フードフランチャイズの口コミ・評判まとめサイト

街角カフェFCのクチコミや評判|運営会社のスリーアローズ株式会社とは?

低資金での独立開業を目指す方のなかには、移動車販売での開業を目指している方も少なくないのではないでしょうか?

移動車販売は、店舗型のビジネスと比較をすると取得費用や維持費を大きく軽減できるため、資金が限られる方でも開業しやすいという特徴があります。

街角カフェは、移動車販売の中でも特に費用を抑えて開業できるプランを提供しているフランチャイズ本部です。その最大の理由は、街角カフェが独立開業支援を応援しているスタンスをとっているためです。

この記事では、街角カフェでのクレープ販売に興味をおもちの方に対して以下の点をご紹介します。

  • 街角カフェの概要
  • 街角カフェの特徴・傾向
  • 街角カフェの加盟オーナーのクチコミ

飲食に特化した独立・開業メディア
Food's Route(フーズルート)掲載中

人気フランチャイズランキング

順位会社名/ブランド名リンク特徴

株式会社ミールソリューション

Aloha Poke Tokyo

Uber Eats平均評価4.7の実績!
各メディアでも話題のバーチャルレストランFC!低投資・低リスク・高収益化を実現!最短2週間で開始可能☆

株式会社結

+VR(プラスブイアール)

実績のあるノウハウによってデリバリーでしっかり収益・売上アップが目指せる!

株式会社バーチャルレストラン

デリバリープラン

【ブランド利用無制限】「50種類以上」のブランド導入し放題!原価率25%以下・カンタン調理!高収益バーチャルレストラン

株式会社X Kitchen

梨泰院スープ

空き時間を利用して売上アップ!人気の韓国ワッフルのデリバリー専門店.※UberEatsのエリア内で既存店舗(営業許可)をお持ちの方が導入可能

株式会社グッドフードデザイン

サラダボウル専門店 GRIT TODAY 

【年商3,000万円】【リピート率65%以上】テイクアウト・デリバリー専門のブランドシェアリング型FC
年間2万食も売れている人気のサラダボウル専門店!
もくじ

街角カフェの基本情報

引用元;http://machikadocafe.com/
店舗名街角カフェ(オリジナル)
運営会社スリーアローズ株式会社
店舗数非公開(23店舗以上)
創業2008年2月
設立2012年5月
資本金300万円
本社〒600-8815京都府京都市下京区中堂寺粟田町93

 街角カフェを運営するスリーアローズ株式会社の概要をご紹介します。

スリーアローズ株式会社とは?

スリーアローズ株式会社は、クレープとコーヒーを中心とした移動車販売をフランチャイズ展開している事業者です。

「街角カフェ」というブランド名がありますが、店舗名や車両のタイプなどは各加盟店が自由に決められるという、自由度の高いフランチャイズ契約を展開しています。

スリーアローズ株式会社の開業は2012年ですが、移動車販売の事業をスタートされたのは2008年のことです。

その後、個人加盟店を中心に着実に加盟店舗を増やしており、現在もフランチャイズ加盟店を募集しています。

街角カフェフランチャイズの特徴や強み

強み

クレープやカフェの移動販売で成功するためには、継続的に収益が上がる体制を整えなくてはなりません。
そして、そのためにはブランドのもつ強みを理解し、最大限に生かす必要があります。

この章では街角カフェならではの強みをご紹介します。

好みや用途にあわせてオリジナル車両を選べる

引用元:http://machikadocafe.com/

街角カフェの最大の特徴は、オリジナル車両を選べることです。

車両のベースとなるのは、以下の4つのタイプです。

ノーマルクラシック 145万円~
軽自動車 240万円~
軽トラック 350万円~
トラック 480万円

さらに、店舗のイメージや商品ラインナップなどにあわせて内外装の塗装やデザインなどを決定できます。

どのような装備をするかによって費用は異なりますが、スリーアローズ株式会社担当者の方が経験や専門知識を生かして相談に乗ってくれます。

車両のデザインだけではなく店舗名称や取りそろえる商品についても加盟者様の自由です。
したがって、飲食店運営に憧れを持っていた方は、もともと思い描いていたイメージの店舗を開業できます。

