フードフランチャイズの口コミ・評判まとめサイト

台楽タンガオFCのクチコミや評判|運営会社のBOCジャパン合同会社とは?

第三次タピオカブームが落ち着きを見せはじめると、さまざまな商品が次のブームとして注目されるようになりました。

台湾カステラは次代のブームとして期待されるスイーツの1つで、早くもいくつかのブランドが販売を開始しています。
台楽蛋糕(タイラクタンガオ)も台湾カステラを取り扱うブランドの1つです。

本場の台湾で修行をした職人が、厳選された原材料で作り上げた台湾カステラは、本場の味を忠実に再現したものです。

小麦粉・卵・チーズの絶妙なハーモニーを楽しめる台楽蛋糕は、流行に敏感な層の気持ちを早くもキャッチしています。

この記事では、台楽蛋糕にフランチャイズ加盟を検討している方に向けて、以下の情報を中心に解説しています。

  • 台楽蛋糕(タイラクタンガオ)の概要
  • 台楽蛋糕(タイラクタンガオ)の特徴・メリット
  • 台楽蛋糕(タイラクタンガオ)の将来性

飲食に特化した独立・開業メディア
Food's Route(フーズルート)掲載中

人気フランチャイズランキング

順位会社名/ブランド名リンク特徴

株式会社ミールソリューション

Aloha Poke Tokyo

Uber Eats平均評価4.7の実績!
各メディアでも話題のバーチャルレストランFC!低投資・低リスク・高収益化を実現!最短2週間で開始可能☆

株式会社結

+VR(プラスブイアール)

実績のあるノウハウによってデリバリーでしっかり収益・売上アップが目指せる!

株式会社バーチャルレストラン

デリバリープラン

【ブランド利用無制限】「50種類以上」のブランド導入し放題!原価率25%以下・カンタン調理!高収益バーチャルレストラン

株式会社X Kitchen

梨泰院スープ

空き時間を利用して売上アップ!人気の韓国ワッフルのデリバリー専門店.※UberEatsのエリア内で既存店舗(営業許可)をお持ちの方が導入可能

株式会社グッドフードデザイン

サラダボウル専門店 GRIT TODAY 

【年商3,000万円】【リピート率65%以上】テイクアウト・デリバリー専門のブランドシェアリング型FC
年間2万食も売れている人気のサラダボウル専門店!
もくじ

台楽タンガオの基本情報

店舗名台楽蛋糕(タイラクタンガオ)
運営会社BOCジャパン合同会社
創業2019年3月12日
本社〒101-0021東京都千代田区外神田4丁目14-1 UDX 4F

台楽蛋糕(タイラクタンガオ)を運営しているBOCジャパン合同会社の会社についての概要から詳しく解説します。

BOCジャパン合同会社とは?

BOCジャパン合同会社は、台湾の食文化を日本でプロデュースする事業を展開している企業です。

親日国としても知られる台湾は、屋台をはじめとした独自の食文化を有しています。
また、中華料理に影響を受けながらも比較的あっさりとした味付けは、日本人好みの味付けだとされています。

