フードフランチャイズの口コミ・評判まとめサイト

やきとり家すみれFCのクチコミや評判|運営会社の株式会社ダイニングイノベーションとは?

「やきとり家すみれ」は、従来の焼き鳥屋のイメージを覆す独自の強みを多く持ち、幅広い層から支持される人気店です。

焼鳥市場も大きなマーケットですが、テイクアウトやデリバリーにも力を入れており販路を拡大。まさに飛ぶ鳥を落とす勢いの飲食店。

そこでこの記事では「やきとり家すみれ」フランチャイズの強みやデメリット、FC加盟者の口コミ・評判などについてくわしく解説していきます。

もくじ

やきとり家すみれの基本情報

画像引用元:https://www.odakyu-card.jp/
スクロールできます
店舗名やきとり家すみれ
運営会社株式会社ダイニングイノベーション
店舗数100店舗〜
創業2012年
資本金1億円
本社所在地東京都渋谷区恵比寿南1-11-2ダイニングイノベーションビル
事業内容外食事業への投資、経営コンサルティング及び業態開発

運営会社の株式会社ダイニングイノベーションについてご紹介していきます!

株式会社ダイニングイノベーションとは?

株式会社ダイニングイノベーションは2012年に創業以降、『日本の国民食に「今までにない価値」を加えた新業態を生み出すことをサポートし、それにより世界中の人々の生活を豊かにする』というミッションどおり革新的な飲食店舗を展開している会社です。

2019年3月にはグループ全体で店舗数200を達成、創業から6年足らずでの達成なのでかなり急速成長しているといえます。

国内のみならず海外への出店も積極的におこなっています。

冒頭でも触れたとおり「焼肉ライク」の運営会社でもあり、他にも「shabushabuれたす」、「VANSAN」、「じねんじょ庵」などの話題性の高い飲食店のフランチャイズ展開を行なっています。

1) 焼肉ライク

画像引用元:https://umalog.jp/2020/08/29/hitori-yakiniku/ 

焼肉は皆んなで楽しむもの!という常識を壊してひとりでも楽しめる焼肉ファーストフード店のような店舗。どのエリアのお店も盛況で行列になっているのをよく見かけますね。

ファーストフード店と例えましたが、食材に関しては一般的な焼肉店よりも原価が高いものを使用しており、オペレーションの工夫などによりリーズナブルな価格で提供しています。

2) shabushabuれたす

画像引用元:https://shabushabu-let-us.com/

「一人一鍋」という新たなスタイルを提供するしゃぶしゃぶ店。全国に6店舗を展開中です。

契約農家から産地直送された新鮮な肉や野菜を8種のお出汁と30種以上のつけダレで堪能することができます。

店舗の雰囲気もこだわっており、SNS映えすることから女性にも大人気です。

3) Italian Kitchen VanSan

画像引用元:https://tabelog.com/

本格的なイタリアン料理がリーズナブルな価格で気軽に楽しめるのがItalian Kitchen VanSan(ヴァンサン)です。

小皿料理のタパスが豊富に用意されており、その種類は30種類以上!ランチやパーティー、女子会などさまざまなシーンで利用することができます。

「STOP!」というまで店員さんが生ハムやしらすを乗せ続ける「乗せ放題パスタ」は多くのメディアに取り上げられ話題となりました。現在全国に36店舗を展開しています。

4) 蕎麦と野菜巻き串じねんじょ庵

画像引用元:https://jinenjoan.com/

店仕込みの蕎麦と山口県の自然農園で栽培されたこだわりの自然薯が楽しめるのが「蕎麦と野菜巻き串 じねんじょ庵」です。

蕎麦屋といえば落ち着いた静かな雰囲気を思い浮かべる方が多いと思いますが、”皆んなでわいわいできる楽しい蕎麦”をテーマに作られており和モダンな雰囲気で楽しい時間を過ごすことができます。

現在は東京都、神奈川県に7店舗を展開しています。

やきとり家すみれフランチャイズの特徴・強み

強み

従来のイメージを覆すコンセプト

やきとり家すみれは従来の焼き鳥屋のイメージとは違う新たなコンセプトをしっかりと体現しており、幅広い層からの集客を実現しています。

従来のイメージとは何がどう違うのか比較してみましょう。

従来の焼き鳥屋のイメージやきとり家すみれのコンセプト
▶赤提灯の入り口
▶煙たい店内
▶中高年男性の酒のつまみ
▶女性・ファミリーはテイクアウトの焼き鳥
▶テラス風・縁側風のファサード
▶BOX席・座敷席など和モダンな内装
▶古材や間接照明などこだわった雰囲気

焼き鳥屋といえば中高年男性が多く、女性や若い方はすこし入りにくいといったイメージがありましたが、やきとり家すみれではおしゃれで居心地の良い雰囲気を作っており、女性や若い方にも人気が高いです。

また、焼き鳥の市場規模は約2000億円と言われており、全国には20000店を超える焼き鳥屋が存在します。

成長を続ける巨大市場な分、ライバルも多くレッドオーシャンだと捉えることもできます。

その中でもやきとり家すみれは差別化が出来ており、幅広い層からの集客を実現している点はフランチャイズ加盟者の大きなメリット。

こだわり抜いた食材とメニュー

やきとり家すみれでは、鳥取県のきれいな水と空気&通常の鶏よりも長い期間をかけて育てられた銘柄鶏「大山どり」を提供しており、ジューシーな旨みと脂のノリが高く評価されています。

