フードフランチャイズの口コミ・評判まとめサイト

炭火 鰻八(ウナハチ)FCのクチコミや評判|運営会社の合同会社テングッドとは?

炭火 鰻八(ウナハチ)は、合同会社テングッドが提供するウナギ専門店です。

本店のある群馬県高崎市では、うな重弁当1,380円~という価格の安さが評価され、2021年の開業以来、地域の人気店となっています。

2022年3月現在、炭火鰻八はフランチャイズ加盟店を募集中です。

ウナギを提供するには高度な技術が必要なのでは?

低価格のウナギをフランチャイズで運営しても利益率が悪いのでは?

といった不安・疑問を感じている方もいらっしゃるかと存じます。

上記の点も含め、この記事では炭火鰻八の以下の情報を解説します。

  • 炭火鰻八の概要
  • 炭火鰻八の特徴・強み
  • 炭火鰻八の利用者からのクチコミ
もくじ

炭火 鰻八(ウナハチ)の基本情報

引用元:https://takasaki2shin.com/archives/11083763.html
店舗名炭火 鰻八(ウナハチ)
運営会社合同会社テングッド
設立2005年7月1日
資本金300万円
本社〒370-0841 群馬県高崎市栄町17-12

炭火鰻八を運営している合同会社テングッドについて解説します。

 合同会社テングッドとは?

合同会社テングッドは、群馬県高崎市に本社を構える飲食点運営事業者です。
炭火鰻八の本店も同住所に位置しています。

合同会社テングッドは、群馬県を中心に飲食店経営などをおこなってきた企業であるため、社名をご存じの方は少ないかもしれません。
しかしながら、100店舗以上もの店舗運営に携わっており、地域の人気店を多数プロデュースしてきました。

飲食店コンサルティングの実績の中には、大手家電量販店との顧問契約も含まれます。

コロナ禍でも利用しやすいように、テイクアウトメニューや、デリバリーへの対応を強化している点は、流行に敏感であることの証明であるともいえるでしょう。

合同会社テングッドの特徴を理解していただくために、同社が現在運営しているブランドを紹介します。

NY屋台メシ専門店 -MR.チキンオーバーライス

引用元:https://foods-route.jp/franchise/100

MR.チキンオーバーライスは、近年アメリカのニューヨークで流行し、定番となっているファーストフードであるチキンオーバーライスをカジュアルに提供しているブランドです。

チキンオーバーライスは、お米料理であることやチキンを主な食材とする料理であることから、日本でも人気の兆しが見えています。

合同会社テングッドはいち早く流行をキャッチして、直営店の運営とフランチャイズでの全国展開を進めています。

鉄板焼肉-スタミナスタンド

引用元:https://maebashi.goguynet.jp/2021/06/17/sutaminasutando/

鉄板焼肉ースタミナスタンドは、ガーリックやソースで味をつけた豚肉を鉄板で提供するタイプの飲食ブランドです。

あえて健康志向に逆光する形ではあるものの、高いリピート率が期待できるメニュー構成で人気を集めています。

炭火鰻八と同じく、テイクアウトやデリバリーの業態でフランチャイズ加盟することも可能です。

黒焼と国産牛モツ鍋のお店 紋次郎

引用元:https://www.dan-b.com/monjirou/

黒焼と国産牛モツ鍋のお店 紋次郎は、牛モツや焼き鳥などをメインで提供している飲食店です。

居酒屋として営業していますが、一品料理の人気が高く、デリバリー・テイクアウトブランドとしてもフランチャイズ展開しています。

軽井沢ローストビーフワークス

引用元:https://foods-route.jp/franchise/105

軽井沢ローストビーフワークスは、ローストビーフ専門店です。
炭火鰻八と同じく、高品質な料理を低価格で提供していることが利用者から支持されています。

調理・仕込みの負担が軽いからこそ、原材料費をかけて利用者にとって満足度の高いメニューを提供しています。

炭火 鰻八(ウナハチ)フランチャイズの特徴や強み

強み

炭火鰻八(ウナハチ)には、ほかのブランドにはない魅力・強みがあります。

フランチャイズ加盟をする際には、本部・ブランドの強みをどのように活かせるかが成否を左右します。

3つの観点で炭火鰻八のメリット・強みを紹介するので、ぜひ参考にしてください。

低価格帯のウナギがトレンド

2020年のコロナ禍以降、飲食業界ではウナギ専門店がトレンドとなっています。

総務省が発表している「1世帯当たり年間の品目別支出金額,購入数量及び平均価格」によると、2人以上の家庭でのウナギの蒲焼きの平均消費金額は2019年から2020年の1年間で約27%上昇しています(2019年:2,114円→2020年2,686円)。

