フードフランチャイズの口コミ・評判まとめサイト

豚丼の極みFCのクチコミや評判|運営会社のLisa Technologies株式会社とは?

帯広豚丼は、帯広を代表するB級グルメです。

うな丼のタレをヒントに作られたといわれる醤油ベースの甘みのあるタレと豚肉の組み合わせは、帯広市民だけでなく多くの日本国民の舌に合うでしょう。

帯広豚丼は、帯広観光の楽しみの一つとしてこれまで知られていましたが、今後はもしかすると全国のさまざまなエリアで帯広豚丼が親しまれるかもしれません。

なぜなら、「豚丼の極み」という帯広豚丼をUber Eatsで楽しめるブランドがフランチャイズ展開をはじめているためです。

豚丼の極みは、飲食店にアドオンして少額で始められるブランドなので、特に飲食店の業態変更やメニューの追加を検討中の方にとっては非常に重要な情報になるかもしれません。

この記事では、豚丼の極みについて以下の情報を解説します。

  • 豚丼の極みの概要
  • 豚丼の極みの強み・弱み
  • 豚丼の極みの評判・口コミ

飲食に特化した独立・開業メディア
Food's Route(フーズルート)掲載中

人気フランチャイズランキング

順位会社名/ブランド名リンク特徴

株式会社ミールソリューション

Aloha Poke Tokyo

Uber Eats平均評価4.7の実績!
各メディアでも話題のバーチャルレストランFC!低投資・低リスク・高収益化を実現!最短2週間で開始可能☆

株式会社結

+VR(プラスブイアール)

実績のあるノウハウによってデリバリーでしっかり収益・売上アップが目指せる!

株式会社バーチャルレストラン

デリバリープラン

【ブランド利用無制限】「50種類以上」のブランド導入し放題!原価率25%以下・カンタン調理!高収益バーチャルレストラン

株式会社X Kitchen

梨泰院スープ

空き時間を利用して売上アップ!人気の韓国ワッフルのデリバリー専門店.※UberEatsのエリア内で既存店舗(営業許可)をお持ちの方が導入可能

株式会社グッドフードデザイン

サラダボウル専門店 GRIT TODAY 

【年商3,000万円】【リピート率65%以上】テイクアウト・デリバリー専門のブランドシェアリング型FC
年間2万食も売れている人気のサラダボウル専門店!
もくじ

豚丼の極みの基本情報

引用元:https://foods-route.jp/franchise/99
店舗名豚丼の極みFC
運営会社Lisa Technologies株式会社
店舗数非公表
設立2017年8月29日
資本金1億2,350万円
従業員数19名
本社〒103-0023東京都中央区日本橋本町2-7-1 野村不動産日本橋本町ビル 3階

豚丼の極みを運営しているLisa Technologies株式会社について解説します。

 Lisa Technologies株式会社とは?

Lisa Technologies株式会社は、「外食にテクノロジーを」をキャッチコピーとして、外食産業を支えている企業です。

Lisa Technologies株式会社のホームページは、IT企業のような洗練された技術力を連想します。

実際、代表の西村 龍紀氏は大手IT企業サイバーエージェントでの職歴もあり、ソフトウェア開発などLisa Technologies株式会社の技術力には定評があります。

核としておこなっている事業は、UberEatsをはじめとした飲食デリバリーのプラットフォームと飲食店とを結びつける事業です。

「フードデリバリーマネージャー」というデリバリーの商品の受注状況や顧客行動を数値化できる端末を飲食店に提供し、店舗のデリバリーの利益を最大化するためのサポートをおこなっています。

Lisa Technologies株式会社が手がける「豚丼の極み」に加盟する場合に関しても、同社のソフトウェアを使用した分析力を活用し、最新のマーケティングに基づいた店舗運営をおこなえます。

