フードフランチャイズの口コミ・評判まとめサイト

明治の宅配FCのクチコミや評判|運営会社の株式会社 明治とは?

乳製品大手の明治乳業では、乳飲料の宅配サービスを全国的に展開しています。
そして、フランチャイズとして加盟すれば、配達店として明治の商品を会社や個人に宅配できます。

一般消費者の健康志向が高まる中で、乳製品が健康に良いというイメージは古くから浸透しています。

中でも明治は国内トップブランドであり、商品の認知度も高いです。

しかし、食品宅配の経験をもたない方にとっては、明治の宅配フランチャイズがどのような仕組みなのかをイメージしづらいことでしょう。

この記事は、以下の情報を中心に解説します。

  • 明治の宅配のからの基本情報
  • 明治の宅配の強みや特徴
  • 加盟者からのクチコミや評判
もくじ

明治の宅配の基本情報

引用元:https://www.meiji.co.jp/takuhaimeiji/owner/
店舗名明治の宅配
運営会社株式会社 明治
店舗数約3,000店
創業1917年12月21日
資本金336億4千万円
従業員数10,725人
本社〒104-8306 東京都中央区京橋二丁目2番1号

早速、明治の宅配を運営する株式会社明治についてご紹介します。

株式会社 明治とは?

株式会社明治は、お菓子・飲料・健康食品などの分野で、日本を代表するメーカーです。
そして、明治は宅配事業も運営しています。お届けしているのは、以下の商品です。

  • 乳飲料
  • 発酵食品(ヨーグルトなど)
  • 健康性飲料(野菜ジュース・黒酢・豆乳など)

契約者に対して、月額制で決まった曜日に契約商品をお届けするサービスです。

健康志向の高まりなどを背景に宅配事業は、注目度が高まっている市場です。
国内のヨーグルト市場の約4割を占める明治においても、宅配事業の強化を宣言しています。

明治の宅配フランチャイズの特徴や強み

強み

明治の宅配にフランチャイズ加盟店として契約する場合は、どのようなメリットを得られるのでしょうか?

特徴や事業の強みを理解することにより、理解は鮮明になるでしょう。

この章では、明治宅配フランチャイズの4つのメリットを解説します。

営業の成果が収入につながる

明治の宅配は、営業活動が収益に直結しやすい事業モデルです。

宅配事業では、単純に契約者が増えれば増えるほど、利益が多く得られる事業モデルです。

多くの飲食関連事業では、収益は集客の成否に左右されます。
具体的には、立地と広告が大きな要因になります。

宅配の場合は、個人宅やオフィスに直接営業をかけることが可能です。
そして、いったん契約してもらえれば、解約されるまでサービスを継続してもらえます。

どちらの事業モデルが良いとは一概には言えません。

しかし、営業の成果でどんどん顧客を獲得したいとの考えをもつ方にとっては、モチベーションを高めやすい事業モデルです。

在庫ロスのリスクがない

明治の宅配は、月間契約なので在庫リスクがほとんどありません。
あらかじめ必要な発注数量が明確であるためです。

そして、仕入れ値と販売額との差額がそのまま加盟店の収益になります。

取り扱う食品によって前後しますが、飲食業界の在庫ロス率の平均は3%程度です。
飲食事業の原価率を考えると、ロス率は決して軽視できない問題です。

食品ロスは、原価の上昇要因であるだけでなく、ゴミの増加という環境問題でもあります。
明治の宅配は、ロスを防ぐ合理的な販売形式をとっています。

社会的意義を感じられる

明治の宅配は、高齢社会や地方の過疎化などの社会問題をクリアするビジネスモデルでもあります。

担当ドライバーが、時にはコミュニケーションを取りながら個人宅を訪問するためです。

利用者の中には、交通の便の悪さや体調不良等により気軽にスーパーマーケットに行けない方もいます。

あるいは、担当ドライバーとの一言二言の会話を楽しみにしている方もいます。
つまり、明治の宅配の意味は単に乳製品をご家庭にお届けするだけのサービスではありません。

利用者の方々の安心や楽しみを提供するサービスであるともいえます。

月間契約なので利益が安定している

明治の宅配の契約は、すべて月間での契約です。
いわば、サブスクリプションモデルです。

一般的に飲食店や小売業と異なり、明治の宅配は前月の段階でおおよその売上予測ができます。

売上の予測が立てやすく、比較的安定しているという点は、以下のメリットにもつながります。

  • 必要最小限の人員で対応できる
  • 広告費・販管費などの管理がしやすい
  • 翌月の売上についての大きな不安を感じずに事業運営できる

上記を踏まえて、いかに多くの契約者を獲得するかが明治の宅配のポイントになります。

明治の宅配フランチャイズの弱みはあるのか?

