フードフランチャイズの口コミ・評判まとめサイト

配食のふれ愛・まごころ弁当FCのクチコミや評判|運営会社の株式会社シルバーライフとは?

飲食大手のワタミフードサービスが全国的に配食サービスを展開していることからもわかるように、高齢者向けの配食サービスは近年注目度が高まっています。

高齢者が健康的でおいしい食事を食べられるようにサポートする業種は、ビジネスとして注目されているだけでなく社会的意義も非常に大きいです。

そして、高齢者向けサービス「配食のふれ愛」と「まごころ弁当」を全国に展開し、業界をリードしている企業が株式会社シルバーライフです。

株式会社シルバーライフは業界内での地位を確固たる物にするために、拡大戦略を掲げています。

この記事では、「配食のふれ愛」と「まごころ弁当」に興味をおもちの方のために、以下の内容をご紹介します。

  • 配食のふれ愛、まごころ弁当の概要
  • 配食のふれ愛、まごころ弁当の特徴・強み
  • 配食のふれ愛、まごころ弁当加入オーナーのクチコミ・評判

飲食に特化した独立・開業メディア
Food's Route(フーズルート)掲載中

人気フランチャイズランキング

順位会社名/ブランド名リンク特徴

株式会社ミールソリューション

Aloha Poke Tokyo

Uber Eats平均評価4.7の実績!
各メディアでも話題のバーチャルレストランFC!低投資・低リスク・高収益化を実現!最短2週間で開始可能☆

株式会社結

+VR(プラスブイアール)

実績のあるノウハウによってデリバリーでしっかり収益・売上アップが目指せる!

株式会社バーチャルレストラン

デリバリープラン

【ブランド利用無制限】「50種類以上」のブランド導入し放題!原価率25%以下・カンタン調理!高収益バーチャルレストラン

株式会社X Kitchen

梨泰院スープ

空き時間を利用して売上アップ!人気の韓国ワッフルのデリバリー専門店.※UberEatsのエリア内で既存店舗(営業許可)をお持ちの方が導入可能

株式会社グッドフードデザイン

サラダボウル専門店 GRIT TODAY 

【年商3,000万円】【リピート率65%以上】テイクアウト・デリバリー専門のブランドシェアリング型FC
年間2万食も売れている人気のサラダボウル専門店!
もくじ

配食のふれ愛・まごころ弁当の基本情報

引用元:https://www.h-fureai.com/
引用元:https://www.magokoro-bento.com/
スクロールできます
店舗名配食のふれ愛・まごころ弁当
運営会社株式会社シルバーライフ
店舗数900店舗(配食のふれ愛・まごころ弁当合計の店舗数)
設立2007年10月
資本金7億1,600万円
従業員数260名
※2020年7月時点
本社〒160-0023 東京都新宿区西新宿4-32-4ハイネスロフティ2階

 株式会社シルバーライフの概要をご紹介します。

株式会社シルバーライフとは?

株式会社シルバーライフは、2007年創業の高齢者向け配食サービスを展開している企業です。

高齢者向けの食品製造・販売・配達に特化しているものの、業界内最多の店舗数を誇っています。
そして、おもにフランチャイズの仕組みを利用して2021年現在も成長を続けており、今後ますますの規模拡大が期待されています。

株式会社シルバーライフの大きな特徴は、「配食のふれ愛」と「まごころ弁当」との2つのブランドをてがかているという点です。

両者はブランド名は異なりますが、高齢者向けの食品の配送や安否確認など対応しているサービスはまったく同等です。

それでも株式会社シルバーライフが2つのブランドを展開しているのは、顧客側のメニューの選択肢を広げるとともに業界のリーディング企業としてのポジションをより強固にするためです。

現在、どちらのブランドもフランチャイズにより全国的に店舗を増やし続けています。

配食のふれ愛・まごころ弁当フランチャイズの特徴や強み

強み

高齢者向けの配食サービスは、近年多くの競合他社が登場しています。

厳しい競争に勝てるか否かを判断するためには、強みや特徴を明確に理解することが大切です。

この章では、配食のふれ愛・まごころ弁当の特徴や強みをフランチャイズ加盟店の観点からご紹介します。

市場全体が伸びている

引用元:https://www.stat.go.jp/data/topics/topi1211.html

高齢者向けの配食事業は、着実に成長が見込める事業です。試算によると、少なくとも2040年までは市場が成長するといわれています。

高齢者向けの民間の配食事業が伸びている主な要因は以下のとおりです。

  • 人口に占める高齢者の割合増加
  • 高齢者向けの配食サービスの公→民への移行
  • 健康寿命の長期化を図る国の施策
    高齢者が日常的に栄養バランスを考えた食事を取ることがこれまで以上に重要視されます。

上記は、配食のふれ愛・まごころ弁当に限らず民間のサービス事業者全般に当てはまることではありますが、人口の推移やさまざまな状況から長期的に成長が期待される産業であるといえます。

