フードフランチャイズの口コミ・評判まとめサイト

台湾まぜそば 禁断のとびらFCのクチコミや評判|運営会社の株式会社Rai&Coとは?

名古屋のご当地ラーメンとして、台湾ラーメンについで人気が高まっているのが「台湾まぜそば」です。

台湾まぜそばは、極太の麺・台湾ミンチ(鷹の爪やニンニクを混ぜ込んだ醤油味の肉そぼろ)・ネギ・魚粉・卵黄などを具材とする、汁なし麺の一種です。

台湾まぜそばは、関東や関西でも少しずつ人気が高まっており、全国にファンが急増しています。

「台湾まぜそば禁断のとびら」は、台湾まぜそばをメインのメニューとするフランチャイズブランドです。

台湾まぜそばの発祥とされる「麺屋はなび」らとともに一般社団法人日本まぜそば協会を発足させるなど、台湾まぜそばを全国に根づかせる動きにも積極的な株式会社 Rai&Coは、「台湾まぜそば禁断のとびら」のブランドで店舗拡大を図っています。

コロナ禍・アフターコロナのなかでも集客できる店舗として、「台湾まぜそば禁断のとびら」は、精力的に展開中です。

この記事では、以下の情報を解説します。

  • 「台湾まぜそば禁断のとびら」の概要
  • 「台湾まぜそば禁断のとびら」の強みと弱み
  • 「台湾まぜそば禁断のとびら」の評判
もくじ

台湾まぜそば 禁断のとびらの基本情報

引用元:https://foods-route.jp/franchise/132
店舗名台湾まぜそば 禁断のとびら
運営会社株式会社 Rai&Co
店舗数4店舗/グループ全体では14店舗(2022年5月現在)
創業2018年12月
資本金500万円
従業員数120目名(パート/アルバイトを含む)
本社東京都渋谷区東2-24-5渋谷東ビル3階

まずは「台湾まぜそば禁断のとびら」を運営する株式会社 Rai&Coの概要を解説します。

 株式会社Rai&Coとは?

2018年創業の株式会社 Rai&Coのキャッチコピーは「未来への創造」です。

2020年のコロナ禍以降、全国の飲食業界は大きな転換期を迎えています。
従来型のスタイルでは収益の確保が困難になることも珍しいことではなく、それどころか営業時間や座席数など行政の指示によって制限がかかるケースも多々あります。

収益を上げ続けている店舗の条件はいくつかありますが、なかでも目立っているのがデリバリーやテイクアウトと親和性の高い業態です。

株式会社 Rai&Coは、デリバリーで台湾まぜそばを展開する業態「台湾まぜそば禁断のとびら」を中心に、居酒屋や焼肉店などを時代にあった形でプロデュースしています。

また、時代の変化にともなって困っている飲食事業者やオーナーなどを積極採用するなど、業界の再生にも力を注いでいる企業です。

2018年創業と歴史は浅いですが、事業の多角化や拡大が期待できる事業者です。

台湾まぜそば 禁断のとびらフランチャイズの特徴や強み

強み

フランチャイズ加盟を検討する際にまず押さえておきたいのは、ブランドの強みです。

日本国内の飲食事業者は、群雄割拠の状態です。業界を勝ち抜くためには、ブランド独自の強みやオリジナリティが欠かせません。

この章では、「台湾まぜそば禁断のとびら」の特徴・強みを解説します。

商品の注目度の高さ

台湾まぜそばは、元々2000年代に入ってから発案された名古屋のご当地ラーメンの一種です。
しかし、登場するやいなや東海エリアではあっという間に人気が広がり、台湾まぜそばを提供するラーメン店が急拡大しました。

そして、その流れは全国に広がっています。

台湾まぜそばの発祥である「麺屋はなび」を中心に台湾まぜそばの認知度を高める活動が積極的にとられています。
その具体例のひとつが、コンビニエンスストアやドラッグストアなどでの即席麺・冷凍食品としての台湾まぜそばの販売です。

