フードフランチャイズの口コミ・評判まとめサイト

生餃子 神戸まな家FCのクチコミや評判|運営会社のまな家株式会社とは?

「まな家」は国産厳選素材100%の生餃子持ち帰り専門店です。2021年現在、関西に直営店とフランチャイズ店で5店舗開業しています。

また、本部が運営するオンラインショップでは全国に餃子を販売中です。

近年騒がれているから揚げほどではないものの、餃子もブームといってもよいほど市場規模が拡大中で、「まな家」の人気も高まっています。

未経験から飲食店をはじめようと検討中の方にとって、「まな家」はフランチャイズ加盟検討の有力候補になるかもしれません。

この記事は、「まな家」に関心をおもちの方に、以下の情報を紹介します。

  • まな家の概要
  • まな家の特徴・メリット
  • まな家の将来性
もくじ

生餃子 神戸まな家の基本情報

引用元:https://www.manaya.jp/
スクロールできます
店舗名まな家
運営会社まな家株式会社
店舗数5店舗
創業2015年7月
設立2020年5月25日
資本金620万円
本社658-0081 兵庫県神戸市東灘区田中町2-13-12

 まな家を運営する「株式会社まな家」の概要をご紹介します。

まな家株式会社とは?

まな家株式会社は餃子専門店「まな家」を運営する企業です。

社名にもブランド名が一部使用されていることからもわかるように、餃子専門店の「まな家」の直営店運営・フランチャイズ店舗の管理・「まな家」ブランドでの餃子販売に特化しています。

餃子専門店として、当然消費者からは品質や独自性が求められますが、まな家は食材と製法にこだわっておいしい餃子を提供することにより消費者からの支持を集めています。

2015年の創業以来、神戸を中心に地道に店舗販売を続け、着実にファンを増やし続けている企業です。

当初、株式会社まな家は関連会社が開業した「まな家」の販売代理店として事業をしていましたが、2020年には事業を完全に受託してブランドのオーナーになりました。

さらに、オンラインショップを開設したりフランチャイズ店を積極的に募集したりするなど、事業の拡大に舵をとっています。

テイクアウト専門ということもあり、コロナ禍でも力強く成長している企業です。

生餃子 神戸まな家フランチャイズの特徴や強み

強み

多数の飲食店がある中で、成長を続けている企業には必ず理由があります。

また、特にコロナ禍以降には多くの飲食店がテイクアウトやデリバリーの事業を強化するなかで、他社との違いを理解すること将来の生き残りを考える意味でも重要なことです。

この章では、フランチャイズ加盟店の視点で「まな家」の特徴・メリットをご紹介します。

餃子人気が高い

持ち帰り餃子は、常に人気があります。

から揚げのような爆発的なブームにはなっていないものの餃子は常に人気があり、さらにコロナ禍の巣ごもり需要などを背景に人気は高まっています。

また、餃子が時代のニーズにマッチしている点にも要注目です。

  • 完全健康食として
    豚肉・野菜・炭水化物を含んでおり、たんぱく質・炭水化物・ビタミン・ミネラルなど必要な栄養素の大半が餃子から摂取できます。
  • ダイエット食としても人
    餃子を食べる代わりにご飯やパンなどの炭水化物の量を減らすことで、炭水化物の摂取量を減らせます。
  • パーティー食として
    調理が手軽で、歓談しながら食事できるため、ホームパーティーやママ会などの気軽なパーティーにマッチしています。

「まな家」は、お肉や野菜などの素材にこだわった餃子を提供しているので、定番商品としてのニーズだけでなく近年の餃子ニーズのポイントもしっかりと押さえています。

さらに、ホームページにてレシピを公開するなど、餃子の楽しみ方も提案しているブランドです。

本部が販売店としての実績をもっている

株式会社まな家はもともとまな家の販売店からスタートした企業です。そして、現在も直営店として3店舗を運営しています。

こうした販売店としてのノウハウを生かして、以下のサポートをおこなっています。

年2~3回期間限定新メニュー提供

店頭のお客様の声・ニーズをダイレクトに反映した商品を開発しています。

営業ツールなどの開発と共有

店舗の運営において失敗しやすいポイントをしっかりと押さえ、失敗のリスクを低減します。
また、FacebookやLINEなど複数のSNSを用いた情報発信にも積極的です。