BOCジャパン合同会社が手がけているブランドは、台湾カステラ専門店の台楽蛋糕(タイラクタンガオ)とタピオカ専門店の台楽茶の2ブランドです。

ほかに、台湾の現地法人であるグループ会社にて台湾に出店する日本の飲食店をサポートする事業も展開しています。

台湾現地とのコネクションを生かして、流行商品である台湾カステラや台湾茶をプロデュースしている事業者です。

台楽タンガオ フランチャイズの特徴や強み

強み

フランチャイズブランドに加盟する際には、本部の特徴を詳しく理解することが大切です。

飲食店を運営して成功するためには、マーケティングやオペレーションの面が非常に重要であるためです。

商品力に魅了されたとしても、それはメリットの1つでしかありません。

この章では、フランチャイズ加盟店の目で見た場合の台楽蛋糕の特徴・メリットをご紹介します。

現地で修行をしたスタッフがつくる本場のレシピ

海外の飲食店を日本国内でプロデュースする際には、現地の味に忠実であることが求められます。

 特に台湾は、日本にとって非常に身近な国です。

新型コロナウイルス前までは、年間200万人もの日本人旅行者が日本人を訪れており、現地の名店や屋台での食事や観光を楽しんでいました。

また、日本国内には100,000名以上もの台湾の方、もしくは台湾にルーツをもつ方が在留しています。

 これらの事情から台湾カステラを現地で食べたことのある方も多いため、レシピが異なっている場合はすぐに消費者にわかってしまうでしょう。

台楽蛋糕では現地の有名店で修行をして忠実に再現をしたレシピでメニューが作られています。
そのため、本格的な台湾カステラを求めるユーザーにも、現地の味を試してみたいと考える方にも高く評価されるでしょう。

また、写真や店頭のディスプレイからも十分に伝わるふわふわ食感は、SNSやホームページ上でのインパクト・キャッチーさを十分にもっています。

チーズ・抹茶・チョコレートなどの風味が多彩であることも集客を後押しするでしょう。

さらには、台楽蛋糕は日本人によるプロデュースのため、日本人からわかりやすく技術指導を受けられるというメリットもあります。

慎重・着実な本部の姿勢

 台楽蛋糕の本部であるBOCジャパン合同会社は、慎重にフランチャイズ展開を進めています。

その姿勢の慎重さが確認できるポイントが、フランチャイズ募集の姿勢です。

台楽蛋糕は誇大広告をしたり、「誰でも儲かる」などのお甘い宣伝を掲げていません。
要求される条件に合致する条件を兼ね備えたオーナーに対して個別に説明会を開いたうえで出店するかしないかの判断をするという姿勢が取られています。

 ブームの商品を取り扱う飲食店は、急速に広まりブームの終息とともに一気に撤退されるという印象をもっている方もみえるかもしれませんが、台楽蛋糕はその反対の姿勢でフランチャイズ展開をしています。

その姿勢の理由や背景について直接的な説明は特にされていませんが、考えられる点として大きいのは台楽蛋糕の本部であるBOCジャパン合同会社が日本と台湾の架け橋になる事業をされている点です。

日本にも台湾にも拠点をもち、両者のよい文化を相互に紹介する事業を展開されているため、その場かぎりではなく長期的な視野で全員が満足感を得られるようなブランド展開を心がけられているものと考えます。

 その結果、しっかりした経営の実力やビジョンがなければ加盟が難しくはなりますが、逆に本部の応援が得られれば事業をかなりスムーズに展開できるはずです。

戦略に基づいて事業を展開しているという点で、「ブームだから」と出店を急ぐ企業よりも信頼できるのではないでしょうか。

本部のネットワークとコネクション

 BOCジャパン合同会社は、大手ショッピングセンター・商業施設・不動産会社との独自のコネクションを築いています。

その結果、新店舗を出店する際には、一等地を優先的に案内してもらえる可能性が高まります。

 飲食店経営の場合、立地は集客の最重要ポイントの1つです。

また、売上の面だけではなく物件取得費や月々のテナント料などの固定費に関しても大きな割合を占めるため、立地の選択に失敗すると致命傷になる可能性もあります。

BOCジャパン合同会社では立地を名称だけではなく独自の基準(導線/駐車場/レイアウトなど)によって客観的に評価をしています。

本部の評価を参考にすることで、冷静に店舗候補地を選ぶことが可能です。

独自のマーケティング戦略

マーケティングの面でも、台楽蛋糕にはさまざまなメリットがあります。

  • 流行に敏感な女性からの注目を集める高級感ある店舗
  • 本店が銀座に存在することによる格式の高さ
  • 複数メディアからの取材などの世間的な注目の高さ(競合の少なさ)

上記のように、台楽蛋糕は台湾ブームの後押しだけではなく独自のブランド戦略もかかげています。

台湾カステラは、利用者の大半がテイクアウト利用者のためコロナ禍を問題としないという利点もあり、時代にマッチした戦略を掲げているともいえます。

台楽タンガオ フランチャイズの弱みはあるのか?

