フードフランチャイズの口コミ・評判まとめサイト

ベリーベリースープFCのクチコミや評判|運営会社の株式会社スープアンドイノベーションとは?

ベリーベリースープは、「健康と美容」をテーマとして掲げる食べるスープの専門店です。

2009年の創業以来、フランチャイズ店を中心に全国展開しています。

女性顧客をメインのターゲットとするようなオシャレな店舗を持ちたい方にとって、ベリーベリースープは加盟候補の一つになるのではないでしょうか?

そして、加盟条件やメリット・収支予測などの内容が気になるのではないかと思います。

この記事では、ベリーベリースープのフランチャイズ契約が気になっている方に向けて、以下の情報を中心にご紹介します。

  • ベリーベリースープの概要
  • ベリーベリースープの強み・メリット
  • 加盟店オーナーの口コミ・評判
もくじ

ベリーベリースープの基本情報

引用元:http://www.soup-innovation.co.jp/
スクロールできます
店舗名ベリーベリースープ
運営会社株式会社スープアンドイノベーション
店舗数25店舗(直営1店舗FC店24店舗)
設立2009年1月8日
資本金31,680,000円
本社〒380-0826 長野県長野市北石堂町1412-1 夏目ビル1F

ベリーベリースープを運営する株式会社スープアンドイノベーションについてご紹介します。

株式会社スープアンドイノベーションとは?

株式会社スープアンドイノベーションは、日本一の長寿県として知られる長野県に本社を構えています。

同社がベリーベリースープを展開するうえで掲げているテーマは「美容と健康」です。

その戦略のとおり、ベリーベリースープの顧客の多くが20~30代の女性です。

「スープを通じてあらゆる人を幸せにする」という理念を達成するために、同社は直営とフランチャイズでベリーベリースープを全国展開しています。

本部CEOの室賀康氏は、有名外食フランチャイズで店長やSVとして活躍した実績があります。

食品への思いやご自身の経験を投入し、新たな価値の創造を目指しています。

ベリーベリースープフランチャイズの特徴や強み

強み

ベリーベリースープに加盟を検討する際に、最も大きな懸念事項は収支予測のとおりに収益が得られるのか否かという点ではないかと思います。

例えば、本部HPには収益予測モデルとして「月間売上300万円/経常利益50万円」といった数値が記載されています。

モデルのとおりに推移すれば早期に初期費用を回収して、利益を積み重ねていけますが、すべての店舗がうまくいくわけではありません。

そして、うまくいくか否かを判断するために重要な要素になるのが、ブランドのもつ特徴や強みです。

この章では、ベリーベリースープならではの強みをご紹介します。

新たな文化を創出している

スープ専門店自体はそれほど珍しくなくなりましたが、ベリーベリースープは一歩踏み込んだ価値を提供しています。

その価値とは、「フォークがなくては食べられないほどの具沢山のスープ」です。

「健康」「美容」「ダイエット」などのイメージが強いスープの中に、新鮮な野菜や魚介類などをたくさん入れることで、さらにヘルシーかつ満足感の得られる料理に仕上げています。

  • お肉・野菜・魚介類をバランスよく選べるメニュー構成
  • 朝でも夜でも最適な状態でスープを提供できる技術
  • 業界ナンバーワンの具材の多さ

これらの技術に裏付けられたスープを提供することで、顧客に価値を提供しています。

低資金での開業が可能

ベリーベリースープの開業費用の目安は、スープアンドイノベーションに支払う金額(280万円)+開業にあたって必要な資金(約1,200万円)の1,500万円~です。

280万円の内訳

加盟金150万円      
加盟保証金30万円
開業準備手数料50万円
店長研修費用50万円

残りの金額の内訳

  • 店舗の改装費
  • 店舗取得費
  • 内外装費
  • 厨房機器・設備費

これらの内訳は、店舗設備やメニュー構成などによって変化します。
例えば、居抜き物件などを利用することで1,500万円以下に抑えることも可能です。

オシャレな雰囲気のカフェや軽食店の開業資金は、2,000万円以上かかることが多いので、限られた予算のなかで飲食店経営を考えている方にとっては大きなチャンスといえるでしょう。