弱み

明治の宅配は、時代や社会ニーズにマッチしたビジネスですが、弱みやリスクはあるのでしょうか?

基本的にどのようなビジネスモデルでも、誰がやってもうまくいくものはめったにありません。

リスクを理解して、クリアできそうか否かを加入判断のポイントにしていただくと、失敗リスクを大きく軽減できます。

地道な営業が欠かせない

明治の宅配の顧客獲得方法は、大きく分けて以下の2つです。

  1. 管轄エリアのお客様が本部のWebサイトなどで申し込みをしたケース
  2. 個人宅に直接訪問し、契約を受注するケース

そして、明治の宅配で収益を増やすには、営業での受注をいかに増やせるかが重要です。

その集客方法は、基本的には個別にご家庭や企業を訪問して、契約を受注する方法です。

個人相手の飛び込み営業やテレアポなどの経験がある方にとっては、新規獲得のための営業が大きな負担になることはないかもしれません。

もしくは、営業力のある社員を雇用したり、人脈を活かしたりして顧客を増やしたりするなどの方法もあります。

いずれにせよ、顧客獲得のための積極的な姿勢は不可欠です。

明治の宅配の平均単価は4,000円前後です。
これらから原価や人件費などを差し引いて手元に利益を残せるだけの顧客数の獲得に努めましょう。

継続してもらうための付加価値が重要

顧客の維持も重要な問題です。
どのタイミングであっても解約できるため、獲得した顧客をいかに維持できるかという点も重要です。

解約リスクを考える際、そもそも明治の宅配が「ぜいたく品」にあたることを考える必要があります。

  • 値段を単純比較すると、宅配よりもスーパーで乳製品を購入した方が安い
  • 健康面への効果を実証するのが難しい

「健康によい」「おいしい」「コミュニケーションが楽しみ」などさまざまなプラスの要因があっても、些細なことで解約されるリスクはあります。

<考えられる解約要因>

  • 契約者ご自身の収入が減ってしまった
  • 担当ドライバーが変わった
  • 家族の反対にあった

付加価値をわかりやすく説明したり提供したりして、解約の割合を少しでも下げることが利益の維持につながります。

例えば、宅配の商品は「市販では手に入らない商品が手に入る」「健康への効果が高い」などのメリットをうたっています。

これらをいかに魅力的にお客様に対してお伝えできるか否かが大きなカギとなるでしょう。

乳製品に対して懐疑的な消費者もいる

健康食品全般にいえることですが、乳製品が本当に健康によい影響を与えるのかどうかは、はっきりしていません。

健康にポジティブな影響を与えるデータがある反面、デメリットになりうる要因も示されています。

あるいは、ヨーグルトなどの場合、「糖分が多く含まれているため、デメリットの方が大きい」といった指摘もあります。

現状は「乳製品=健康に良い」というイメージの方が優勢です。
しかし、マスメディアの報道や科学的なエビデンスの発表などによって、イメージが覆るリスクがあります。

長期にわたり「健康に良い」とのイメージが定着している乳製品は、急激にイメージが逆転することはないでしょう。

とはいえ、長期的な事業の運営を考えた場合には、リスクとして頭の片隅に入れておきましょう。

また、少数派とはいえすでに乳製品に対して懐疑的なイメージをもつ方もいらっしゃるので、そのような方々にどのように商品をオススメするかをイメージすることも重要です。

明治の宅配FC加盟者の評判・クチコミ

加盟者口コミ

明治の宅配のフランチャイズ加盟を具体的に考える際に、参考になるのは既に加入されている方の口コミです。

実際の加入者の方々の口コミを見ながら、明治の宅配の特徴や傾向をチェックしましょう。

「うちの場合、都市部などとは違って点在する集落が宅配エリアだから大変なんです」
「そうですね、特別なことはしていないと思うんですが、当たり前のことを当たり前にやるだけではだめで、当たり前のことを進化させることを意識させています」 