豚丼の極みフランチャイズの特徴や強み

強み

数あるフランチャイズブランドの中で、ご自身の目的・目標・現状にあったブランドを選ぶことは非常に重要なことです。

成功するために、豚の極みならではの特徴や強みを知ることからスタートしましょう。

初期費用が安い

豚丼の極みは、最小限の初期費用でスタートできるフランチャイズブランドです。

そもそも、「豚丼の極み」は調理のためのスタッフやスペースがそなわっている飲食店向けに展開されています。

空いているスペースや人材を活用するため、設備投資や人材確保をしたりすることなく、スムーズに事業を始められるということです。

初期費用として、最低限かかる費用は開業費用10万円のみです。

フライパン1つで調理できるということもあり、エスニック料理店やラーメン店などの異業態の飲食店でも気軽に参入できます。

オペレーションの工夫により、調理時間はわずか10分に抑えられているため、既存の本業と並行して調理するのも難しいことではないでしょう。

また、既存の飲食店のほかに、自宅を使って豚丼ビジネスをスタートすることも可能です。

サポート内容によってプランを選べる

Lisa Technologies株式会社の運営費用は、以下のように設定されています。

ロイヤリティ8,000円~33,000円
食材原価売上の25%

ロイヤリティはサポートの内容に応じた定額制が取られています。

加盟の説明を受ける際にプランの説明や相談サポートを本部が対応しているため、プランの選び方がわからない方でも心配不要です。

固定ロイヤリティであることから、売れば売るほど利益率がよくなります。

コロナ禍に強い

デリバリー業態は、コロナ禍の巣ごもり需要に適しています

緊急事態宣言やまん延防止等重点措置により、飲食店の多くは営業時間やメニューの制限・座席数の減少・飛沫防止のための設備投資などを強いられました。

なかには顧客数が激減したという店舗もあるでしょう。

ただ、「デリバリーがよい」とはわかっていても、デリバリーに適したメニュー開発や業態変更が簡単にできるわけではありません。

「豚丼の極み」にフランチャイズ加盟すると、デリバリー向けに業態が整っているため、店舗側は加盟費以外に大きなリスクを背負うことはないでしょう。

本部に資金力・技術力がある

ブランドによってフランチャイズ本部の資金力・技術力・メニュー開発力などは大きく異なります。

フランチャイズ加盟では、力のある本部に加盟した方が、さまざまな恩恵が受けられる可能性が高いです。

例えば、資金力の高いフランチャイズ本部に加盟すると、予算をかけた広告プロモーションなどを本部主導でおこなってくれる場合があるでしょう。

Lisa Technologies株式会社は、事業を展開するにあたって1億円以上の融資を受けています。
また、自社でソフトウェアを開発できるほどの技術力もあります。

開発された技術を効果的に活用すれば、店舗側はマーケティング情報を生かした販売戦略を立てることが可能です。

豚丼の極みフランチャイズの弱みはあるのか?

弱み

豚丼の極みは、初期費用がないビジネスであるため、大きな失敗をするリスクは少ないでしょう。

しかし、豚丼の極みフランチャイズにも弱み・リスクは考えられます。

この章では、フランチャイズ加盟店の視点で豚丼の極みのリスク・弱みを解説します。

自店との相乗効果を期待しづらい

豚丼の極みは、いわゆる「バーチャルレストラン」のスタイルでのメニュー提供となるため、商品の販売にあたって既存店舗のPRにはなりません

また、デリバリーでの販売を想定したメニューであるため、帯広豚丼を看板メニューとしてご自身の店舗に顧客を呼ぶ手法をとることもできません。

あくまでも、豚丼の売り上げの加算分を自店の売上にプラスするというビジネスモデルとなります。

したがって、売上の底上げ効果は期待できるものの、それ以上のメリットを求める方にとってはあまり適していないフランチャイズといえるでしょう。

反対に、既存店のメニューがテイクアウトやイートインに対応しているのであれば、自店の集客アップ効果、自店の看板が使用できるブランドであれば、知名度アップなどの効果が期待できます。

初期費用が安いフランチャイズ契約であるということもあり、さまざまなことを期待しすぎてもうまくいかない可能性はありますが、本部に何を期待するのかを明確にしてから加盟を検討するとよいでしょう。

飲食店としての実績がない

Lisa Technologies株式会社は、飲食店とデリバリープラットフォームの架け橋となるソフトウェア開発によりスタートした事業社です。

飲食店としての実績や土台が未知数であることは否めません。

どれだけマーケティング力がすぐれていたとしても、飲食店には「おいしさ」「見栄え」などの品質も求められます。

マーケティングにより一時的に集客に成功したとしても、品質のすぐれないブランドはリピーターが定着しづらいという面が生じるでしょう。

フードデリバリーの場合は配送の手数料によって利用者が支払う金額が高額になりやすいという面もあるため、顧客からのチェックはなおさら厳しくなりがちです。

特に、近年はSNSやフードデリバリーの評価システムにより、利用者は誰でも簡単に全国の口コミを確認できます。
販売店側は顧客の満足度を十分に意識してサービスを提供する必要があります。

