フードフランチャイズの口コミ・評判まとめサイト

宅配クック ワン・ツゥ・スリーFCのクチコミや評判|運営会社の株式会社シニアライフクリエイトとは?

長期的に安定したビジネスを検討中の方にとって、宅配クック123へのフランチャイズ加盟が選択肢になるかもしれません。

宅配クック123は株式会社シニアライフクリエイトが1999年から運営している配食サービスブランドです。

「ちょっとおせっかいなお弁当屋さん」と自称しているように、単に食事を届けるだけではなく安否確認や利用者とのコミュニケーションを重視したサービスを提供しています。

高齢者向けの配食サービスは、サービスの登場以来右肩上がりで成長し続けている業界ですが、株式会社シニアライフクリエイトは配食サービス業界の中でも随一の存在感を発揮している企業です。

この記事では、宅配クック123への加盟を検討されている方に、以下の情報を案内いたします。

  • 宅配クック123の概要
  • 宅配クック123の特徴・強み
  • 宅配クック123のオーナーの評判・クチコミ

飲食に特化した独立・開業メディア
Food's Route(フーズルート)掲載中

人気フランチャイズランキング

順位会社名/ブランド名リンク特徴

株式会社ミールソリューション

Aloha Poke Tokyo

Uber Eats平均評価4.7の実績!
各メディアでも話題のバーチャルレストランFC!低投資・低リスク・高収益化を実現!最短2週間で開始可能☆

株式会社結

+VR(プラスブイアール)

実績のあるノウハウによってデリバリーでしっかり収益・売上アップが目指せる!

株式会社バーチャルレストラン

デリバリープラン

【ブランド利用無制限】「50種類以上」のブランド導入し放題!原価率25%以下・カンタン調理!高収益バーチャルレストラン

株式会社X Kitchen

梨泰院スープ

空き時間を利用して売上アップ!人気の韓国ワッフルのデリバリー専門店.※UberEatsのエリア内で既存店舗(営業許可)をお持ちの方が導入可能

株式会社グッドフードデザイン

サラダボウル専門店 GRIT TODAY 

【年商3,000万円】【リピート率65%以上】テイクアウト・デリバリー専門のブランドシェアリング型FC
年間2万食も売れている人気のサラダボウル専門店!
もくじ

宅配クック ワン・ツゥ・スリーの基本情報

引用元:https://takuhaicook123.jp/
スクロールできます
店舗名宅配クック123
運営会社株式会社シニアライフクリエイト
店舗数全国約350店
設立1999年12月
※フランチャイズ店1号店は2000年4月
資本金2億8,000万円
従業員数正社員105名
※2021年2月28日現在
本社〒108-0073 東京都港区三田3丁目12番14号 ニッテン三田ビル6F

 株式会社シニアライフクリエイトの概要を簡単にご紹介します。

株式会社シニアライフクリエイトとは?

宅配クック123を運営する株式会社シニアライフクリエイトは、19999年から事業をスタートしています。

高齢者向けの配食サービスには多くの業者が参入していますが、株式会社シニアライフクリエイトはパイオニアとして業界をけん引し続けている企業の1つです。

創業以来着実に規模を拡大してきた株式会社シニアライフクリエイトは、2012年にコンビニエンスストア大手のファミリーマートの傘下に入りました。

ファミリーマート傘下に入ったことにより、商品のラインナップにファミリーマート取扱商品を加えるなどのサービス拡張を実現し、従来以上にサービスの利便性を向上させています。

現在の加盟店舗数は約350店舗となっており、今後も成長が期待されるブランドです。

宅配クック ワン・ツゥ・スリーフランチャイズの特徴や強み

強み

配食サービスには、さまざまな事業者が参入しています。

多くの競合店が存在するなかで宅配クック123が今後も存在感を発揮していくためには、独自の特徴や強みが重要ポイントになります。

この章では、宅配クック123ならではのフランチャイズオーナー目線での強みとなりうる部分をご紹介します。

サービスの細やかさが業界随一

宅配クック123は、利用者にとってかゆいところに手が届くサービスです。

大半の配食サービスは、利便性のよさやサービスのきめ細かさをうたっていますが、全国展開している配食サービス業者のなかで宅配クック123ほど痒いところに手の届くサービスは他に存在しないのではないでしょうか?

