フードフランチャイズの口コミ・評判まとめサイト

熟成唐揚げ専門店みんなのから揚げFCのクチコミや評判|運営会社の株式会社UNITED DININGとは?

設立から3年も経たないうちに早くも19店舗のオープンに成功しているのが「みんなのから揚げ」です。

から揚げブームと宅配需要の増加の両方をいち早く押え、いち早くサービスを開始することにより、トレンドに乗って成長した経緯があります。

もちろん、トレンドに乗っているだけではなく、「みんなのから揚げ」はさまざまな強みや独自性もあります。そして、さらに勢力を拡大すべく、フランチャイズ加盟店を募集しています。

この記事は、「みんなのから揚げ」のフランチャイズ加盟に興味をお持ちの方に以下の情報をご紹介します。

  • 「みんなのから揚げ」の概要
  • 「みんなのから揚げ」の強み・特徴
  • 「みんなのから揚げ」の将来性
もくじ

熟成唐揚げ専門店みんなのから揚げの基本情報

引用元:https://united-dining-inc.com/takeout/
スクロールできます
店舗名みんなのから揚げ
運営会社株式会社UNITED DINING
店舗数19店舗
設立2018年10月
資本金1,000万円
従業員数9名
※2020年12月時点
本社〒140-0015東京都品川区西大井1-7-2 城南コンプレックス西大井1階

 「みんなのから揚げ」を運営している株式会社UNITED DININGについてご紹介します。

株式会社UNITED DININGとは?

株式会社UNITED DININGは、2018年に設立されたばかりの企業です。

から揚げの持ち帰り・宅配事業である「みんなのから揚げ」の直営・フランチャイズ運営と、ゴーストレストラン事業の2つの事業を展開中です。

行動理念として、「行動がすべての成功への基本的な鍵である」を掲げており、その実現のためにハイクオリティーと価値・サービスの提供を重視しています。

事業内容や事業の姿勢に関しては、特別目新しいことをおこなっているわけではありません。

しかし、からあげと食品の宅配がどちらも時代のトレンドであることと、提供するからあげの味がとてもおいしいことから、株式会社UNITED DININGは急成長しています。

「3年で100店舗」との高い目標を掲げ、株式会社UNITED DININGは、今後も積極的に店舗展開をすすめていくことが予想されます。

熟成唐揚げ専門店みんなのから揚げフランチャイズの特徴や強み

強み

フランチャイズ加盟本部を検討中の方にとって、からあげ専門店の選択肢はいまとても豊富にあります。

数あるなかから、どのブランドを選ぶのかによって、働き方・身につけられるスキル・将来のキャリアイメージなどさまざまな状況が大きく変わります。いわば、加盟店選びが人生を大きく左右する可能性さえあります。

だからこそ、「みんなのから揚げ」に加入する場合は、ブランドの特徴や他店との違いを知らなくてはいけません。

この章では、「みんなのから揚げ」の特徴・強みをフランチャイズ加盟店の視点からご紹介します。

急成長中のブランドで出店できる

「みんなのから揚げ」は、急拡大しているブランドです。
また、母体の株式会社UNITED DININGもまた、店舗規模の拡大にあわせて急成長しています。

株式会社UNITED DININGの成長の度合いがわかる1つの証拠として、設立から2年ほどの間に本社が名古屋から東京に移転しているという事実があります。

2021年8月現在、店舗は東京・神奈川・愛知・岐阜・大阪・兵庫の6都府県に展開中です。

成長中のブランドに出店できることの具体的なメリットは、以下の点です。

  • エリアの選択肢が豊富
    同系列の店舗どうしで商圏がかさなってしまうリスクが小さく、希望のエリアで出店できる可能性が高いです。
  • 事業の成長を実感できる
    本部が拡大する様子を間近で見られるため、ワクワクした興奮を味わえます。
  • 勢いが事業に反映される
    急成長中のブランドは、市場からも高く評価されることが多く、集客力に好影響を及ぼす可能性があります。

