フードフランチャイズの口コミ・評判まとめサイト

GIRAFEクレープFCのクチコミや評判|運営会社の株式会社ジラフホールディングスとは?

もくじ

GIRAFEクレープの基本情報

画像引用元:https://twitter.com/girafe_crepe1
スクロールできます
店舗名GIRAFEクレープ
運営会社株式会社ジラフホールディングス
店舗数18店舗
創業平成21年5月20日
資本金9,000,000円
本社〒170-0002 東京都豊島区巣鴨3-34-2 KCプラザ2F

株式会社ジラフホールディングスとは?

GIRAFEクレープ」を運営する株式会社ジラフホールディングスは、東京の豊島区に本社を構える会社です。

提供しているサービス内容は、

  • フランチャイズビジネスを含む「コンサルタントビジネス
  • GIRAFEクレープを含む「リアルビジネス
  • VR事業やWebプランニング事業を含む「バーチャルビジネス

など、多岐にわたります。

GIRAFEクレープフランチャイズの特徴や強み

強み

GIRAFEクレープのフランチャイズに加盟して店舗を運営していきたいと考えているのであれば、特徴や強みに付いて確認しておかなくてはいけません。

GIRAFEクレープのフランチャイズならではの特徴や強みに魅力を感じるのであればフランチャイズに加盟するべきだと言えますし、それほど魅力を感じないのであれば加盟を考え直す必要があると言えます。

GIRAFEクレープのフランチャイズの特徴や強みとしては、

  • 新感覚のクレープで話題性抜群
  • 大手商業施設への出店も可能
  • ロボットの導入で人材不足問題を解消できる
  • 同じ地域で店舗同士がバッティングしない
  • 魅力的なWebやPOPで販売促進してくれる
  • SNSとの相性が良い

などがあげられます。
それぞれ詳しく解説していきます。

新感覚のクレープで話題性抜群

画像引用元:https://skyle.jp/floor/9f_girafe-crepe.html

GIRAFEクレープには、新食感の新感覚クレープという強みがあります。

一般的なクレープはモチモチの食感を売りにしていますが、GIRAFEクレープの売りはサクサク感とモチモチ感のハーモニーです。

一口目に「サクッ」とした食感があり、それが徐々に「モチモチ」とした食感に変わります。

この新感覚の食感は一度食べるとハマること間違いなしで、実際SNSなどでも話題になっています

この点は競合との差別化ポイントにもなるため、大きな強みになると言えるでしょう。

大手商業施設への出店も可能

大手の商業施設への出店が可能な点も、GIRAFEクレープのフランチャイズの強みの一つです。

一般的な店舗の場合、集客を自分でおこなわなくてはいけません。

一方、大手の商業施設のテナントへ出店する場合は、商業施設自体に集客力があるため、マーケティングに力を入れなくても集客できるという強みがあります

店舗経営が初めてという方の場合、店舗をまわすことに精一杯で集客にまで手がまわらなくなってしまいがちです。

大手の商業施設のテナントへの出店であればそういった方でもある程度安定して集客できるので、非常に魅力的なポイントだと言えるでしょう。

ロボットの導入で人材不足問題を解消できる

GIRAFEクレープの運営会社である株式会社ジラフホールディングスでは、希望する店舗にキリン型のロボットを導入しています。

これはクレープを自動で焼いてくれるロボットですが、

  • 人材不足問題の解消
  • 商品のクオリティの担保
  • 話題性

など、さまざまなメリットをもたらしてくれます。

導入には費用がかかるため誰にでもおすすめできるわけではありませんが、このロボットを導入している点を強調してマーケティングに活用したりもできますし、競合との差別化にもつながりますので、導入した場合は強み一つとして大活躍してくれるでしょう。

同じ地域で店舗同士がバッティングしない

GIRAFEクレープの運営会社である株式会社ジラフホールディングスでは全国47都道府県への出店を募集していますが、闇雲に店舗数を増やそうとしているわけではありません。

それぞれの地域に出店する店舗数の上限をあらかじめ決めておき、上限に達した場合はその地域にそれ以上出店しないようにしています

そうなると同じ地域で店舗同士がバッティングしなくなるため、お客さんの奪い合いが起こりにくくなります。

このフランチャイズオーナーのことを考えた運営も、GIRAFEクレープのフランチャイズの特徴の一つです。

魅力的なWebやPOPで販売促進してくれる

運営元である株式会社ジラフホールディングスが魅力的なWebやPOPで積極的に販売促進してくれるという点も、GIRAFEクレープのフランチャイズの強みの一つです。

GIRAFEクレープのクレープを食べたことがないお客さんに「食べてみたい!」と思ってもらうには、WebやPOPで販促をおこなうしかありません。

GIRAFEクレープの運営会社である株式会社ジラフホールディングスはWebやPOPの活用が上手く、専任のデザイナーがデザインしたオリジナルのWebサイトやPOPで積極的に販促をおこなってくれます