日本国内の高齢者人口予測値

スクロールできます
年次65歳以上の人口国民の人口のうち65歳以上の人口が占める割合
2020年3619万人28.9%
2025年3677万人30.0%
2030年3716万人31.2%
2035年3782万人32.8%
2040年3921万人35.3%
参照:https://www.stat.go.jp/data/topics/topi1211.html

1店舗あたりの売り上げが伸びている

業界全体の成長と同時に重要なことは、1店舗あたりの平均売り上げの伸びです。

高齢者向けの配食サービスは、業界全体が伸びているため店舗数を増やしているブランドが多いです。

しかし、店舗数が増えているとブランド全体としての売り上げが増えるため、1店舗あたりの売り上げが好調なのか否かが見えにくくなります。

さらに、高齢者向け配食業界はコロナ禍による巣ごもり需要のため、大半の店舗が売り上げを増やしているという事情も押さえておかなくてはなりません。

上記をふまえ、株式会社シルバーライフの場合は2016年から2019年にかけて1店舗あたりの平均売り上げが27.3%増えています。

数字の上から、配食のふれ愛とまごころ弁当が非常に力をもったチェーンであることが確認できます。

大量生産による安さの実現

株式会社シルバーライフの運営ブランドが力をつけている大きな理由として、コストカットに成功している点が挙げられます。

株式会社シルバーライフがコストダウンに成功している理由は大きく分けて2点あります。

  • 専用の自社工場で食品を大量生産が可能であり、1食あたり単価が軽減される
  • 低コストでの運営が可能
    宅配なので2等3等立地で出店できる・受注発注制のためロスがほとんど出ない・中古での設備ができる。

高齢者弁当専用の工場を保有している点は、競合他社を大きくリードする強みです。

自社工場での製造により、冷凍ではなくチルドの高品質メニューの製造が可能となっており、コストだけではなく品質面でもよい効果をもたらしています。

本部からの案件紹介が受けられる

シルバーライフ本部は、Webサイト作成にも力を注いでいます。

その結果、配食のふれ愛もしくはまごころ弁当のホームページから毎月多くの新規問い合わせが入っています。

高齢者向けのサービスで、インターネットに力を入れて問い合わせが入ることを不思議に思われる方も居るかもしれません。

実際は、高齢者の家族の方が検索をして申込をしたり、施設のスタッフが宅配サービスを探したりするニーズがあるため、インターネット対策も無視できない要素です。

しかも、インターネット対策は店舗レベルでは対応が困難な部分です。

シルバーライフでのフランチャイズでは、利益を上げるためには地道な営業努力は不可欠です。

加入直後で顧客数が少ないときや、多忙でなかなか営業に時間を割けないときなどは、本部から送客が大きなサポートになるでしょう。

配食のふれ愛・まごころ弁当フランチャイズの弱みはあるのか?

弱み

配食のふれ愛・まごころ弁当にも弱みとして考えられる点があります。

弱みを理解しなければ、加入後にイメージのギャップが生まれる可能性があります。

この章では、株式会社シルバーライフとフランチャイズ契約をする場合のデメリット屋リスクとなり得る部分をご紹介します。

店舗ごとの営業努力が必要

高齢者向けの配食サービスは、ビジネスモデル的にオープン直後から反響を得るのは難しいでしょう。

例えば、ブームのスイーツを扱っている飲食店やラーメン店などの場合はオープン直後はにぎわうのが一般的です。

対して、高齢者向けの配食サービスでは地道に営業活動をおこない、少しずつ顧客を増やしていかなくてはなりません。

価格の安さや商品力の高さという点では、本部のメリットを受けることが可能ですが地域の認知度を高める作業は加盟店の地道な営業活動が要求されます。

具体的には、地域のデイケアセンターや高齢者施設などを訪問して、デイケアマネージャーとのコネクションを深めることが重要です。

加盟店は、一般的に製造と配送の合間に営業活動をします。

限られた人員の中で製造・営業・配送のすべてをおこなわなくてはならないため、営業には効率や粘り強さが要求されます。

株式会社シルバーライフの加盟店の場合は個人宅に直接営業に伺うことはありませんが、それでも営業が苦手な方や未経験の方にとってはストレスが感じられるかもしれません。

安さ以外のアピールポイントが難しい

高齢者向けの配食サービスでは、付加価値や独自性を発揮して単価を高めるのが難しいとされています。

一般的に多くの高齢者にとっての最大のサービスは、単価が安いことだからです。

カロリー制限食や減塩食などのメニューの豊富さや安否確認などのサービスはありますが、これらは必要性があっておこなっているサービスです。

付加価値として単価をアップする要因にはなりません

安い価格であっても収益性があがるように大量精算制度などの営業努力はされているものの、収益性を高めにくい営業モデルであるといえます。

慎重な視点が必要

株式会社シルバーライフは、店舗の拡張路線を推し進める方針です。

店舗数を増やし業界ナンバーワンブランドになることで、消費者からの知名度や信頼性が高まるほか、大量生産によるコストメリットも得られるため、拡大路線自体がリスクであるというわけではありません。