低価格・少人数での開業が可能

街角カフェは、初期費用300万円程度~加入できる料金プランです。

加盟金 0円
保証金 0円
研修費 30万円
車両代 145万円~
内外装費・調理備品 100万円~
広告・初期仕入れ費用など 25万円~

ほかの移動販売フランチャイズと比較をしても、非常に初期費用の安い事業モデルです。

運営費用についてはロイヤリティー0円なので、売り上げの大部分がご自身の収入になります。

また、移動販売は加盟オーナー1人もしくは夫婦2人でもスタートできるプランです。

したがって、まずは小規模で事業をスタートしてみたいと考える方にとって、理想的なプランといえるでしょう。

このとき、販売車両の保健所への申請や政府系公庫への融資の相談などの知識がない方は、本部に相談できます。

知識・ノウハウに自信のない方でも、順調に事業をスタートできます。

十分なサポートが受けられる

ロイヤリティー0円のフランチャイズ本部に対して懸念されるポイントが、本部としてのサポートが得られるのか否かという点です。

しかし、結論としては街角カフェはサポートも充実しています。

街角カフェに加盟した場合に受けられる主なサポート内容をご紹介します。

  • 車両の選定
    内外装に関するアドバイスや保健所への営業許可取得代行を含む
  • 出店場所・時間・販売方法に関するアドバイス
  • 出店場所の紹介
    ショッピングセンター内などの優良スペース
  • 食材の提供
    クレープ粉・生クリーム・各種ドリンク・資材などをオンラインで注文可能
  • そのほか、フランチャイズ運営に関する相談
    ホームページ制作や法人設立の相談など

特に、移動車販売を成功させるためには出店場所や時間に関する選び方がとても重要です。

街角カフェには、2008年以来の長年の実績があるので、具体的かつリアリティーのあるアドバイスが受けられるでしょう。

商品のバリエーションが広い

街角カフェは、クレープとドリンクをメイン商品とはしているものの、加盟店オーナー様次第でメニューの幅を広げることも可能です。

  • オリジナル商品の展開が可能
  • 卸商品のなかに、お好み焼き・ケバブ・丼メニューなどの食事メニューもある

街角かフェの食事メニューを提供する場合には技術習得のための研修が必須条件となっています。

いずれにせよ、オーナー様の考え方次第で幅広い商品を提供できる条件がそろっていることは確かです。その結果、クレープに依存しない戦略を立てられます。

街角カフェフランチャイズの弱みはあるのか?

弱み

街角カフェは、初期コスト・運用コストの負担が少なく、オーナーからの支援も充実しているため、加盟オーナーにとってリスクのないフランチャイズ店であると思われるかもしれません。

しかし、街角カフェにも弱み・弱点と思われる点はあります。

この章では、街角カフェの弱みと思われる点を3点ご紹介します。

車両の見極めが必要

街角カフェに加盟する場合には、フランチャイズ契約と車両の選定がセットになっています。

このときに注意しなくてはならないのは、車両の相場と購入価格が相場価格からかけ離れていないかという点です。

もちろん、デザインの相談やさまざまなサポートが受けられる点をふまえれば、若干相場よりも価格が高くなったとしてもそれ自体は大きな問題ではありません。

重要であることは、街角カフェからの提示されている価格に納得感があるか否かという点です。

キッチンカーの費用を左右する要因は少なくありません。

  • 車種
  • 新車or中古車(年式/型式/走行距離など)
  • 内外装の内容

費用が妥当であるか否かを確認するためには、上記の情報を確認したうえで、一般的な相場と比較検討するとよいでしょう。

高単価メニューの工夫が必要

一般的に、クレープやドリンクのみの販売で十分に利益を得るのは難しい傾向があります。

特に街角カフェの場合、比較的低価格帯のブランド(店舗によって料金は異なりますがクレープ400円程度~、コーヒー250円程度~)であるため、顧客単価を上げる商品群の販売が必要です。

理想の目安は、平均顧客単価500円以上です。
そのためには、ランチタイムに丼メニューを提供したり、ドリンクにあわせてデザートを提供するなどの工夫が必要です。

店舗型のクレープ店の場合には、キャンペーンにより割引きデーを設定して、顧客単価の高い商品の認知を広める方法もあります。

移動車販売の場合売り場が移動してしまい、リピート利用につなげにくくなるため、単価が高めの商品の商品力や評判が重要になります。

加盟店オーナーは、メニューの幅を広げると同時に、一つひとつの調理の質を高める努力も必要でしょう。

看板名のメリットを生かしづらい

 街角カフェ加盟店は、看板名を自由に決定できます。

個人店のように、自分独自の店舗をもつという点では看板名称が自由に決定できる点は大きなメリットですが、フランチャイズのメリットという観点ではデメリットになることもあります。