本部がマーケティングに力を入れてくれるとGIRAFEクレープ自体の知名度が高まり、集客できるようになるので、運営元がマーケティングに力を入れてくれているという点は非常に魅力的だと言えるでしょう。

SNSとの相性が良い

GIRAFEクレープのメインターゲットは若い女性です。

若い女性はSNSを最も良く使う世代として知られていますが、GIRAFEクレープのフランチャイズにはそんなSNSとの相性が良いという強みもあります。

クレープは写真映えるためSNSに投稿しやすいですし、投稿した場合、ユーザーの目にも止まりやすくなります

SNSを使いこなしている若い女性がメインのお客さんになっているため、お客さんんがすすんで情報を拡散してくれるという強みもあります。

GIRAFEクレープフランチャイズの弱みはあるのか?

弱み

GIRAFEクレープのフランチャイズの特徴や強みとあわせて確認しておきたいのが、GIRAFEクレープのフランチャイズならではの「弱み」です。

GIRAFEクレープのフランチャイズの弱みとしては、

  • 客単価が低い
  • 周辺地域への配慮が必要にある
  • 競合との差別化が図りにくい

などがあげられます。
それぞれの弱みについて詳しく解説していきます。

客単価が低い

GIRAFEクレープで販売されている商品の価格は、400~500円ほどと非常にリーズナブルです。

このリーズナブルな価格はユーザーにとっては嬉しいポイントだと言えますが、ビジネスオーナー側にとっては悩みのタネでもあります。なぜなら、商品の価格が安いと、それに比例して客単価も低くなってしまうからです

そのため、GIRAFEクレープのフランチャイズに加盟する場合は、どうやって客単価を向上させるかを考えなくてはいけません。

一人のお客さんに対してクレープを何個も売るのは現実的ではありませんので、クレープとあわせてドリンクなどのサブメニューをどれだけ売れるかが重要になってくるでしょう。

周辺地域への配慮が必要になる

クレープなどのテイクアウトできる食品を販売する場合、気をつけなくてはいけないのがご近所トラブルです。

新感覚のホットドッグとして人気を集めたハットグが流行ったときにも、

  • 店舗の周辺地域でゴミのポイ捨てが急増した
  • 周辺地域の道路や私有地に座り込んで飲食をおこなう人が急増した

など、周辺地域に住む人とのトラブルに発展し、テレビでも取り上げられるほど注目を集めました
こういったトラブルはお客さんのモラルにも左右されるため多少仕方ない部分もありますが、対策は講じるべきです。

  • ゴミ箱を設置する
  • イートイン形式の店舗にする
  • 店舗でお客さんに対して注意喚起する

など、トラブルを発生させないよう対策を講じるようにしましょう。

競合との差別化が図りにくい

競合である他のクレープ店との差別化が図りにくい点も、GIRAFEクレープのフランチャイズの弱みの一つです。

実際にメニューを見てもらえるとわかりますが、GIRAFEクレープのメニューには変わり種系のクレープがほとんどありません

季節限定のメニューなどはありますが、レギュラーメニューは定番と呼べるものばかりですので、他の店舗との差別化が図りにくくなってしまっています

そのため、GIRAFEクレープならではの「新食感のクレープ」という強みと差別化ポイントを、どれだけお客さんに認知してもらい、興味を持ってもらえるかが重要になります。

GIRAFEクレープフランチャイズ加盟者の評判・クチコミ

加盟者口コミ

GIRAFEクレープのフランチャイズへの加盟を検討しているのであれば、実際にフランチャイズに加盟して店舗を運営しているオーナーからの評価についても確認しておきたいところです。

GIRAFEクレープのフランチャイズに加盟して実際に店舗を展開し始めた場合、あなたがその立場になるため、現在その立場にいるオーナーの意見は非常に参考になります。

今回、GIRAFEクレープの公式サイトに掲載されているオーナーの声の参考になりそうな箇所をピックアップしてみました。

GIRAFEのお店を始める頃の私は、経営経験も全く無く不安の中での船出でしたが、こうして2周年を迎えられ、まず何よりもお客様への感謝の気持ちでいっぱいです。

クレープを極めたい、その一心で日々クレープと向き合い、一枚一枚丁寧に焼くことだけを心がけてきました。クチコミでお客様がお客様を呼んで下さり、徐々に来客数や売上が上がっていき、そして2年目に過去最高売上を達成しました。