引用元:https://www.meiji.co.jp/takuhaimeiji/area/area16-1.html

宅配エリアが都心にあるとは限りません。むしろ、地方で開業されるケースの方が多いでしょう。

地方で地域密着店として営業をおこなうには、その土地に適したやり方を実践する必要があります。

「明治宅配アカデミーへの参加で、私にとって大きな転機になりました」

引用元:https://www.meiji.co.jp/takuhaimeiji/area/area07-2.html

明治の宅配には、全国の販売店同士で組織する明乳会全国連合会という団体があります。

明乳会全国連合会は、特約店のノウハウや経営手法などをフランチャイズ加盟店同士で学び合うための組織です。

販売の技術や知識に不安を感じてるオーナーの方であっても、アカデミーに参加することで、躍進のきっかけになることがあります。

いくつかの口コミを見ていると、明治の宅配のオーナーは、二代目・三代目として事業を継承して、より発展させているオーナーが多いという特徴もあります。
新規でオーナー加入する場合には、加入直後の集客手法をどのようにするかもキーポイントの一つになるでしょう。

明治の宅配フランチャイズユーザーの評判・クチコミ

ユーザー口コミ

明治の宅配に対して、消費者がどのような印象をもっているのかをチェックすることも、フランチャイズ加入検討の大きな判断材料になります。

この章では、インターネット上の口コミをご紹介します。

乳飲料は、スーパーマーケットやコンビニなどで手軽に手に入ります。

しかし、瓶入りの乳飲料はなかなか手に入りません。ペットボトルや紙容器が瓶に変化すると、おいしさがアップするとの声が多く聞かれます。

明治の宅配の営業に関する口コミも多数あります。
「明治」の看板もあって、ネガティブな印象はそれほど多くありません。

明治の宅配では、人と人とのコミュニケーションを重視している顧客が多いです。

したがって、営業担当者だけでなくドライバーの一人ひとりがお客様に対して心のこもった対応を取ることが重要です。

全体的に、地域に密着して、良好な関係性を築いている方々が多くみられました。

明治の宅配フランチャイズの将来性

明治の宅配フランチャイズの将来性について、考えてみましょう。

母体が明治であることと、社会的ニーズが高い健康食品であることから、市場規模が大きく縮小してしまうことはないでしょう。
むしろ、事業としては非常に堅調に推移する可能性が高いです。

引用元:https://www.kenko-media.com/health_idst/archives/8020

以上をふまえて、あえて懸念点をあげるなら、健康食品の市場の伸び率にやや陰りが見え始めていることです。

日本の総人口が減少していることや、健康食品市場でさまざまなサプリメントや食品が販売されている中で、いかに新規顧客を取り込めるかが成功のカギになります。

明治の製品は、高齢者以外にもニーズが期待できることや、食品としておいしい商品であることから、アプローチの手法を工夫することも重要です。

引用元:https://www.makeshop.jp/main/know-how/knowledge/ec-site-ranking.html

さらに、アマゾンや楽天などのECサイトの市場が伸びていることもリスクの一つです。
これらのサイトを利用すれば、注文した翌日には注文した商品が到着します。

もちろん、乳飲料や健康食品の品ぞろえも豊富です。
現状、明治の宅配がECサイトに勝っているポイントは、以下の点です。

  • 注文の手軽さ
    インターネットやスマホが利用できない世代の方々でも気軽に注文できる
  • 商品力
    市販されていない商品を購入できる
  • 対面でのコミュニケーション

ECサイトが力をつければつけるほど、これらのメリットを明確に押し出していくことの重要性が増すでしょう。

最後に、乳製品だけでは顧客あたりの収益性が高まりにくい問題があります。
また、利用者目線で考えたとき、宅配で飲料が届いたとしても食品や日用品購入の手間は軽減されません。

現状、明治の宅配の一部フランチャイズ加盟店では、ワタミの宅食と協業し、互いの商品をそれぞれの顧客に提案する手法を取っています。

このような売り方の工夫も今後必要とされるのではないでしょうか。

まとめ

明治の宅配は、乳製品をご家庭にお届けするサービスです。

乳飲料の宅配は、昭和の中ごろに入院量の宅配はかなり主流化したものの、その後スーパーマーケットの台頭などによりしばらくは売上が低迷していました。
しかし、近年売上が成長しています。

健康志向の高まりや地域の過疎化問題など、社会のニーズに再び入院量の宅配事業がマッチするようになったためです。

明治の宅配に関して、より詳しい情報を知りたい方は、説明会への参加がオススメです。

本部の担当の方から詳しい説明を受けられることに加え、不明な点をその場で質問できます。

ぜひ、興味のある方は説明会に参加してください。

シェアする
  • URLをコピーしました!
もくじ
閉じる