かゆい所に手がとどく本部の体制

ベリーベリースープは、本部代表者の元SV・元店長としてのノウハウが詰まっています。

  • 清潔感のある内外装をローコストで実施できるようなデザインの本部からの提案
    ※ただし、あくまでも「提案」であり、オーナーの希望や意向を尊重する姿勢を取られています。
  • 電話・メール・Faxによる年中無休のサポート体制(24時間対応)
  • 期間限定メニューの提案
  • 発注システム
  • 年間に3回のスーパーバイザー指導や覆面調査員指導
  • 本部発行メルマガによる情報発信
  • 2店舗以降の優良物件の配信

上記のように、加盟店オーナーのニーズや希望を把握し、すべてに答えられる体制が整っています。

特に、飲食店オーナーとしてはじめて経営をする方にとっては、非常に心強いでしょう。

農林水産省からの表彰実績あり

ベリーベリースープは、2018年に農林水産省から優良外食産業表彰を受賞しています(優良外食産業表彰)。

特に高く評価された点は、以下の点です。

  • 9割の顧客が女性で、そのうち7割がフードのメニューをオーダーしている点(新たな価値の提案)
  • 地域の状況に合わせて柔軟に店舗の形態などを提案し、出店しやすい状況を提案
  • 各店ごとにメニュー構成を決定できるという柔軟性

飲食店の場合、自ら取組内容や強みを発信することが多いですが、省庁から表彰されることで客観的な裏付けとして信用性が高まっています。

ベリーベリースープフランチャイズの弱みはあるのか?

弱み

ベリーベリースープの弱みについても同様に解説します。
基本的には、弱みやデメリットのない飲食店フランチャイズは存在しません。

失敗を避けるための最大の対策は、弱みを把握して解決策をイメージするか、別のビジネスを検討するかのいずれかです。

この章では、 4つのポイントをご紹介します。

競合店が多い

ベリーベリースープに関しての最初の懸念点は、競合店の存在です。

確かにスープの専門店としてとらえた場合、ベリーベリースープの競合店は、少ないでしょう。
しかし、女性をメインのターゲットとする飲食店としてとらえた場合は、むしろ競合店は多いです。
具体的には、パスタ店やカフェなどが該当します。

ベリーベリースープは、メインの商品がスープではあるものの、ランチセットにはごはんやパンがセットとしてついています。

また、メニューノバリエーションとして、パスタやカレーなどのメニューもあります。

メニューの構成としてはパスタ店やカフェ店と似た内容となるため、スープのおいしさや価値を消費者にしっかりと伝えないと顧客を他店に奪われるでしょう。

事実として、ベリーベリースープは近年オープンする店舗よりも閉店する店舗の方が多いという事実もあります。

出店エリアの選定が重要

ベリーベリースープは、20~30代の女性がメインのターゲット層です。
「女性一人でも入りやすい」を実現している反面、「男性一人」や「男性のみのグループ」の来店はあまり期待できません。

また、利用用途の大半が比較的軽めの食事であり、平均顧客単価は800~1,000円程度です。

以上を踏まえると、ターゲット層の女性を集客しやすい立地で勝負しなければ、勝算がかなり低くなります。

具体的には、駅近辺の繁華街・ショッピングセンター内・活気のある商店街などです。

飲食店は、多かれ少なかれ立地によって売上が左右されますが、ベリーベリースープのようにターゲットが具体的に定まっている場合は、より慎重に物件を選ばなくてはなりません。

シーズンごとの工夫が必要

ベリーベリースープの場合は、真夏の暑い時期にいかに売上を維持するかという問題があります。

暑い時期でも売れる商品(カレー・パフェ・冷たいスープなど)はありますが、消費者心理としては夏にスープ専門店に行きたいという気持ちになりにくいでしょう。

本部と協力して夏にも人気のでるメニューを開発したうえで、いかにPRできるかが問題となります。

例えば、夏メニューを目立たせた看板を作成したり、SNSに期間眼底メニューを投稿したりするなどの対策が必要です。

固定のロイヤリティがかかる

ベリーベリースープのロイヤリティは固定額がかかる仕組みになっています。

売上が低くて赤字になってしまった月でもロイヤリティを本部に納めなくてはなりません。
その分、売上の多い店舗にとってはメリットのある仕組みですが、一定のリスクを加盟店側が背負うことになります。