また、店舗情報がデリバリーのプラットフォームで確認できないバーチャルレストランやゴーストレストランに対して、やや否定的な意見をもつ層も一定数存在します。

だからこそ、なおさらクオリティやメニューの開発力を重視して、加盟するブランドを選ぶことが重要です。

資料が充実していない

Lisa Technologies株式会社が公開している「豚丼の極み」は、フランチャイズ加盟にあたって必要な情報が漏れなく記載されているとはいえません

初期費用・ロイヤリティ・メニューなどについての必要最小限の情報は掲載されているものの、競合との比較・市場性などについては、加盟側が積極的にリサーチする必要があります。

説明会の場がセッティングされていることや、本部が技術力を生かした高い分析力を誇っていることなどを踏まえれば、積極的に問い合わせをすれば答えを得られる可能性は高いでしょう。

ただし、雰囲気や気分などでなんとなくブランドへの加盟を検討すると、加盟した後に当初の想定とは異なる状況に追い込まれるかもしれません。

フランチャイズ加盟を検討する際には、積極的な姿勢を重視しましょう。

豚丼の極みフランチャイズユーザーの評判・クチコミ

ユーザー口コミ

豚丼の極みについて、一般消費者の評判・クチコミを紹介します。 

メニューのおいしさについての口コミが投稿されていました。
ボリューム感が得られるお肉や、甘辛の醤油だれは万人受けが期待できる商品といえるでしょう。

デリバリーは、コロナ禍の制限以外にも、外出ができない状況などにマッチした飲食提供手法といえます。
コロナ禍の状況に関係なく、今後も一定の需要は続きそうです。

SNSでは概ね好評でしたが、フードデリバリーサイトでは「ご飯がべちゃべちゃしていた」といったネガティブな評価が数件ありました。

加盟店側のオペレーションによって起こった問題なのかもしれませんが、加盟を検討する際には気に留めておきたいポイントです。

豚丼の極みフランチャイズの将来性

豚丼の極みは、コロナ禍をふまえた飲食店の状況にもよりますが、今後店舗数が拡大していく見込みが高いでしょう。

加盟店側にとっては、加盟金10万円のみのリスクで新たにデリバリー事業をはじめられるためです。

人件費も設備も新たに投資することなく、本部によるシミュレーションの50万円が期待できるというのは、飲食店にとって非常に魅力的な話です。

ポイントとなるのは、市場が豚丼の極みをどのように受け入れるかという点でしょう。

帯広豚丼という地方で人気の高いグルメにスポットをあてたことや、ソフトウェアによる分析を生かしながらサービスを展開できる点は確かに強みです。

ただし、ネガティブな口コミが増えれば、リピーターがつかないだけでなく、新規顧客の獲得にも苦労します。

また、1品のみのフランチャイズ展開やクラウドキッチンの業態が今爆発的に増えています。
多くの初期費用をかけずにメニューを展開できることに関しては、強い優位性が感じられない場合もあります。

技術力・マーケティング力をどこまで発揮し、継続的に売上が上がる仕組みを作れるか否かが豚丼の極みの将来を大きく左右するでしょう。

まとめ

豚丼の極みは、帯広豚丼のメニューをデリバリーで提供できるというフランチャイズブランドです。

豚丼の極みは、フライパンのみの簡単調理(調理時間10分)で提供できるということから、コロナ禍のメニュー構成や売上減少に困っている飲食店を救う存在にもなり得ます。

一方で、豚丼の極みの加盟によってどれだけの売上が見込めるのかは未知数な部分があります。
売上が増えること以外のメリットや、複数店舗の広がりなどの期待もしづらいことから、メリット・デメリットを冷静に見極めて加盟を検討する姿勢が重要です。

2022年2月時点では、資料の情報があまり充実していない面が見られるため、説明会に積極的に参加する姿勢が求められます。

シェアする
  • URLをコピーしました!
もくじ
閉じる