麺類市場は、年々右肩上がりで成長しています。
調査会社のTPCマーケティングリサーチによると、市場規模は以下のように推移しています。

2016年2017年2018年2019年2020年(見込み値)
9,106億円9,265億円9377億円9,561億円9,762億円

台湾まぜそば単体での市場データは公表されていませんが、麺類のなかでも注目度の高い台湾まぜそばは、麺類市場全体の割合以上の伸び率が予想されます。

そして、2023年以降も市場規模は拡大する予定です。

さらに、汁なし麺は近年急拡大のデリバリー市場との相性のよさという追い風要因もあります。

デリバリー市場において、汁なし麺は丼ものに次いで2番目の注文率を誇っていることから、「台湾まぜそば禁断のとびら」は、とても魅力的な市場を押さえているといえます。

SNS戦略の巧みさ

「台湾まぜそば禁断のとびら」が集客の部分で特に強く重視しているのが、SNS戦略です。

「ググる」と並んで「タグる」という用語が注目されているように、検索手段としてInstagramの「タグ検索」が使用されています。

特に飲食店・飲食サービスを検索する際には、視覚的な情報の訴求力が高いため、Instagramの利用率が非常に高いです。

「台湾まぜそば禁断のとびら」は、Instagramのフォロワーを1万人以上獲得しています。

さらに、「地域名+料理名」などの集客につながるタグ検索がされた際に上位に表示し、魅力的な画像を見せるノウハウを押さえています。

これらのSNSの効果的な活用により、安定的な集客を期待できます。

初期費用・ランニング費用の安さ

ラーメン店を開業したいと思いながら、開業費用の工面がつかなかったり、運転資金の負担に耐えられる自信がもてなかったりする方は少なくありません。

実際に、ラーメン店を開業する場合には、居抜き店舗であっても開業資金1,500万円以上の初期費用を必要とするブランドが大半です。

本部の資料によると「台湾まぜそば禁断のとびら」の場合、イニシャルコストの概算は590万円~です。
7~15坪の省スペースでの開業が可能であるため、高額な初期費用をかける必要がありません。

また、飲食店経営において重要な要因となる店舗賃料も安く抑えられるため、ランニングコストもラーメン店の相場よりも安いという特徴があります。

品質面での裏付け

「台湾まぜそば禁断のとびら」のメニューは、台湾まぜそばの名店「麺屋こころ」で修行した若大将によって開発されたメニューです。

人気メニューは競合が多く現れるからこそ、リピート獲得のためには質の高さが求められます。

「台湾まぜそば禁断のとびら」は、長期的に安定的な売上を期待する方におすすめです。

台湾まぜそば 禁断のとびらフランチャイズの弱みはあるのか?

弱み

フランチャイズ加盟を検討する際には、強みと弱みとをバランスよくチェックすることも重要です。

この章では、「台湾まぜそば禁断のとびら」フランチャイズの弱みとなり得る部分を解説します。

フランチャイズ加盟のうまみが不透明

「台湾まぜそば禁断のとびら」の加盟において大きなデメリットとなりうるポイントが、レシピや食材の提供以外のフランチャイズ加盟のうまみの有無です。

一般的にフランチャイズ加盟をする場合には、本部からメニュー以外にノウハウの提供や看板の使用許可を受けます。
また、本部による研修やSVによる運営サポートなどの経営やオペレーションのサポートが設けられているケースも少なくありません。

ただし、「台湾まぜそば禁断のとびら」の場合には以下の懸念点があります。

  • 創業からの年月が浅く、どの程度のサポートを受けられるのかが不透明
  • 本部の体制からSVなどによる細やかな運営サポートの体制が整っていない状況

したがって、経営の不安やオペレーションのサポートを受けることを期待してフランチャイズ加盟店を探している方にとっては、あまりフランチャイズ加盟のメリットを実感できない可能性があります。

特に、新たに独立して開業を検討している方や、飲食店経営の実績の乏しい方は、開業後のサポート体制について事前に詳しく確認しておくことが重要です。
そして、不安がしっかりと解消されてから加盟を検討するとよいでしょう。