ベリーベリースープFC加盟者の評判・クチコミ

加盟者口コミ

ベリーベリースープに加盟する際には、既存オーナーの口コミが大いに参考になります。
早速、チェックしましょう。

ベリーベリースープは、カフェ風のオシャレな店で、フランチャイズだけれど店舗デザインなどは、加盟者がかなり自由に決められる。
開業資金は、なんとか手が届く範囲。本部代表も信頼できる人柄。
「このフランチャイズなら、自分の夢にかなった店が出せそう」。
こう考えたことも、加盟理由に挙げられます。

引用元:https://messe.nikkei.co.jp/fc/column/institution/134592.html

ご自身の夢を実現できるということは、フランチャイズ契約の非常に大きなメリットです。
上記の例は、本部の理念とオーナーの方の考え方が一致して、うまく夢を具現化できているよいモデルケースであるといえます。

ベリーベリースープフランチャイズユーザーの評判・クチコミ

ユーザー口コミ

ベリーベリースープの一般消費者の口コミについても確認しておきましょう。

口コミを見ても、圧倒的に女性の割合が多いです。
店舗側もより女性が入りやすくなるように、「女性会プラン」などを設けています。

ベリーベリースープの口コミを見ていると、「オシャレだからフランチャイズだとは思わなかった」と声が少なくありません。

メニュー構成もとてもヘルシーで、洗練されたイメージです。

ベリーベリースープは、スイーツも人気があります。
特に、夏はかき氷などの涼めるメニューが人気です。

ベリーベリースープは、多くの利用者から高く評価されている店舗でした。
今後の店舗拡大のためには、ファン層をどれだけ広げられるかがカギになるでしょう。

ベリーベリースープフランチャイズの将来性

ベリーベリースープのフランチャイズの将来性を考えるためには、そもそもスープ専門店の市場がどれだけ広がるのかを考える必要があります。

スープ専門店のリーディング企業といえばSoupStockTokyoです。
SoupStockTokyoは、創業以来堅調に推移しているブランドですが、出店に対する姿勢はかなり慎重です。

確実に利益がでると見込まれる物件が見つかったときのみ出店するような姿勢で営業をしており、急激に店舗を増やすような方針は取っていません。

あくまでもブランド戦略の一つの考え方としてもとらえられますが、もう一方の側面としてスープ専門店の市場がまだ開拓途上にあるとの考え方もできます。

近年、ベリーベリースープはコンビニとコラボをして商品を提供したり、認知度を高めるための動きを活発におこなっています。

また、健康志向や女性の美容への意識はますます高まっています。
これらをうまく追い風にして、店舗の集客につなげられるか否かが大きなカギとなるでしょう。

また、全く異なるアプローチとしてスープ専門店の市場をあえて考えないで出店を考えることもできます。

ベリーベリースープは、オーナーの考え方を尊重し、地域や状況に合わせた出店計画を二人三脚でサポートしてくれます。

つまり、ベリーベリースープを地域のニーズにピッタリ合った店舗を実現するためのブランドとして考えることも可能です。

例えば、既存店では独自のキャンペーンにてかき氷づくり体験会を開催したり、キッズスペース完備の店舗を作ったりしている店舗もあります。

本部が店舗独自の取り組みをサポートしてくれる姿勢だからこそ、こうした取組が可能になります。

したがって、飲食店経営に関して具体的なサービスのイメージがあるものの、メインの商品が定まらない方や、ブランドを0から立ち上げるのが苦手な方は、ベリーベリースープに加盟することにより、イメージ具現化のサポートをしてもらえます。

以上をふまえると、スープ専門店の市場性は読みづらい部分があるものの、飲食店経営の一つの形としてベリーベリースープはとても魅力的な本部になりうる、と考えられます。

まとめ

「健康と美容」をテーマとしているベリーベリースープは、多くの方に必要とされているサービスです。

ベリーベリースープでは、さらに「美味しさ」も提供できます。

競合店の存在もあるため、オシャレなイメ―ジや目新しさだけでは地域の人気店になることは難しいかもしれません。

しかし、ベリーベリースープは、オーナーの考え方や積極性を十何に検討してくれる本部です。

熱意や飲食店に関するイメージを具体的に持っている方にとっては、かなり夢のあるフランチャイズ物件といえるのではないでしょうか。

興味のある方は、説明会にてぜひ詳しい情報を得てください。

シェアする
  • URLをコピーしました!
もくじ
閉じる