 現実の問題として、既存店の多くが「街角カフェ」ではなくそれぞれオリジナルの名称を使って営業をしています。

したがって、このあと加盟するオーナー様がどのような名前をつけたとしても、ブランディングの面では1からのスタートになります。

街角カフェFC加盟者の評判・クチコミ

加盟者口コミ

 街角カフェにフランチャイズ加盟している方々のクチコミは、これからオーナーを目指す方にとって大いに参考になるでしょう。

今は自分のペースに合わせてスケジュールを立てて出店しています。それが可能なところも移動販売の魅力かなって思います。

引用元:http://machikadocafe.com/

看板名称や取扱商品だけでなく、さまざまな面で高い自由度となっているようです。
状況に合わせて運営できる点は、長期的に続けるにも役立ちます。

固定の店舗をイメージしていたので、実際に自分のお店を持つのは夢のまた夢かなと半分あきらめていたところもありました。
インターネットで移動販売を知ったときは「これだ!」と自分のお店が急に手が届くところに現れた感じでそこからは開業まではあっという間だった気がします

引用元:http://machikadocafe.com/

デザインや商品のラインナップを自由に選べるため、理想の店舗をもちたいと考えている方にとっても理想的なポイントです。

上記のように街角カフェの利点をうまく活用して店舗運営をされている方が多いようです。

街角カフェフランチャイズユーザーの評判・クチコミ

ユーザー口コミ

街角カフェの一般ユーザーのクチコミも気になる方が多いのではないでしょうか?

移動販売に関しては、インターネット上のクチコミによって売り上げが大きく左右されにくい面はありますが、商品や店舗の評判を知るためのバロメーターになります。

街角カフェのラインナップに関するクチコミも多くありました。
店舗によっては、丼メニューなどしっかり食事のできるメニューを提供しているところもあります。

街角カフェ加盟店についてのクチコミです。看板メニューであるクレープに関しても、「おいしい」との評判が多数ありました。

こちらの街角カフェ加盟店は、オーナー様自身の人柄や移動販売車のデザインなどが評判になっています。

人柄はともかく、移動販売車のデザインによって注目を集められるのは、街角カフェならではのメリットといえるでしょう。

ブランド名称が統一されていない分、個々の店舗に関するクチコミ数はそれほど多くありませんが、多くの高評価が投稿されています。

街角カフェフランチャイズの将来性

街角カフェフランチャイズのビジネスモデルは、少ない資金で比較的手堅く収益を上げられるプランです。

コストとしてかかるのは、原材料費・人件費・出店料・ガソリン代などです。
顧客単価は決して高くないため、重要とされるのはいかに効率よく多くの顧客に商品を提供できるかという点になるでしょう。

ポジティブな見方をすれば、開業にかかる費用が安く、毎月かかるコストも安いため基本的には失敗しづらいビジネスです。

既存オーナーの収益モデル
収益約55万円(売り上げ約90万円/支出約35万円)
※あくまで既存オーナーの実績によるモデルケースです。


ただし、失敗しづらいモデルではあるものの、大きく利益を上げるのが難しいモデルでもあります。

トレンドを起こすような商品というよりは、すでに人気のある商品を手堅く販売するというモデルなので、ブランドが爆発的にヒットすることも考えにくいです。

したがって、「大きく稼ぎたい」と考えている方にとってはあまり魅力的なブランドとはいえないでしょう。

個々の加盟店・ブランド全体について同様のことがいえますが、手堅さの代わりにハイリターンは期待しづらいブランドです。

まとめ

街角カフェは、全国に展開する移動販売ブランドです。
主力商品は、クレープとカフェですが、そのほかさまざまな商品ラインナップがあります。

移動販売自体の仕組み自体はそれほど目新しいものではありませんが、街角カフェの最大の特徴は車両のデザインや看板名を加盟店オーナーが自由に決められる点です。

もちろん、決定の際に本部のアドバイスを受けたり、相談をすることは可能です。

したがって、手元に資金はないもののご自身の店舗を持ちたい方に注目をされているブランドです。

1人でも手軽にはじめられるビジネスなので、もし興味のある方は説明会から参加されてみてはいかがでしょうか?

シェアする
  • URLをコピーしました!
もくじ
閉じる