フードフランチャイズの口コミ・評判まとめサイト

黒焼と国産牛モツ鍋のお店 紋次郎FCのクチコミや評判|運営会社の合同会社テングッドとは?

合同会社テングッドが運営する「黒焼と国産牛モツ鍋のお店 紋次郎」は、飲み会・女子会・懇親会などのシーンで利用されている居酒屋ブランドです。

群馬県内の本店では、30名の貸切利用にも対応しています。

黒焼と国産牛モツ鍋のお店 紋次郎のメニューの特徴は、鹿児島薩摩の知覧鶏(ちらんどり)や福岡名物のモツなど九州の食材・料理を産地直送で取り扱っていることです。

また、居酒屋業態でありながら、デリバリー専門のバーチャルレストランとしてフランチャイズ加盟できるという特徴もあります。

この記事では、国産牛モツ鍋のお店 紋次郎にフランチャイズ加盟を検討している方に向けて以下の情報を解説します。

  • 国産牛モツ鍋のお店 紋次郎の概要
  • 国産牛モツ鍋のお店 紋次郎の特徴・強み
  • 国産牛モツ鍋のお店 紋次郎の利用者の声
もくじ

黒焼と国産牛モツ鍋のお店 紋次郎の基本情報

引用元:https://www.dan-b.com/monjirou/
店舗名黒焼と国産牛モツ鍋のお店 紋次郎FC
運営会社合同会社テングッド
設立2005年7月1日
資本金300万円
本社〒370-0841 群馬県高崎市栄町17-12

国産牛モツ鍋のお店 紋次郎を運営しているのは、合同会社テングッドです。

フランチャイズ加盟を検討する際には、運営母体の実績や姿勢も非常に重要なので、まずは運営母体の情報を解説します。

 合同会社テングッドとは?

国産牛モツ鍋のお店 紋次郎を運営している合同会社テングッドは、群馬県高崎市に本社を構える企業です。

群馬県内を中心に直営飲食店のプロデュースを展開しているほか、全国でフランチャイズ加盟店の募集もおこなっています。

これまでに、直営・フランチャイズで100以上の店舗運営に携わっており、2020年3月現在においても店舗拡大の勢いを加速させています。
そのきっかけとなっている一つの要因はコロナ禍です。

合同会社テングッドは、バーチャルレストラン形式でのデリバリーやテイクアウトのノウハウを有しており、その技術やノウハウをフランチャイズ展開しています。

「黒焼きと国産牛モツ鍋のお店紋次郎」も、居酒屋ではありながらもデリバリーやテイクアウトのメニューが好評であったり、小規模での運営が可能であったりするなど、コロナ禍への強さを発揮しているブランドです。

合同会社テングッドは、国産牛モツ鍋のお店 紋次郎にも複数のブランドを展開しているので、参考のために紹介します。

NY屋台メシ専門店 -MR.チキンオーバーライス

引用元:https://foods-route.jp/franchise/100

MR.チキンオーバーライスは、ニューヨークの屋台で人気の高いチキンオーバーライスをメインのメニューとするブランドです。

合同会社テングッドのトレンドへのアンテナの強さ・質のよい鶏肉の仕入れ・メニュー開発力などが生かされたブランドです。

店舗型・デリバリー型の両方でフランチャイズ加盟可能です。

鉄板焼肉ースタミナスタンド

引用元:https://maebashi.goguynet.jp/2021/06/17/sutaminasutando/

鉄板焼肉ースタミナスタンドは、リピート率の高さを強みとした豚肉の鉄板料理を主に提供しているブランドです。
スタミナスタンドは、群馬県前橋市に直営店もあります。

あえて、ボリューム重視・濃い味つけを好むユーザーをターゲットとする戦略で、デリバリー市場にも進出中です。

炭火 鰻八(ウナハチ)