ここまで来るのに色々な悩みもありましたが、私の答えは全て『クレープを極め続ける』この一言に尽きます。

もうすぐ3年を迎えますが、県内だけではなくわざわざ県外からもお客様が来て下さるようになり、以前にも増して、クレープを極め続けなければという想いに駆られています。

引用元:https://fc.girafe-crepe.com/owner_interview/interview-53/

こちらのオーナーはこれまで店舗経営をおこなった経験がなく、不安を感じながら出店したとのことですが、2年目には過去最高の売り上げを達成し、3年目の今では県外からお客さんが来るほどの人気店になったそうです。

インタビューの中では手厚いサポートが受けられたことに感謝されている部分もあったりと、GIRAFEクレープのフランチャイズへのオーナーからの評価は比較的高いと言えそうです。

GIRAFEクレープフランチャイズユーザーの評判・クチコミ

ユーザー口コミ

GIRAFEクレープのフランチャイズに加盟して店舗を展開していくのであれば、オーナーからの評価だけでなくユーザーからの評価も確認しておかなくてはいけません。

現時点でのユーザーからの評価は売り上げに直結すると言っても過言ではないため、いい評価を受けているのか、あるいは、あまり良くない評価を受けているのかについてもしっかりと確認しておくべきです。

今回、リアルな意見が投稿されやすいSNSであるTwitterで、GIRAFEクレープに対する評判やクチコミをリサーチしてみました。

これらは、Twitterに投稿されているGIRAFEクレープに対するユーザーのクチコミの一部です。

今回リサーチをおこなった範囲では悪いクチコミは一切見つからず、良いクチコミばかりが目立ちました。

特に多かったのが「美味しい」というクチコミで、味が高く評価されていることがわかります。飲食店にとっては味が評価されるのは非常に重要で、嬉しい傾向だと言えるでしょう。

また、GIRAFEクレープの売りの一つであるクレープ生地の新食感についての投稿も目立ちました

この点についても、「サクサクでおいしい」「こっちの方が好きかも」など、ポジティブな意見が多かったです。

GIRAFEクレープフランチャイズの将来性

GIRAFEクレープのフランチャイズに加盟してビジネスを展開していきたいと考えている方の中には将来性について不安を感じている方もいるかと思いますが、GIRAFEクレープのフランチャイズは将来性のあるビジネスであるため心配する必要はありません。

その理由としては、商材へのニーズの高さと今の時代にマッチしている点があげられます。

GIRAFEクレープの主力商品であるクレープの市場規模は300億円程度と、決して大きな市場というわけではありません

しかし、ニーズがほとんど変化していないという強みがあります

以下は、特定の商品や事柄へのニーズや興味をグラフで確認できるツールであるGoogleトレンドで、過去5年間のクレープに対するニーズを調べた結果です。

引用元:https://trends.google.co.jp/trends/explore?date=today%205-y&geo=JP&q=%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%83%97

ニーズがほとんど変化していませんし、むしろここ最近は少し高まってきている傾向にあります。

5年間安定し続けているニーズが急に激減してしまうとは考えにくいため、ニーズの高さや安定度で言えば将来性については問題ないと言えるでしょう

また、GIRAFEクレープのフランチャイズはテイクアウトで気軽に食べられる点やSNSとの相性が良い点が、今の時代、そしてこれからの時代にマッチしています。

ビジネスにおいてSNSの重要性が増していく中でSNSの相性が良い点は、将来的にもプラスに働くはずです。

これらの理由から、おいしいクレープを提供し、マーケティングにもしっかりと力を入れていけば、今後も安定した売り上げをあげられるビジネスだと言えるでしょう。

まとめ

新感覚食感のクレープで人気を集めている「GIRAFEクレープ」のフランチャイズについてご紹介してきました。

GIRAFEクレープのフランチャイズは、さまざまな強みを持っています。
新食感のクレープということで話題になっていますし、味についても好評です。

本部がマーケティングに力を入れていますし、SNSとの相性も抜群ですので、初めて出店する地域でも人気店になるでしょう。

同じ地域で店舗がかぶってしまわないよう出店数を制限したり、人材不足を解消するためにクレープ作りをロボットで自動的におこなう設備を用意するなど、店舗のことを考えた経営にも好感がもてます。

客単価が低い点や競合との差別化が図りにくい点については対策を講じる必要がありますが、ドリンクも用意されていたり新食感のクレープなど差別化できるポイントもいくつかあったりするので、十分に対策可能だと言えるでしょう。

ニーズが安定している将来性のあるビジネスでもありますので、ぜひ前向きにフランチャイズへの加盟を検討されてみてはいかがでしょうか?

シェアする
  • URLをコピーしました!
もくじ
閉じる