反健康志向

台湾まぜそばは、健康志向の食品であるとはいえません。
むしろ、油分や塩分が多いことから、健康志向とは真逆のジャンクフードメニューとして見なされます。

また、「台湾まぜそばの味は好きだけど、おなかを壊してしまう」といった意見も散見されます。

理由はいくつか考えられますが、なかでも大きな理由は脂質の多さによる消化不良です。

必ずしも全ての人が健康的な食品を好むというわけではありませんが、健康的な食事の方が望ましいとされていることは紛れもない事実です。

「台湾まぜそば禁断のとびら」は、健康志向に反するという点では、健康志向を好む方にマッチする商品ではない可能性があるといえるでしょう。

また、健康志向に関するトピックからは若干ずれますが、台湾まぜそばはガーリックをたくさんトッピングすることでおいしさが増す商品でもあります。

一方で、ガーリックは多量に摂取すると体に負担を生じさせるケースがあることや、においの問題があることなど、必ずしもよいことばかりではありません。

上記をふまえて、利用者が敬遠しないように対策を考えることも必要です。

台湾まぜそば 禁断のとびらフランチャイズユーザーの評判・クチコミ

ユーザー口コミ

台湾まぜそば 禁断のとびらは、SNS上でも少しずつ口コミが広がっています。

この章では、一般の消費者がどのような感想や印象を抱いているのかを解説します。

健康的なイメージに反する台湾まぜそば 禁断のとびらの台湾まぜそばは、繰り返し食べたくなる魅力があるようです。
また、酢を追加した味の変化や麺を食べ終わった後の追い飯など、バリエーションの楽しめる食べ方も魅力があります。

台湾まぜそば 禁断のとびらは、ファンのリピート率の高い商品です。

台湾まぜそば 禁断のとびらは、ほかの台湾まぜそば店舗と比較してもトッピングメニューの幅の広いメニューです。
ワンメニューですが、利用者の飽きが来ない工夫もされています。

台湾まぜそば 禁断のとびらフランチャイズの将来性

台湾まぜそば 禁断のとびらフランチャイズは、1店舗あたりのリスクが比較的小さいフランチャイズブランドです。

開業資金が安く抑えられるだけでなく、ランニングコストに対して収益性が高いため早期に初期費用を回収できる可能性が高いでしょう。

また、台湾まぜそばは、市場でニーズの高い商材であるラーメンの一種であることや、デリバリーでのニーズの高い商材であることから、十分な市場を期待できる部分があります。

運営母体の株式会社 Rai&Coの経験が少ないことを差し引いても大きな失敗のリスクは低いといえるでしょう。

台湾まぜそばの商品の特徴を考えると、主なターゲットになるのは20代から40代の男性です。
健康志向の高い女性・脂質の摂取を控えたいシニア層や子どもなどに対しては訴求しづらい傾向が考えられます。

株式会社 Rai&Coでは、Instagramによる集客の仕組みに強みをもっているため、集客手法でリーチできる顧客層と商品との相性についても考えた方がよいでしょう。

そして、加盟店各店が失敗のリスクを低減するために重要なことは立地の選び方です。

デリバリーをメインとして出店することから、一等地を選ぶ必要性はないものの、地域の住民のバランスによっては、集客に失敗する可能性があります。

逆にいえば、場所選びを間違えなければ2店舗目・3店舗目の多店舗展開もしやすいブランドといえるのではないでしょうか?

スタッフ一人ひとりの調理技術に依存する形態でもないため、多店舗展開を見越して1店舗目の契約を検討するのも効果的な戦略といえるでしょう。

まとめ

台湾まぜそばは、東海エリアを中心に注目度の高まっている汁なし麺の一種です。しっかりとした濃い味付けとがっつりとしたボリュームから、主に男性の利用客から支持されています。

台湾まぜそばを提供する飲食店が増加しているなかで、「台湾まぜそば 禁断のとびらフランチャイズ」は台湾まぜそばの主流ともいえるブランドです。

なぜなら、台湾まぜそば発祥の「麺屋はなび」や人気店である「麺屋こころ」と関連性の強い店舗であるためです。

そして、台湾まぜそば 禁断のとびらフランチャイズでは初期費用590万円からフランチャイズ加盟して開業することができます。
ラーメン店の開業資金としてはリーズナブルな価格での展開です。

台湾まぜそば 禁断のとびらフランチャイズに興味のある方は、まず無料での説明会参加から検討を進められてみてはいかがでしょうか?

運営者の株式会社 Rai&Coはフランチャイザーとしての経験値が浅いため、説明会などで直接詳しい情報を得ることが重要です。

シェアする
  • URLをコピーしました!
もくじ
閉じる