フードフランチャイズの口コミ・評判まとめサイト

シェイシェイパールFCのクチコミや評判|運営会社の株式会社KRGとは?

もくじ

シェイシェイパールの基本情報

画像引用元:https://xiexiepearl.com/
スクロールできます
店舗名シェイシェイパール
運営会社株式会社KRG
店舗数14店舗
創業2018年11月15日
資本金300万円
従業員数100名(パート、アルバイトを含む)
本社〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町2-4-6 千代田第一ビル6階

株式会社KRGとは?

株式会社KRGは東京にオフィスを構える会社です。

今回詳しくご紹介するタピオカ専門店の「謝謝珍珠(シェイシェイパール)」や和紅茶専門店の「茶no1(チャノワン)」などを展開しています。

タピオカ専門店であるシェイシェイパールは特に有名で、日本初の黒糖タピオカ専門店として人気を博しています。

2018年に創業したまだ若い会社ですが、パートやアルバイトのスタッフを合わせて従業員が100名を超えるなど、今勢いのある会社です。

飲食に特化した独立・開業メディア
Food's Route(フーズルート)掲載中

人気フランチャイズランキング

順位会社名/ブランド名リンク特徴

株式会社ミールソリューション

Aloha Poke Tokyo

Uber Eats平均評価4.7の実績!
各メディアでも話題のバーチャルレストランFC!低投資・低リスク・高収益化を実現!最短2週間で開始可能☆

株式会社結

+VR(プラスブイアール)

実績のあるノウハウによってデリバリーでしっかり収益・売上アップが目指せる!

株式会社バーチャルレストラン

デリバリープラン

【ブランド利用無制限】「50種類以上」のブランド導入し放題!原価率25%以下・カンタン調理!高収益バーチャルレストラン

株式会社X Kitchen

梨泰院スープ

空き時間を利用して売上アップ!人気の韓国ワッフルのデリバリー専門店.※UberEatsのエリア内で既存店舗(営業許可)をお持ちの方が導入可能

株式会社グッドフードデザイン

サラダボウル専門店 GRIT TODAY 

【年商3,000万円】【リピート率65%以上】テイクアウト・デリバリー専門のブランドシェアリング型FC
年間2万食も売れている人気のサラダボウル専門店!

シェイシェイパール フランチャイズの特徴や強み

強み

シェイシェイパールのフランチャイズへの加入を検討する場合、まず初めに確認しておきたいのがシェイシェイパールの特徴や強みについて。

なぜなら、その店舗の特徴や強みはフランチャイズに加盟して店舗を運営する上での特徴や強みに直結し、店舗運営や売り上げ、マーケティングに直結してくるからです。

また、シェイシェイパールのフランチャイズ制度自体の特徴や強みについても確認しておきたいところです。
代表的な特徴や強みとしては、

  • 少ない初期投資で始められる
  • 初期投資の回収スピードが早い
  • 知名度が高くブランド力がある
  • オペレーションが簡単
  • 本部によるトータルでのサポートが受けられる
  • SNSとの相性が良い
  • 本部がコラボレーション企画などを積極的に展開してくれる

などがあげられます。
それぞれ詳しく解説していきます。

少ない初期投資で始められる

店舗が必要なビジネスを始める上でネックになるのが初期投資費用について。

特に飲食店の場合は広い店舗が必要になりますし、厨房設備も必要になるため、初期投資費用が数千万円になってしまうことも珍しくありません。これはこれからビジネスを始める方にとって大きなリスクになります。

一方、シェイシェイパールのフランチャイズの場合は膨大な初期投資が必要ありません。
80万円~という少ない開業資金で始めることができます

初期投資額の少なさは、シェイシェイパールのフランチャイズの大きな強みの一つと言えるでしょう。

初期投資の回収スピードが早い

初期投資を抑えられる点に加え、初期投資の回収スピードが早いというのもシェイシェイパールのフランチャイズの強みの一つです。

シェイシェイパールは広い店舗が必要なく、オペレーションが簡単で人件費を抑えられるため、多額の初期投資を用意する必要がありません。また、利益率が高いため、初期投資したお金の回収スピードも早い傾向にあります。

具体的なモデルケースについては公開されていませんが、平均6ヶ月、最短だと3ヶ月で初期投資額を回収できた例もあるほどです。

初期投資を回収できるスピードは早ければ早いほど良いので、非常に魅力的な強みだと言えるでしょう。

知名度が高くブランド力がある

知名度が高くブランド力がある点も、シェイシェイパールのフランチャイズの強みの一つです。
シェイシェイパールの知名度の高さやブランド力は、SNSをチェックすればわかります。

