NY屋台メシ専門店 MR.チキンオーバーライスは加盟店側にとってリスクの少ないブランドであることは確かです。

地域性なども大きく影響しない商品であるため、もしNY屋台メシ専門店 -MR.チキンオーバーライスの商品力やコンセプトに賛同する加盟店が増えれば、店舗が急拡大する可能性もあります。

一方で、不安視される部分はNY屋台メシ専門店 MR.チキンオーバーライスを運営する有限会社プロペラコーポレーションの実績です。

有限会社プロペラコーポレーションは、群馬県を中心に直営のブランドを運営していますが際だって目立つ実績をあげているわけではありません。

したがって、本来フランチャイズの魅力であるブランド力・商品力のメリットが2022年現在ではまだ弱いといえます。

チキンオーバーライスの商品力に頼った広告・ブランド展開をしていくことになるでしょう。

もし強力なライバルが登場した際には、厳しい戦いを強いられる可能性もあります。

加盟店として売上のアップを目指すには、加盟可能な店舗をピックアップして比較したうえで、ご自身にとってベストな業者を選ぶことが重要です。

まとめ

NY屋台メシ専門店 MR.チキンオーバーライスは、ニューヨークで人気のチキンオーバーライスのブランドです。既存店の追加メニューとしてもデリバリーメニューとしても、追加できます。

上記を総合すると、NY屋台メシ専門店 MR.チキンオーバーライスは現在すでに飲食店を運営している方に適したフランチャイズブランドです。

記事内ではメリット・デメリットを解説しているので、ぜひ参考にしてください。

また、NY屋台メシ専門店 MR.チキンオーバーライスは、まだ情報が少ないフランチャイズブランドでもあります。

説明会などで積極的に情報収集することが重要なので、積極的に情報収集して比較検証してください。

シェアする
  • URLをコピーしました!
もくじ
閉じる