その背景には、以下の要因が挙げられます。

  • 巣ごもり需要で家庭で食べられる高級感のある食品が好まれる傾向がある
  • 中国産のウナギの品質が向上し、安価でおいしいウナギが入手しやすくなった
  • 免疫力を高める食材としてビタミンDを豊富に含むウナギが注目されている

これらの要因が重なって、従来よりもウナギが売れやすい状況にあります。

中でも炭火鰻八のウナギは、うな重弁当1,380円~・うな重1,500円~と、価格面でかなりの強みを誇っています。

コロナ禍の見通しがなかなかつかない現状はあるものの、デリバリー・テイクアウトの市場は今後も維持・拡大する見込みが高いため、優位性を維持できる可能性が高いでしょう。

導入のハードルが低い

ウナギの専門店を開業するためには、いくつもの参入障壁があります。しかし、炭火鰻八とフランチャイズ契約をすることにより、ハードルがかなり低くなります。

ポイントは、以下のとおりです。

  • アルバイトスタッフだけでも提供できるようにオペレーションが簡素化されている
  • 初期費用が安い
  • 安定してウナギ仕入れられる
  • 準備期間が短い
    デリバリー業態なら契約から最短3週間で販売スタートできる

特に、すでに店舗を運営している方の場合は、費用・手間・時間をかけなくてもウナギ専門店としての事業を開始できます。

また、既存店の看板名称をそのまま使用することも認められているため、看板やメニュー表などの作り直しをする必要もありません。

コロナ禍・アフターコロナの対策として、業態の変更や新規メニューなどを模索している方にとっては、理想的な解決策になる可能性があります。

収益性が高い

炭火鰻八のフランチャイズ加盟説明資料によると、炭火鰻八の食材原価は以下のとおりです。

  • 実店舗型:35%
  • バーチャルレストラン型:28%

売上やロス率などによって変動する見込みはありますが、飲食店としては決して高い数値ではありません。

さらに、炭火鰻八ではオペレーションが効率化されていることや、バーチャルレストラン形式では売価を自由に設定できることから、原価をコントロールしやすい仕組みであるといえます。

結果的に実店舗型で運営をしたとしても、人権比率が16%に抑えられています。

さらに、月に2回以上利用するリピーターが多いことや、夫婦・家族での利用が多いことも炭火鰻八の強みであるといえるでしょう。

したがって、一般的には高級であると目されているウナギを安価で提供するからといって収益性が悪いという心配はありません。

炭火 鰻八(ウナハチ)フランチャイズの弱みはあるのか?

弱み

炭火鰻八(ウナハチ)には、弱みもあります。

弱みを理解した上でフランチャイズ契約を進めないと、後に計画が大きく狂ってしまう場合があります。

フランチャイズ加盟に関しては、人生設計や既存店の存続に関わることもあるため、この章で紹介する3つのポイントを押さえて慎重に対応しましょう。

ウナギの漁獲量が不透明

現在消費されているウナギの99%は養殖ですが、その仕入れ・流通に関してはかなり不透明な部分が多く残されています。

輸入されるウナギの稚魚の大半が香港から輸入されますが、香港までの経路などが不透明なものが大半なのです。

もし密漁など違法に取引されるものが紛れていたとしても、チェック機能が働いていない状況であるため、仮に流通システムの問題が表面化した際には流通が不安定になる可能性があります。

国内のウナギの生産量が年々減少するなかで、輸入ウナギの流通が不安定になることは重大なリスクであるといえるでしょう。

他業種の飲食店がウナギに参入

外国産のウナギの品質が向上している点は炭火鰻八にとって喜ばしいことですが、競合店にとってもそのメリットは同様です。

ボリュームや品質などが異なるため単純比較はできませんが、大手牛丼チェーン店ではすでにうな丼・うな重が夏期メニューとして定着しています。
そのほか、大手ファミリーレストランやお惣菜チェーン店でもウナギをメニューとして取り扱っています。