今話題のSNSであるInstagramには「#シェイシェイパール」というオリジナルのタグがありますし、そのタグがつけられた投稿が6,000件近く投稿されています。

また、Twitterに「シェイシェイパール」と入れて検索すると、さまざまな投稿がヒットします。

シェイシェイパールほどブランド力があると、シェイシェイパールという店舗名だけである程度集客できてしまうため、ビジネスを展開していく上で非常に大きなメリットになると言えるでしょう。

オペレーションが簡単

飲食店を始める上でネックになるのが調理についてですね。
調理が難しいと覚えるのが大変ですし、スキルも求められるため、未経験者が挑戦するのが一気に難しくなってしまいます。

また、オペレーションに時間と手間がかかるため人手を用意しなければならず、人件費もかさんでしまいがちです。

一方、シェイシェイパールはタピオカドリンクを中心としたドリンクの専門店ですので、未経験からでも始めやすく、簡単にお客さんに提供できます

オペレーションに時間と手間がかからないため少ない人数での店舗運営が可能になり、人件費も抑えられます。

本部によるトータルでのサポートが受けられる

ビジネスをおこなうのが初めての方の場合、店舗を経営した経験がないため何かと不安を感じてしまいがちです。

実際、「自分に店舗運営なんてできるのかな…」と不安を感じ、フランチャイズの加盟に踏み出せないという方も多いのではないでしょうか?

しかし、シェイシェイパールのフランチャイズならそんな心配をする必要はありません。
なぜなら、シェイシェイパールのフランチャイズはサポート体制が整っているからです。

シェイシェイパールのフランチャイズに加盟すると、物件決めから店舗を開店させた後の運営や経営まで、トータルで本部にサポートしてもらうことができます。

これだけ人気の店舗を作り上げた本部にサポートしてもらいながらビジネスを展開していけるわけですから、店舗運営で悩む必要はありません。

これも、シェイシェイパールのフランチャイズならではの強みの一つとなっています。

SNSとの相性が良い

SNSとの相性の良さも、シェイシェイパールのフランチャイズの強みの一つです。

タピオカドリンクは若い女性に人気のある商材ですが、若い女性はSNSをとにかく多用します。

自分の近況を投稿したり友達の投稿を眺めるのはもちろん、情報収集もSNSでおこなっているほどです。

メインのターゲット層がSNSをフル活用している層であるため、マーケティングにSNSを活用しやすくなっていますし、こちらから促さなくても、お客さん自身がSNSに自発的に投稿して拡散してくれることもあります

ビジネスにおけるSNSの重要性は年々高まってきていますし、SNSが日常に根付いている世代が増えていくこれからの時代はその重要性がますます高まっていくと考えられるため、そのSNSと相性が良いという点は非常に大きなメリットになると言えるでしょう。

本部がコラボレーション企画などを積極的に展開してくれる

本部がマーケティングに積極的な点もシェイシェイパールのフランチャイズの強みとなっています。

シェイシェイパールの本部はマーケティングに力を入れていて、人気のインフルエンサーや人気のキャラクターとのコラボ商品やキャンペーンを積極的に展開しています

企画を定期的におこなってくれるとフランチャイズ店の売り上げも向上するため、本部がマーケティングに積極的な点はビジネスを展開していく上での大きなメリットになると言えるでしょう。

シェイシェイパール フランチャイズの弱みはあるのか?

弱み

シェイシェイパールの特徴や強みとあわせて確認しておきたいのがシェイシェイパールならではの弱みについて。

店舗を展開していく場合その弱みをどう克服するかが重要になるため、事前に弱みを理解し、「本当にフランチャイズに加盟するのか」「加盟する場合その弱点をどう克服するのか」を考えなくてはいけません。

代表的な弱みとしては、

  • タピオカブームが落ち着いてきている
  • タピオカ以外提供できない

などがあげられます。
それぞれ詳しく解説していきます。

タピオカのブームが落ち着いてきている

2019年ごろに一大ブームを引き起こしたタピオカドリンクですが、そのブームは完全に落ち着いてきています

後ほど将来性とあわせて詳しく紹介していきますが、その需要はピーク時の10分の1以下程度まで落ち着いてしまっているほどです。

今は新型コロナウイルスの影響があるため、この状況が落ち着いたときにまた需要が高まる可能性は十分にあります。

しかし、現時点で需要が低くなってしまっているのは事実ですので、その点はシェイシェイパールのフランチャイズの弱みの一つだと言えるでしょう。

ドリンクしか提供できない

シェイシェイパールはタピオカドリンクやミルクティーなどのドリンク専門店です。

そのため、お客さんに提供できる商材がドリンクしかありません。
ドリンクに特化している点はオペレーションが簡素化されるなど強みにもなりますが、他に提供できるものがないという弱みにもなります