日々の営業の様子などが公開されているので、地域の方々やブランドのファンからは親近感を抱かれることが多いようです。

特に初心者・未経験者の方は、上記の対応を非常に心強いと感じられるでしょう。

効率的なオペレーション

「まな家」では、オペレーションがマニュアル化されており、パート・アルバイトスタッフだけでも運営できます。

また商品として提供するのは生の餃子であるという点により、以下のメリットがあります。

  • 油を使用しない分、清掃の負担が少ない
  • 食品ロスを最小限に抑えられる
    生餃子は、冷凍して冷凍餃子として販売可能なので余らせずに販売できる
  • 食中毒リスクが少ない
    販売後、お客様自身で加熱調理するため

清掃の負担が少ないうえに清潔に保ちやすいことから、労働時間も短縮化しやすく(清掃のための営業時間後の残業が不要)、パート・アルバイトスタッフの定着率も高まります。

結果として、店舗を安定して営業できる可能性が高まります。

少額で開業可能

「まな家」の開業資金の目安は、500万円~です。

内訳について公式ページでは詳しく紹介されていませんが、主な費用項目は以下のとおりです。

  1. 加盟金
  2. 物件取得費
  3. 内外装費
  4. 採用費用
  5. 販促費

上記のほかに調理設備の費用もかかりますが、もし初期費用の余裕がない方は設備費用に関してはリース契約を結ぶことも可能です。

費用に関しては非常に重要なので、本格的に検討される場合はフランチャイズ説明会に参加をするか本部に直接相談をして詳細を確認してください。

いずれにせよ、持ちかえり専門であるという点から、一般的な飲食店よりも開業費用が抑えられるのは確かです。

自由な運営が可能

「まな家」で販売する商品をつくるために必要とされるのは、餃子をつくるための最小限の調理スペースのみです。

ファミリーレストランや居酒屋のように広い調理スペースが必要とされるわけではないため、さまざまなほかのビジネスと組み合わせたり、新たな販売手法にチャレンジしたりすることも可能です。

具体例をいくつか紹介します。

  • 間借りビジネス
    別業態の飲食店の調理スペースにて「まな家」の餃子を製造し、テイクアウト専門として店頭で販売
  • 無人運営
  • 自動販売機にて冷凍餃子を販売

本部が「まな家」の販売手法などについて販売店に多くの自由を与えていることと、餃子製造自体がスペースなどの成約が少ないことから、アイデア次第でさまざまな可能性にチャレンジできます。

コロナ禍の巣ごもり需要拡大以降、テイクアウト市場はさまざまなアイデアや販売手法が持ち込まれて活気づいているため、最新のニュースやトレンドを参考にするのもオススメです。

生餃子 神戸まな家フランチャイズの弱みはあるのか?

弱み

 確かな人気があり、から揚げほど注目されていない餃子のテイクアウト市場への参入は、狙い目だと考える方も多いと思います。

しかし、弱みやリスクについても注意をしておかなくてはなりません。

特に、ビジネスチャンスが大きいと感じたときには、リスクケアの判断がおろそかになりがちです。チャンスが大きいと感じたときほど、弱みについて慎重に考察しましょう。

この章では、3つの観点から弱みを解説します。

関西以外ではフランチャイズのメリットが弱い可能性がある

関西地域以外でフランチャイズ加盟をする際には、以下のデメリットが考えられます。

ブランドの認知度が低い

「まな家」フランチャイズは、2021年時点では本店・FC加盟店のすべてが関西地方にあります。

オンラインショップに関しては全国展開していますが、2021年は公式オンラインショップのみでの販売となっています。

ホームページの検索順位などから判断する限り、インターネット上の知名度も限定的なものでしょう。

本部のサポートを受けにくい

「まな家」本部は、神戸を拠点にして直営店の販売をおこなっているため、遠方の場合には対面でのサポートを受けられる機会が少なくなります。

実際に、フランチャイズ加盟時の本部のサポートである立地診断は、関西エリアのみを対象としています。

将来的に規模が拡大し、本部の対応エリアが広がる可能性はありますが、2021年時点では関西以外の地域でのフランチャイズ加盟は、ややリスクが高くなります。

フランチャイズ店の実績が少ない

「株式会社まな家」が2020年創業であるため、やむを得ない面はありますが「まな家」にはフランチャイズ店としての成功実績がほとんどありません。

2021年時点でフランチャイズ加盟店は2店舗ありますが、2店舗の短期間での販売実績を見てブランド加盟を判断するのは大きなリスクを伴います。

一般的に、どのフランチャイズチェーンであれ、展開初期に加盟するのはリスクを伴います。まったく流行しない可能性も0ではないためです。

  • 本部が流行しているためフランチャイズ展開をしたのに、FC加盟店はほとんど失敗した
  • 焼肉ブランドとしてのフランチャイズ展開に成功したから、しゃぶしゃぶのフランチャイズ展開を大々的にはじめたところまったく人気が出なかった