また、焼鳥以外にもクリスピーチキンなど、多くの鶏料理が用意されていて、お客様を飽きさせないメニュー構成もポイントです。

職人技不要のシンプルなオペレーション

焼き鳥屋には、「串打ち」という仕込み作業が存在します。

効率よく行うには経験を必要とする上に、経験者にとってもかなり疲れる作業となります。

やきとり家すみれの場合、すでに串打ちされた状態の鶏を納品することができるため、営業に集中できるだけでなく仕込みにかかる人件費コストも削減することが可能。

また、電気焼き台を導入しており、比較的短期間で焼き方をマスターすることもできます。

充実したサポート・研修制度

やきとり家すみれフランチャイズでは未経験でも安心して開業できる充実した研修制度が用意されています。

開業後も店舗専任SVが定期的に訪店、課題解決にアドバイスや相談をすることができます。

店舗間をまたいだ研修会やミーティングも活発におこなわれており、日本国内100店舗を超えるお店のノウハウや施策を共有することができます。

直営店舗の引き継ぎ制度もあり

首都圏限定とはなりますが、既存店を引き継いでオーナーになることができる制度が存在します。

既存店を引き継ぐことには以下のメリットが存在します。

初期投資を従来と比べて遥かに抑えることができる
・集客・売上が見込める状態でスタートできる
・スタッフも引き継ぐことで人材育成にかける時間が不要になる

いわばロケットスタートが可能となるわけですね。初期投資の早期回収が期待できます。

引き継ぎ制度に関しては可能な時に不可な時があるようなので、気になる方は本部に問い合わせてみることをおすすめします。

やきとり家すみれフランチャイズの弱みはあるのか?

弱み

やきとり家すみれFCの強いやメリットをご紹介しましたが、以下ようなデメリットも存在します。

  1. 基本的に法人限定となっている
  2. 必要開業資金が約3300万円
  3. 首都圏以外のエリアは独占契約

個人での加盟は応相談となっているようですが、必要開業資金が約3,300万円と決して低くない金額となっています。

先ほどご紹介した既存店の引き継ぎ制度でもう少し下げることができる可能性もあります。

また、状況次第といったところもあるのかもしれませんが、現在店舗が存在するエリアには出店不可だと考えた方が良いでしょう。参考までに2021年6月現在、店舗がある都道府県は以下となります。

  • 福島県
  • 新潟県
  • 富山県
  • 長野県
  • 埼玉県
  • 千葉県
  • 東京都
  • 神奈川県
  • 静岡県
  • 愛知県
  • 京都府
  • 大阪府
  • 兵庫県
  • 鳥取県
  • 島根県
  • 岡山県
  • 広島県
  • 香川県

出店希望エリアがある方は早めに問い合わせてみることをおすすめします!

やきとり家すみれフランチャイズ加盟者の口コミ・評判

加盟者口コミ

一番魅力を感じているのは事業内容です。商品開発、メニュー作成、店舗レイアウト、備品、POSシステム、接客など、全てがオリジナルでこだわりのある内容になっています。 事業説明会では代表自らが事業内容について詳細に説明をしてくださり、なぜ現在の仕様にしたのか、全ての理由を説明していただきました。直営店舗を数店舗視察しましたが、どの店もコンセプト通りに、女性やファミリー比率が多い状態でした。

引用元:https://www.franchise-kuchikomi.com/

やはりオリジナリティがあり、他店との差別化ができているところに魅力を感じる方が多いようです。

狙い通りのターゲット層を集客できていることから本部のマーケティング能力の高さが伺えます。

食材にこだわっているとのことで、大山鳥の上手さに感動!!!!!!!!!!ややボリュームのある商品と安さに一般客としてリピートしたくなる印象でした。店舗のハード、オペレーション等のソフトなど、非常に考えられていて、是非加盟検討を進めたいブランドです。 ただやはり3,000万以上かかるそうで、自分の資金力だと随分先になりそうです。

引用元:https://www.franchise-kuchikomi.com/

商品のクオリティは評価するものの、やはり資金面がネックになる方もおられます。

初期投資の高さはリスクの高さなので、しっかりと理解して加盟する必要がありますね。

やきとり家すみれユーザーの口コミ・評判

ユーザー口コミ

焼き鳥屋といえば「夜」といったイメージがありますが、やきとり家すみれはランチ時間などにも強く盛況です。

一昔前は深夜帯の集客が重要視されていましたが、自粛などによる生活様式の変化もあり昨今は”早めの時間”の集客力が売上を左右します。

広い時間帯に集客できているのは強みのひとつ。

現在はからあげ&焼鳥のテイクアウトにも注力しており、多くの方から好評を得ているようです。

外食しにくい状況もあり、テイクアウトしやすい料理を扱う業態は売上を堅調に伸ばしやすいです。

焼鳥のみならず、メニューが豊富で選択肢が多いのがやきとり家すみれ。

多くの飲食事業を運営しているので、幅広いジャンルにおいて商品開発が可能なのは大きな強みです。

まとめ

やきとり家すみれフランチャイズの基本情報や株式会社ダイニングイノベーションの情報、フランチャイズ加盟のメリットや口コミについてご紹介しました。

2019年には日本国内100店舗を達成、まだまだ展開に注力していくことが発表されているため国内最大手の焼き鳥屋となる日もそう遠くないのかもれませんね!

デメリットの部分でも挙げたように展開済みエリアには出店できない可能性があります。

加盟を検討されている方は急いだ方が良いかもしれません。

シェアする
  • URLをコピーしました!
もくじ
閉じる