さらに今は主力商品であるタピオカドリンクへの需要が落ち着いている状態だと言えるため、やはりこの点についてもシェイシェイパールの弱みになってしまっていると言えるでしょう。

シェイシェイパール フランチャイズユーザーの評判・クチコミ

ユーザー口コミ

シェイシェイパールがお客さんにどう評価されているかについても事前に確認しておくべきだと言えるでしょう。

現時点で高い評価を得ているのであれば店舗を展開した後もお客さんの入りが期待できますが、評価が高くない、あるいは低い場合は、フランチャイズへの加盟自体を考え直さなくてはいけません。

今回リアルな口コミが集まりやすいSNSを中心に、シェイシェイパールに対するユーザーの評判やクチコミについてリサーチしてみました。

これらはSNSに投稿されているシェイシェイパールを利用したユーザーのクチコミの一部です。
今回リサーチしている限りでは悪いクチコミは見つからず、上記のような良いクチコミばかりでした。

特にタピオカの味に関する良いクチコミが多く、タピオカのモチモチ具合や黒糖の上品な甘さを褒めるものが目立ちました

シェイシェイパールに対するユーザーの評価は高いと言えるので、フランチャイズに加盟して店舗を展開した場合、お客さんの入りが期待できると言えるでしょう。

シェイシェイパール フランチャイズの将来性

シェイシェイパールのフランチャイズに加盟してビジネスを展開していく場合、ほとんどの方ができるだけ長くビジネスを続けていきたいと考えているかと思います。

そこで気になるのが、シェイシェイパールのフランチャイズの将来性についてです。

今人気が高かったとしても、将来性が期待できないと思われるビジネスには手を出すべきではありません。

逆に将来性があると思われるのであれば、フランチャイズに加盟し、ビジネスの展開を推し進めていくべきです。

シェイシェイパールのフランチャイズの将来性について考える際、注目したいのが商材である「タピオカの人気です。

そこで、特定の商品への需要やことがらへの注目度を数値化してくれるGoogleトレンドでタピオカの需要をチェックしてみました。

引用元:https://trends.google.co.jp/trends/explore?date=today%205-y&geo=JP&q=%E3%82%BF%E3%83%94%E3%82%AA%E3%82%AB

こちらは、過去5年間のタピオカへの需要の変化をグラフ化したものです。

グラフを見てもらえるとわかりますが、2019年の夏頃にピークを迎えたタピオカへの需要は新型コロナウイルスの影響もあって徐々に下がっていき、今ではブームの前と変わらない水準にまで戻ってしまっています

ピーク時の需要が「100」だったのに対し、今の需要は「5」しかありません。
実際、よく見かけたタピオカ店もかなり少なくなってしまったと感じている方も多いのではないでしょうか?

それだけライバルが減ったという捉え方もできますし、味などの質の良さで勝負できるようになったとも捉えられます。

そのため、将来的に人気店として繁盛し、上手くいく可能性がないわけではありません。

しかし、需要は確実に落ち着いてきていますので、これからタピオカビジネスに参入するのであれば、この事実をしっかりと認識した上で参入するべきだと言えるでしょう。

まとめ

日本初の黒糖タピオカ専門店として人気の「シェイシェイパール」のフランチャイズについてご紹介してきました。

シェイシェイパールのフランチャイズは少ない初期投資額で始められ、なおかつ初期投資の回収期間が平均6ヶ月と非常に早い優秀なフランチャイズです。

また、知名度が高くてブランド力がありますし、SNSとの相性も良いので、マーケティングが展開しやすいフランチャイズでもあります。

オペレーションが簡単で未経験からでも挑戦しやすく本部のサポート体制が整っている点も大きな強みだと言えるでしょう。

一方で、タピオカのブームが落ち着いてきている点には注意しなくてはいけません。
シェイシェイパールで提供する主な商材はタピオカドリンクとなっているため、タピオカのブームが落ち着き需要が低くなってしまうと売り上げの低下に直結してしまいかねません。

今後またどこで人気に火がつくかわかりませんし、店舗が少なくなって純粋に味で勝負しやすくなったという見方もあります。

弱みや将来性についてもよく考えた上でフランチャイズへの加盟を検討されることをおすすめします。

シェアする
  • URLをコピーしました!
もくじ
閉じる