上記のような事例は事欠きません。

ブランドの黎明期は成功したときの見返りは大きいものの、リスクもお大きくなり安いということを十分に理解する必要があります。

特に、初心者の方は売上が思いどおりに推移しなかったときの対処法や撤退のタイミング判断などが必要とされる可能性もふまえて、慎重に考えましょう。

地域のニーズを把握しづらいケースがある

餃子のテイクアウト専門店は店舗数がそれほど多くないため、地方都市では地域に1つも店舗がない場合があります。

地域に競合店があればそこから売上の目安を判断することができますが、判断基準がない状態で出店の判断をしなくてはならないことになります。

もし、見込みどおりのニーズがあるときには、地域の市場を独占できるというメリットにもなりますが、読みを誤ったときは予測どおりの売上を上げられないでしょう。

本部と相談をしながら判断することで、多少のリスク軽減にはなるものの、担当者が積極的なタイプか慎重派かによってそのアドバイスの内容も大きく異なります。

前例のないものに対しては予測を信用して動くしかないため、どんなに入念に準備をしてもリスクが残ることを理解して加盟検討しましょう。

生餃子 神戸まな家フランチャイズユーザーの評判・クチコミ

ユーザー口コミ

「まな家」の加盟を検討する際には、一般の消費者からどのような評判を得ているのかをチェックすることも大切です。

この章では、インターネット上の「まな家」へのクチコミを紹介します。

オーソドックスな餃子は、キャベツや豚肉などの自然な味わいが楽しめる味です。シンプルで飽きない味との評判が多く見られます。

「まな家」の餃子は種類も豊富です。リピーターやこれからリピートしようと思われている方々のクチコミが大半でした。

餃子を自動販売機でも販売されているようです。インパクトもあり、注目を集めています。

インターネット上のクチコミは、ほぼすべてが好意的なものでした。地域にも密着しており、多くのファンにリピート利用されています。

生餃子 神戸まな家フランチャイズの将来性

まな家の将来性を考える際には、本店とフランチャイズ店とを分けて考えた方がよいでしょう。

一緒に考えるには、フランチャイズ店としての実績が少なすぎるためです。

直営店に関しては、将来的にもかなり手堅いと思われます。
2021年時点での店舗数は3店舗ですが、神戸市内で着実に店舗を増やしており、なおかつ地域の方々から支持されているからです。

餃子単体の店舗ということから爆発的に事業が拡大する可能性は低いかもしれませんが、自動販売機での販売が可能な点など手間・負担も少ないため、着実な規模拡大が期待できます。

  • フランチャイズ店に関しても、リスクは比較的小さいでしょう。

小型店舗として加盟できるため少額でスタートしやすく、商品の特徴やオペレーションから判断するかぎり味のブレも生じにくいためです。

ただし、前例が少ないという点ではフランチャイズの最初の数店舗は、どうしても手探りになります。

しかしながら、少しずつ持ちかえり専門の餃子専門店をフランチャイズする企業が増えてきています。
数年間で爆発的に店舗数を増やしたから揚げ専門店のように、今後餃子専門店が一気に増える可能性も否定できません。

したがって、慎重に様子を見極めたい方は、「まな家」の情報を集めながら競合店の出店状況・繁閑状況についてもアンテナを張り巡らせておくとよいでしょう。

視野を広げて状況を見極めることで、未経験・初心者の方でも失敗の軽減を最小限に抑えられます。

まとめ

「まな家」は、神戸を拠点とした持ち帰り餃子の専門店です。

素材・製法へのこだわりと簡略化されたオペレーションを強みとして、地道ながら着実に販売規模を拡大しています。

2021年9月時点では直営・フランチャイズ加盟店あわせて5店舗のみですが、将来的には大きく規模を拡大する可能性もあるでしょう。

しかしながら、実績が少ないため現時点での加盟を判断するのはリスクも伴います。

フランチャイズ初期段階では前例が少ない状況でさまざまな判断をしなくてはなりません。

だからこそ、加盟の際には正確な情報を広く集めることが重要です。

その第一歩として、フランチャイズ加盟説明会に参加されてみてはいかがでしょうか?

本記事内では紹介しきれなかったこれまでの実績や加盟時の費用の細かな内訳などの詳細が確認できるはずです。

シェアする
  • URLをコピーしました!
もくじ
閉じる