引用元:https://takasaki2shin.com/archives/11083763.html

炭火鰻八は、群馬県高崎市に出店しているウナギ店です。
コストパフォーマンスの高さが高く評価されています。

高崎の本店では、20食限定のランチとコストパフォーマンスにすぐれたイートインのスタイルで人気を集めています。

炭火 鰻八のように合同会社テングッドは、既存店舗のスペースや人材をうまく活用して収益を上げる施策・企画を展開中です。

軽井沢ローストビーフワークス

引用元:https://foods-route.jp/franchise/105

軽井沢ローストビーフワークスは、Uber Eatsなどのデリバリーにて提供しているローストビーフ専門のブランドです。

調理時間がほとんどかからないことや合同会社テングッドならではの仕入れを生かしたブランドです。

黒焼と国産牛モツ鍋のお店 紋次郎フランチャイズの特徴や強み

強み

国産牛モツ鍋のお店 紋次郎への加盟を検討している方にとっては、ブランドのもつ特徴・強みが気になることでしょう。

フランチャイズ加盟を検討する際には、本部のノウハウやブランドならではの強みをいかに活かせるかがポイントとなるためです。

この章では、国産牛モツ鍋のお店 紋次郎の特徴や強みを解説します。

本部に支払うロイヤリティが固定

国産牛モツ鍋のお店 紋次郎のロイヤリティは月額固定制です。

ワンメニュー
メニューの取り扱いのみの契約
5,000円/月
VR型
バーチャルレストラン=メニューや看板を仕入れて、本店にて提供
1万円/月
実店舗型2.5万円/月

いずれの形態においても月額固定制であるため、売上を増やせば増やすほど加盟店側の利益率が良くなります。

また、固定の月額についても他のフランチャイズと比べてかなり押さえられているため、気軽に導入できます。

自由度の高さ

国産牛モツ鍋のお店 紋次郎は、自由度の高いフランチャイズ契約です。

3つの加盟業態を自由に選択できる

ワンメニューとしての導入やVR(バーチャルレストラン)であれば、既存の店舗とスタッフを活用できる。

また、既存店の売り上げ不振に悩んでいる方は、実店舗型を契約して業態チェンジを図ることも可能です。

看板・商品名・価格などを加盟店側で自由に決定できる(ワンメニュー・VR形式の場合)

加盟店側のブランドのようにして商品を展開することも可能です。

調理の負担が最小限である

すでに飲食店運営をされている店舗であっても、調理の負担は最小限であることに超したことはありません。

業態の異なる飲食店においては、レシピや作業手順を覚える際には時間・コストがかかります。
また、バーチャルレストランの場合は、手間がかかっていると既存店の運営に支障をきたすケースも考えられます。

国産牛モツ鍋のお店 紋次郎では調理負担が最小限に抑えられているからこそ、既存の飲食店業態への追加という形式でもメニューを追加できます。

上記のように、加盟店側が大きな負担やリスクを背負うことなく加盟することが可能です。

定番メニューである

国産牛モツ鍋のお店 紋次郎で提供している牛モツ・焼き鳥・黒焼きなどのメニューは、トレンドの影響を受けにくい定番メニューです。

お酒との相性もよく、クセになるメニューでもあるため、高いリピート率も期待できます。

飲食店運営においては、初期投資費用を早く回収して継続的に利益を上げられる状態を作ることが重要視されますが、国産牛モツ鍋のお店 紋次郎は継続的に利益を上げやすい業態であるといえるでしょう。

黒焼と国産牛モツ鍋のお店 紋次郎フランチャイズの弱みはあるのか?

弱み

リスクが少ないようにみえる国産牛モツ鍋のお店 紋次郎ですが、弱みであると考えられる面もあります。

リスクに備えるためにも国産牛モツ鍋のお店 紋次郎の弱みをしることは非常に重要です。

この章では、3つの観点から国産牛モツ鍋のお店 紋次郎の弱みを解説します。

ブランド力が読みにくい

国産牛モツ鍋のお店 紋次郎は群馬県の前橋市に直営店があり、それぞれ多くの利用客を集めています。

ただし、フランチャイズ店が同様に収益をあげるためには、いくつかの不安要素があります。

  • 直営店が主要駅から徒歩すぐの好立地にあり、集客の面で恵まれた環境にある
  • 直営店が「薄利多売」をうたった、「安さ」をアピールした店舗である
  • デリバリーやテイクアウトについての実績が公開されていない

決してロイヤリティが高くないとはいえ、国産牛モツ鍋のお店 紋次郎のような恵まれたエリアでの出店ができないと十分な収益を受けられない可能性があります。

また、国産牛モツ鍋のお店 紋次郎は地方都市で成功している店舗業態であるため、首都圏や近畿圏などの都心部では同様のスタイルで収益を上げられない可能性があります。

もちろん、バーチャルレストランタイプやワンメニュータイプの場合にはこれらのリスクは小さくなりますが、店舗型での加盟を検討する場合には採算面での十分な検証が必要でしょう。