ただし、業界全体としても株式会社シルバーライフとしても着実な成長を続けている状況のため目立ちませんが、規模の急拡大にはリスクもあります。

  • 出店エリアや出店予定のオーナーに対する審査や下調べが甘くなる
  • 急拡大による生産体制の調整に遅れる
  • 同ブランドの近隣店舗と顧客を奪い合う

株式会社シルバーライフ側での体制は整っているとおもいますが、オーナー様ご自身が慎重な目線で判断することも重要です。

気持ちが積極的になりすぎないように注意しましょう。

配食のふれ愛・まごころ弁当FC加盟者の評判・クチコミ

加盟者口コミ

 株式会社シルバーライフの運営する配食のふれ愛とまごころ弁当のフランチャイズ加盟店オーナーのインターネット上のクチコミもチェックしておきましょう。

実際に店舗を運営されている方の意見はとてもリアリティがあるため、加盟を考えている方にとって参考になります。

開業当初は、日に20~30食。でも今は、日に300食強をお届けしています。
食数が一挙に伸びたのは、お弁当の味もさることながら配達する人間とご利用者様の信頼関係がきちんと築けた結果です。

引用元:https://www.magokoro-bento.com/fc/owner/m_saito.html

開業当初は、なかなか売り上げが上がりにくい現状があります。

顧客数を増やすためには、地域のケアマネージャーとの信頼関係構築が不可欠です。

どんなに売り上げが上がっても、食材のロスやガソリン代、人件費がかさんでは経営は成功しないと考えました。
まず、食材のロスを少なくするために、私は発注業務にたっぷり1時間は費やして徹底管理を行っています。

引用元:https://www.magokoro-bento.com/fc/owner/m_shimoda.html

コストの削減を本部任せにするのではなく、店舗での管理を徹底することも重要です。
一人ひとりの顧客の利益率を最大化するためには、細かな部分にこだわる必要があります。

上記のように、株式会社シルバーライフ加盟店の日々の活動は非常に地道なものです。
しかし、その積み重ねをを続けられる加盟店は成功を手にしているようです。

配食のふれ愛・まごころ弁当フランチャイズユーザーの評判・クチコミ

ユーザー口コミ

 続いて、一般消費者のクチコミもあわせて確認しておきましょう。

配食のふれ愛は、基本的にはご自身で食事を作るのが難しくなった高齢者をターゲットとしたサービスです。

フォローできる家族が同居している場合でも、予約するだけで指定した時間に食事が届けられるという利便性が重宝されています。

配食のふれ愛は、1食単位で注文できるサービスです。
ケガをしている時や家族のサポートが受けられないときなどにも適したサービスであるといえます。

健康に配慮した味付けや、さまざまな症状への対応食などは、まごころ弁当の非常に高く評価されているポイントです。

日々の生活や健康に直結するサービスなので、全体的に感謝の思いを伝えるクチコミが多く見られました。

配食のふれ愛フランチャイズの将来性

配食のふれ愛とまごころ弁当は、伸びている高齢者向けの配食サービスという伸びている業態の中で店舗数1位という地位を築いています。したがって、基本的には堅調といえるでしょう。

ただし、高齢者向けに食事を届けるサービスは、あきらかに市場性が大きいため株式会社シルバーライフよりも事業規模が大きく知名度が高い企業が参入してきた場合には、優位性が失われる可能性があります。

また、物流の制度・仕組みが高速で整備されている状況下であることももしかすると脅威の要因となるかもしれません。

例えば、テクノロジーの進化などによりAmazonやUber EATSなどの事業者が高齢者向け食品を当日配送できるようになる可能性は十分にあります。

そのときに、価格面やサービス面で優位性を保てるか否かは市場のトップを確かな物にするための課題といえるでしょう。

業界が現状以上に大きくなることが明確であるがため、いかに業界内での地位を維持・確立できるかが大きなポイントです。

まとめ

配食のふれ愛とまごころ弁当は高齢者向けの配食サービス事業者です。

高齢者向けの配食サービスは長年継続して市場が拡大しており、今後も2040年まで国内市場が拡大すると予測されています。

これらのサービスで利益を上げるためには、地道な営業活動が不可欠が、地道な活動さえすれば報われる可能性が高いビジネスです。

現在、配食のふれ愛と孫ロコ弁当を運営する株式会社シルバーライフは、業務の拡大を目指しています。

フランチャイズ加盟店として加入をしたい方は、説明会に参加してロイヤリティーや加盟金などの具体的な情報について確認しましょう。

シェアする
  • URLをコピーしました!
もくじ
閉じる