具体例をいくつかご紹介します。

  • 昼食・夕食ともに1食から対応
    他社の場合、1食からの注文は受け付けておらず、週間・月間の継続利用がが条件となっていることが多い。
    あるいは、夕食の1食ごとの注文に対応している業者であっても、昼食のみの1回購入には対応していない場合が多い。
  • メニューが豊富
    通常のお弁当の他、減塩対応・きざみ対応・やわらか対応など、利用者の状況にあった食事メニューを提供できる体制を整えています。さらにはボリューム対応のメニューにも対応している点が大きな特徴です。
  • 安否サービスを実施
    お弁当を利用者にお渡しする際に、健康面もあわせて確認しています。
    また、有料サービスにはなりますが安否サービスのみでの消費者からの利用依頼にも対応しています。
  • 認知症対応
    スタッフに対して講習をおこない、認知症の方への声掛け対応を実施しています。
    みほこさん(認める・褒める・肯定する・賛同する)を実現し、認知症の方が安心してコミュニケーションを取れる体制をとっています。

上記のように、サービスのきめ細かさを徹底することが宅配クック123の独自性となっています。

業界のパイオニア

宅配クック123は、1999年から高齢者向けの配食サービスをスタートしています。

配食サービス黎明期の時期から事業を継続することで、宅配クック123は業界内での信頼と独自のノウハウを積み重ねてきました。

例えば、宅配クック123は警察や自治体からの協力要請を受けて高齢者向けに特殊詐欺等被害防止のリーフレット配布をおこなうなどのサービスにも対応しています。

公共の機関からこのような依頼が入るのは、宅配クック123が業界内で高い信頼性を勝ち取っているためでしょう。

また、消費者やデイケアセンターなどからの認知度も非常に高く、配食サービス契約の際には選択肢に加えられる可能性が高いです。

本部からの充実したサポート

宅配クック123に加盟すると、本部からの充実したサポートを受けられます。

  • 開業前サポート
    加盟サポート・資金相談・市場調査など、開業前の準備を本部が一緒になってサポートします。
    350店舗の実績をもとに、具体的かつ親身なアドバイスを受けられます。
  • オペレーションのサポート
    開業に必要な知識や技術を本部と既存店で開業前研修にて習得できます。

    また、開業後は食材や容器などの運営に必要なものはすべて本部から届けられる仕組みになっており、効率よく日々の作業に集中できます。
  • 営業のサポート
    販促ツールの提供や地域の高齢者向け施設に対する本部からのフォローなど、営業しやすい環境が整えられます。

これらの充実したサポートにより、加盟店は日常業務に集中できます。

宅配クックワン・ツゥ・スリーフランチャイズの弱みはあるのか?

弱み

宅配クック123には、弱みとなる部分はあるのでしょうか?

配食サービスは今後も次々と競合が登場する可能性があるため、弱みを把握したうえでいかにカバーするかが成功のカギとなります。

多彩なサービスに対応しなくてはならない

宅配クック123が目指しているのは、単にお弁当を高齢者のご家庭に届けるだけのサービスではありません。

消費者の希望やニーズにあったサービスを提供したり、1対1でコミュニケーションを取りながら安否確認をおこなったりするなど、付加価値のの部分に独自性を打ち出しています。

そのため、宅配クック123に加盟する際には地域の高齢者の安心を守るというプロ意識が不可欠です。

例えば、訪問時に利用者の様子の異変に察知をしてお声がけをするなどの細やかな気配りがスタッフ一人ひとりに要求されます。

また、基本として1食からの注文受注や朝食・朝食の提供など、競合他社と比較をしてきめ細かなサービスをうたっているため、現場のスタッフにはそれだけの負荷がかかるでしょう。

地域の住民から支持されるためには、加盟店オーナーが、責任者としてスタッフ一人ひとりにそのような指導をできるか否かが、地域で店舗が支持されるか否かが重要視されます。