今後は、格安のウナギ専門の競合店も増えるでしょう。
デリバリーやテイクアウトの市場では、同エリアのウナギ以外の専門店とも競合します。

そのなかで、炭火鰻八が優位性を保てるか否かを左右するのは、料理としての品質です。

フランチャイズ加盟を検討する際には、将来的な競合も見越して商品のクオリティやコストパフォーマンスを慎重に判断する必要があります。

炭火鰻八の実績が未知数

炭火鰻八は、2021年に開業したばかりのブランドです。

運営母体である合同会社テングッドには100以上のブランドに関わったという実績があるものの、炭火鰻八の実績が乏しいことは否めません。

飲食店フランチャイズの成否を判断する際、例えどんなに良いものであっても必ず受け入れられるとはかぎりません。
もし一時的に、あるいはスポット的に流行したとしても、その流行が広がらない可能性もあります。

十分な実績のないブランドに加盟することは、大きなリスク要因です。

炭火鰻八(ウナハチ)フランチャイズユーザーの評判・クチコミ

ユーザー口コミ

炭火鰻八(ウナハチ)の利用者の口コミを3点紹介します。

クチコミから、ウナギの質が非常に良いことが確認できます。
専門店として、山椒やわさびと一緒に提供をされているようです。

本店オープンの際には、ウナギ専門店ができるということで、地域の利用者の話題になったようです。
低価格帯のウナギ専門店は、2022年の段階では珍しいため、注目を集めやすいでしょう。

炭火鰻八は、インスタグラムを効果的に活用して集客に結びつけています。

うな丼・うな重の写真が人々の目をひきつけることはもちろんですが、合同会社テングッドのマーケティング力の高さもうかがえます。

炭火 鰻八(ウナハチ)フランチャイズの将来性

炭火鰻八(ウナハチ)フランチャイズの将来性について、ポジティブ・ネガティブの両面について確認していきましょう。

ポジティブな面は、以下の点があります。

  • 市場のニーズにマッチしている
  • コロナ禍・アフターコロナにおいて続けやすい業態である
  • 老若男女の全てがターゲットになる
  • 消費者のリピート利用が見込める

また、うなぎの蒲焼きは外国人観光客に人気のメニューでもあるため、コロナ禍が落ち着いたときにはさらに追い風が吹く可能性も高いです。

一方で、ネガティブな面もあります。

  • 炭火鰻八の競合優位性が判断しづらい
  • 参入障壁が低いため、競合ブランドが乱立する可能性がある
  • ウナギの流通問題が発生する可能性がある
  • 炭火鰻八の店舗名を使用しなくてもフランチャイズ加盟可能であるため、ブランドの知名度が高まりにくい可能性がある

流通の問題は、これまでの歴史においても非常に不安定で、ウナギの専門店は価格の変更や仕入れ先の変更などを迫られてきました。

競合優位性を含め、炭火鰻八がウナギをどの程度安定的に仕入れられるかは非常に重要な問題です。

とはいえ、ネガティブな側面を含めても炭火鰻八の加盟店は今後増えていく見込みが高いでしょう。
特にバーチャルレストラン形式であれば、加盟店側のリスクがほとんどないためです。

ブランドがどの程度拡大するのかについては現状でははっきりと見えない状況ではありますが、参入障壁が少ないブランドとしてはリスクの少ないブランドであるといえるでしょう。

まとめ

合同会社テングッドが運営する炭火鰻八(ウナハチ)は、2020年に登場したばかりのブランドです。しかしながら、本店では早くも多くの利用者から高く評価されています。

フランチャイズ加盟店も手間・時間・コストをかけずに加盟し、利益をあげられる仕組みが十分に整っています。

炭火鰻八への加盟を検討するうえで、必ずポイントとなるのがいかに正確な情報を収集できるかという点です。

現状は、低価格帯のウナギ専門店が少ないという利点がありますが、将来的に唐揚げ専門店のように競合が乱立する状況も考えられます。

だからこそ、ご自身で商品の味を確認したり、説明会に参加をして本部の声を聞いたりすることが重要です。

シェアする
  • URLをコピーしました!
もくじ
閉じる