「みんなのから揚げ」に加盟した場合、勢いを実感しながら店舗運営ができるでしょう。

味・サービスの質にこだわっている

「みんなのから揚げ」の商品やサービス内容は、おいしいから揚げやお弁当をお客様にテイクアウトもしくはデリバリーで提供する、というオーソドックスなものです。

価格帯に関しても、ほかのからあげ専門店と同等からやや高め程度に設定されています。

だからこそ、「みんなのから揚げ」はほかの店舗に勝るために商品・サービスの質にこだわる姿勢を徹底しています。

創業80年の老舗精肉業者から仕入れた鶏肉を使用

信頼性の高い精肉業者から、おいしくてコストパフォーマンスにすぐれた鶏肉を輸入することで、から揚げの味にこだわりを示しています。

引用元:https://united-dining-inc.com/takeout/

豊富なメニューと6種類の味変ソースによってバリエーションを提供

「みんなのから揚げ」は、から揚げ専門店ですがメニューのバリエーションがとても豊富です。

看板メニューの「名物メガから揚げ」のほかに、手羽先・フライドチキン・各種サイドメニュー(キムチ・各種サラダなど)幅広いラインナップの商品があります。

メニューの幅広さによって、お客様から飽きられることなくリピートしてもらいやすい店舗になっています。

細かなサービスの徹底

揚げたての状態で提供できるようにオーダーが入ってから調理をスタートしたり、お待たせ時間を短くするためにオペレーションの効率を図ったりするなど、お客様目線でのサービスの徹底を強く意識されています。

できるだけ待ち時間を短く、それでもすぐに商品を受け取りたいという方向けに、電話予約の仕組みもあります。

これらの一つひとつの対策が支持された結果、これまで「みんなのから揚げ」は店舗を順調に拡大しているといえるでしょう。

低価格での出店・運営が可能

「みんなのから揚げ」は、フランチャイズ加盟店にとって費用負担の少ないフランチャイズブランドです。

加盟時

加盟金 0円
保証金 30万円
研修費 60万円/人

上記のほかに、物件取得費・内外装費・備品費用などがかかります。

ただし、物件取得費用に関しても4坪程度の小さなスペースで開業できるもビジネスモデルであるため、いずれにせよ初期費用の総額を抑えられます。

フランチャイズ契約を結ぶことによって加盟店が得られるのは、仕入れ・調理方法・配達フロー・専用管理システム・運営ノウハウなどです。

運営時

ロイヤリティー 0円        

小規模なおかつブーム中のビジネスモデルであるから揚げ専門店は、ブームが継続している間に初期投資費用を回収することが重要です。

「みんなのから揚げ」は初期費用・運営費用ともにオーナーの負担が軽いため、初期費用を回収しやすいビジネスモデルです。

もちろん、その後の運営次第で多くの収益を得ることもできます。

フードデリバリー事業の併設が可能

株式会社UNITED DININGは、フードデリバリー事業EATS LABOの運営もおこなっています。
EATS LABOとは、24の飲食ブランドのゴーストレストランとしてデリバリーでフードを提供している業種です。

「みんなのから揚げ」に加入をする場合、EAT LABOの加盟店として運営する場合には加盟金・保証金・ロイヤリティなどの費用が0円になります。

デリバリーの仕組みを最大限に活用するという点でも、デリバリー事業の導入は可能性を広げる選択肢となるでしょう。

熟成唐揚げ専門店みんなのから揚げフランチャイズの弱みはあるのか?

弱み

「みんなのから揚げ」には、弱みとなりうる点もあります。からあげ専門店に関しては競合店が多いこともあり、弱みを理解しないままフランチャイズ契約をするのは極めて危険です。

把握したうえで、どのように対策をするのかをイメージしなくてはなりません。

この章では、「みんなのから揚げ」の対策について解説します。

本部がスタートアップ段階にある

株式会社UNITED DININGは、会社設立直後に急成長を見せています。

したがって、本部には社員数も少なく業務体制についてもまだ十分に整っていない可能性があります。

少人数で、急速に店舗を拡大しているのでやむを得ない部分はありますが、例えばフランチャイズ加盟店オーナー様が経営に関する相談をしたいと思ったときに、ゆっくりと時間をとって面談してもらうのが難しい、といった状況が生まれるリスクがあります。