契約期間が3年間

国産牛モツ鍋のお店 紋次郎の契約期間は、3年に設定されています。

「3年間」の契約期間はフランtにゃイズ飲食店としては決して長くありませんが、コロナ禍・アフターコロナに直面している現在では大きなリスクになる可能性があります。

例えば、店舗型の場合にはまん延防止等重点措置や緊急事態宣言などにより、店舗の運営に制限が生じる可能性があります。

実際に、国産牛モツ鍋のお店 紋次郎の本店は2020年2月~3月において、臨時休業をしているという状況です。

デリバリーに関しては、巣ごもり需要などもあり、どちらかといえば2020年以降は追い風が吹いています。
ただし、この流れがどの程度続くのかについては、不透明です。

バーチャルレストランやデリバリー専門の商品のアドオンのフランチャイズに関しては、1年以下の契約期間を設定しているブランドもあるため、リスクを慎重に判断することが重要です。

0からのスタートには不向き

国産牛モツ鍋のお店 紋次郎のフランチャイズは、少ない予算で始められるフランチャイズ業態ですが、初めて飲食店運営をする方にはあまり適していません

その根拠は以下の点です。

  • サポートプランが別途オプションとなっている
  • 細かく店舗を担当してくれる担当SVがつく形ではなく、リモートや本部からの訪問によるサポートが中心訪問頻度にも限界がある
  • メニューの自由度が高い反面、工夫をするためには調理技術やマネージメントスキルが必要

「費用が安い=初心者向け」と考えてしまいがちですが、利益を上げられるようにするためにはスキルが必要であることを理解しておきましょう。

黒焼と国産牛モツ鍋のお店 紋次郎フランチャイズユーザーの評判・クチコミ

ユーザー口コミ

国産牛モツ鍋のお店 紋次郎の利用者によるクチコミを紹介します。

現状、フランチャイズ加盟店のクチコミが発見できなかったため、直営店に対するクチコミを紹介します。

料理・ドリンクともに、「おいしい」との評判です。
こちらのクチコミには記載がありませんが、鹿児島の知覧鶏や焼き鳥などが看板メニューです。

直営店では、イートインだけではなくテイクアウトメニューも人気があります。

コロナ禍以降の飲食店スタイルとして今後もテイクアウトのメニューが支持されると予想されます。

黒焼と国産牛モツ鍋のお店 紋次郎フランチャイズの将来性

国産牛モツ鍋のお店 紋次郎の将来性を判断するうえでのポイントは、焼き鳥などのメニュー単品での商品力です。

国産牛モツ鍋のお店 紋次郎の店舗自体は、従来からある居酒屋店であり、メニューや運営業態そのものに関しては特に目新しさはありません。

だからこそ、メニューの持つ魅力が大きく明暗を分けると考えられます。

バーチャルレストラン業態やワンメニューでの加盟を考える際の差別化として考えられるのは、実店舗での人気メニューを提供できるという点です。

他ブランドにおいては、「専門店」をうたいながら、実質はメニュー開発を専門の料理人がおこなっただけのメニューも多数あります。

国産牛モツ鍋のお店 紋次郎では、店舗での販売実績が十分にあるメニューであり、確かな裏付けのあるメニューです。

ただし、知名度やブランド力に関しては、現状決して強いわけではありません。

したがって、フランチャイズ本部の強い集客力やブランドイメージという点ではまだ課題が残ります。

今後、ブランドが拡大していくにあたり、知名度が高まるか否かについては慎重に経過を見守る必要があります。

ブランド全体としては、加盟金が低く導入のハードルが低い分、加盟店にとっての競合も少なくないのが現状です。
いかに他店に対して優位性を発揮できるかが今後の明暗を大きく分けるでしょう。

まとめ

国産牛モツ鍋のお店 紋次郎は、九州料理を中心とした居酒屋ブランドです。

フランチャイズ募集においても20坪程度の小型居酒屋ブランドを打ち出してもいますが、メインとなるのはむしろバーチャルレストラン・ワンメニューでの加盟でしょう。

国産牛モツ鍋のお店 紋次郎は、参入の障壁が低い飲食店フランチャイズ店であるため、現在飲食店を運営している飲食店は、コロナ禍での収益性悪化の改善策となり得る可能性があります。

それどころか、新たな看板メニューとして店舗を引っ張る存在になるケースも考えられます。

重要なポイントとなるのは、商品力と本部の広告戦略です。
加盟店の方は、失敗を防ぐためには信頼できる情報を数多く集める必要があります。

情報収集の第一歩として、加盟前に国産牛モツ鍋のお店 紋次郎の加盟説明会・資料ダウンロードなどからスタートしていただくとスムーズです。

シェアする
  • URLをコピーしました!
もくじ
閉じる