サービスとプライバシーとの線引きが難しい

同じ対応をしても、親切なサービスとしてとらえられるか不快感を抱かれるかは利用者一人ひとりによって異なります。

例えば、フランクな言葉づかいで接客をするスタッフに対して、「親しみやすくて話しやすい」と感じる方もいれば、「なれなれしくて不快」と感じる方もいるでしょう。

また、チャイムを鳴らしても顧客からの応答がないときに、親切心で敷地内に入って確認をしようとしたところ、不法侵入だととらえられたという場面も想定されます。

高齢者や地域の方々の生活に密着したサービスであるがため、ちょっとしたコミュニケーションの食い違いでトラブルにつながるリスクが生まれます。

予防策としては、本部からのマニュアルを社内に落とし込み、理解を高めることが重要です。

「おせっかい」をアピールポイントにしている宅配クック123であるからこそ、発生しやすいリスクであるといえるでしょう。

人手不足のリスクがある

宅配クック123の事業をおこなうためには、調理経験などの特別なスキルは特に要求されません。

業務内容自体はシンプルにシステム化されているため、作業内容自体はアルバイト・パートスタッフ中心に運用することもできるでしょう。

しかしながら、十分な人手を集められるか否かという課題はあります。

特に注意をしなくてはならないのは、午前中の人員です。

配送される食材の荷下ろしをして昼食に間に合わせるためには、午前8時以前からスタッフに出勤してもらう必要があります。

注文状況によっては7時代からの出勤が必要なケースもあるでしょう。

業界全体としてアルバイト・パートのスタッフをそろえるのはとても大変ですが、早朝での作業対応という条件も加わるとさらに難しいものになるでしょう。

また、高齢者宅への配食を安心して任せられるスタッフをそろえるのも重要なポイントです。

宅配クック ワン・ツゥ・スリーFC加盟者の評判・クチコミ

加盟者口コミ

フランチャイズ加盟希望者が 宅配クック123を深く知る際に役立つのは、加盟者の評判やクチコミを参考にすることです。

この章では、フランチャイズ加盟者の実際の声をご紹介します。

ケアマネジャーをはじめとしたキーパーソンに直接会う回数を増やすことが大事。信頼関係を築くのは簡単なことではありませんが、一度築いてしまえばなかなか壊れないですからね

引用元:https://fc.dai.co.jp/interview/50

宅配クック123で利益の上がる体制を整えるためには、地道な営業活動が不可欠です。
サービス提供においても手渡しでお弁当を届けることを重視している宅配クック123ですが、営業の場面でもコミュニケーションが重要です。

自分が思いを持って事業を展開しているのはもちろんですが、スタッフたちもそれぞれ思いを持って働いてくれています。その思いを集約させることで、私ひとりでは実現できないようなお店作りをしていく必要があると感じています

引用元:https://fc.dai.co.jp/interview/83

宅配クック123は、スタッフ一人ひとりの思いがダイレクトに顧客に伝わりやすいビジネスです。

だからこそ、まずはオーナー自身が思いを強ち、さらに思いの強いスタッフを育成することが重要です。

宅配クック123には、上記のように強い思いを形にするために日々頑張っているオーナーがいます。

宅配クックワン・ツゥ・スリーフランチャイズユーザーの評判・クチコミ

ユーザー口コミ

 宅配クック123についての市場のニーズや意義を確認するためには、一般消費者の評判・口コミも重要です。

この章では、インターネットに投稿されている口コミを3件ご紹介します。

料理の味・価格・スタッフの対応のすべてに満足されています。
複数のサービスを比較されたうえでの感想なので、とても参考になる意見です。

前日18時までに依頼すれば当日に配送してもらえるという利便性が高く評価されています。

宅配クック123では、個人宅に直接営業をすることもありますが、多くが医療施設や高齢者施設からの紹介案件です。

また、インターネット上の評判がよいことも受注につながっているようです。

全体的に、サービスのきめ細かさや豊富なメニューについての感想が多く見られました。

宅配クック ワン・ツゥ・スリーフランチャイズの将来性

引用元:https://www.yano.co.jp/press-release/show/press_id/2748

高齢者向けの配食サービスは、2040年頃まで成長を続けると予想されています。

こうした成長産業のなかでの宅配クックワン123の優位性・独自性は、安否確認や利用者とのコミュニケーションなどの周辺サービスに関して、積極的にかかわりをもつ姿勢を明らかにしていることです。

従って、宅配クック123の理念に共感する消費者からの支持は集めやすいでしょう。

また、安全面やコミュニケーションの重要性をアピールすると同時に、低価格での食品の提供おw実現していることも大きなアドバンテージです。

その一方で、利用者との積極的な関わり合いはトラブル発生のリスク要因にもなりえます。

具体例としては、安否確認などは利用者の異変にスタッフが気がつけなかった場合に責任を問われる可能性があります。

これらのトラブルを防ぐために、まず大切なことはマニュアル・ルールの徹底です。

しかし、現場においては個々の相性や感じ方・とらえ方なども左右するため、マニュアルやルールの徹底だけではカバーできない点もあるでしょう。

最終的には、宅配クック123本部のビジョンや思いをどれだけ加盟店と共有できるかがブランドの命運を左右すると思われます。

やや抽象的にはなりますが、思いを本部と加盟店が共有しあい、地域に貢献するという姿勢を共有する雰囲気・風土が定まっていれば、各店舗の評価もおのずと高まり、宅配クック123全体としても成長し続けられるでしょう。

まとめ

宅配クック123は、利用者の健康と安全をサポートする配食事業者です。

本部が製造する栄養バランスに配慮された多彩なメニューや安全確認などの仕組みと、各加盟店の働きにより高齢者を中心とした多くの方々に必要とされるサービスを実現しています。

高齢者向けの配食ビジネスは今後2040年頃まで成長が見込めるビジネスなので、一度事業が軌道に乗れば将来的に安定して収益を上げられるでしょう。

もし、宅配クック123の理念に共感し、加盟店として事業に参加してみたいと思われた方は、ぜひフランチャイズ事業説明会に参加してください。

説明会では加盟金やロイヤリティ―などの具体的な説明を受けられるほか、疑問点や不安な点などを直接相談することも可能です。

シェアする
  • URLをコピーしました!
もくじ
閉じる