また、店舗が急拡大する中で、マニュアルや店舗の受注システムが十分に整えられているかという点についてもやや不安が残ります。

本部としては、本部としてできたてのから揚げをスピーディーに、こまやかな配慮をもって提供することをホームページには掲げられてはいるものの、これらをフランチャイズチェーンで実践するためにはマニュアル作りや研修方法についての確かなノウハウが不可欠です。

特に混雑時などは、オペレーションが徹底されているかによって商品の提供スピードや購入したお客様が受ける印象は目に見えて異なります。

説明会や問い合わせの際には、サービス・オペレーションがどの程度効率化されており、スタッフ一人ひとりに落とし込める状況ができあがっているかいなかをぜひチェックしてください。

経験者の方や、相談をするよりも自分自身でさまざまなことを試したりチャレンジしたりしながら試行錯誤していきたいタイプの方にとってはそれほどデメリットになることはないかもしれません。

しかし、はじめてのフランチャイズで不安を感じている方や安心感のある強い本部を求めている方には、現段階では「みんなのから揚げ」は理想的でないかもしれません。

宅配事業には難しさがある

食品の宅配は、売り上げ拡大の大きなチャンスであですが、非常に難易度が高いビジネスでもあります。

  • 予定時刻よりも数分でも遅れてしまうと、大きな不満につながりやすい
  • ドライバーを自社雇用しなくてはならない
    もしくはUber EATSなどに手数料を支払わなくてはならない
  • インターネットやアプリなどの宅配予約システムを、うまく使いこなさなくてはならない

店舗業務をしながら宅配業務を並行しておこなうのは、特に飲食店未経験者の方にとって簡単なことではありません。

マニュアルやオペレーションのシミュレーションを実際に確認しながら、スムーズな運営ができるのか否かを確認したうえで、加盟を検討されることをオススメします。

熟成唐揚げ専門店みんなのから揚げフランチャイズユーザーの評判・クチコミ

ユーザー口コミ

「みんなのから揚げ」に関する利用者からのクチコミについてもチェックしておきましょう。

から揚げ専門店が数多くあるなかで、「みんなのから揚げ」にも注目が集まります。

から揚げブームの状況下で、認知度を高めることが重要です。

「みんなのから揚げ」は、おいしさへの評判が高く、リピーターの多いブランドです。
実際に、「リピートしたい」との口コミも多く見られました。

「みんなのから揚げ」の商品のおいしさから自然にクチコミが発生する状況も生まれています。

「みんなのから揚げ」の商品に関する評価はひじょうに高いクチコミばかりでした。
サービスの面に関するクチコミは見られませんでしたが、本部が掲げているようにていねいでスピーディーな商品提供を継続しつづければ、今後も順調に規模が拡大するのではないでしょうか。

熟成唐揚げ専門店みんなのから揚げフランチャイズの将来性

「みんなのから揚げ」の将来性を判断する際、明確に強みであるといえるのは商品力です。

やや商品価格が相場よりも高い印象がありますが、それでも順調に店舗数が増えているのは商品をリピートして購入するお客様が存在するからにほかなりません。

一方で、ネックになりうるのは本部の体制です。
当面の目標とされている100店舗を達成するには、以下の課題があるように思われます。

  • 本部の人的資源
    多くの店舗数を管理・支援しうる労働力
  • 効率的かつ質のよいマニュアルやサービスの仕組み

加盟店の観点からいえば、本部の高い商品力を最大限に活用して、加盟店独自の工夫やサービス改善を徹底するという考え方も可能です。

とはいえ、全体的にブランド力を高められるか否かは、今後運営母体である株式会社UNITED DININGがいかに体制を整えられるかにかかっているのではないでしょうか。

まとめ

「みんなのから揚げ」は、テイクアウト・宅配のから揚げ専門店です。

創業80年の精肉業者から仕入れる高品質なお肉やメニューのバリエーションの豊富さから、多くの消費者に商品が支持されています。

2021年8月の「みんなのから揚げ」の店舗数は19店舗です。
今後、ますます店舗拡大が予想されるなかで、発展段階でフランチャイズ加盟できる点は大きなメリットでもあります。

当然ながら、発展段階のフランチャイズ店に加盟することはリスクもあります。

より深く情報をチェックしたい方は、ぜひ「みんなのから揚げ」の説明会にご参加ください。

シェアする
  • URLをコピーしました!
もくじ
閉じる