弱み

台楽蛋糕 (タイラクタンガオ) に加盟する際には、弱みについても把握しておくことが大切です。

台湾カステラはブームの兆しはあるものの、出店時には1,000万円以上の費用がかかるため、リスクのある事業であることを明確に理解しておかなくてはなりません。

また、ブームの兆しの見える商品が必ずしもタピオカのようにヒット商品になるとは限らないことも十分に理解しておく必要があります。

失敗を防ぐためにも、台楽蛋糕のデメリット・リスクを十分に理解しておきましょう。

店舗運営のスキル・ノウハウが必要

台湾カステラの市場は、流行の兆しがあるものの2021年現在ではまだ市場がどのように成長するのか不透明です。

市場が不透明な状態のなかで利益を上げるために大切なことは、加盟店側でも販売や運営のスキル・ノウハウをもつことです。

成功の難易度は商品・タイミング・ブランド力などによって異なります。

未経験者でスキルやノウハウがなくても熱意と本部からのサポートでカバーできる場合と、経験・スキルがないとチャンスが少ない場合があります。

台楽蛋糕の場合は、高度な本部からの十分なサポートは期待できますが、それでも飲食店未経験者が成功するのは難しいでしょう。

  • 台湾カステラが日本に上陸して間もない商品であること
  • 開業のために1,000万円以上の費用がかかること
  • 台湾カステラの製造やオペレーションがやや複雑であること

上記をクリアして店舗を運営できるスキル・経験がないと、そもそもフランチャイズ加盟をさせてもらえるチャンスが得られないでしょう。

少なくとも飲食店未経験者や手元に十分な資金をおもちでない方は、慎重に考え直すことが推奨されます。

日本人の味覚との相性にあわない可能性がある

近年の消費者は、ブームに対してやや用心深い一面があります。

例えメディアで話題になっていても、口にしてみたときの満足度が低ければ、リピートされなかったり「おいしくない」という評判が広がってしまったりします。

そして、現状の台湾カステラに対する一般的な評価は、好みによって賛否両論分かれているという状況です。

その原因は、「台湾カステラ」というネーミングにもあるかもしれません。

台湾カステラは、日本のカステラのように砂糖がたくさん入った甘いスイーツではないため、食べる前に想像する味とのギャップを感じる方が多いようです。

また、台湾カステラの最大の特徴であるふわふわの食感がシフォンケーキと類似しているという感想もあります。

台湾カステラは、日本で注目されるようになったのは最近のことですが、台湾では古くからあるスイーツです。

台湾カステラのファンは台湾にも国内にも多数います。

ブームになりつつあるのは確かな理由や背景があってのことではありますが、必ずしもタピオカのような大ヒットになるとはかぎらないと想定しておきましょう。

そして、ブームが到来しなかったとしても着実に利益が上げられる店舗経営を目指すことが重要です。

メニュー構成に不安が残る

台楽蛋糕の台湾カステラは、プレーン・チーズ・チョコレート・抹茶など、確かにフレーバーの種類は豊富です。

しかし、サイズは基本的に1種類で、2~3人前程度の大型サイズです。

サイズが大きいことや、大きさを苦にせずに食べられることは台湾カステラの魅力である反面、一人で少量のスイーツを食べたいと思う消費者には選ばれにくいでしょう。

認知度が低い状況では、友人同士や家族などの複数のメンバーで「台湾カステラ」を体験するというニーズが期待できますが、ブームが一巡するとそのようなニーズも少なくなります。

もちろん、メニュー構成は将来的に変わるかもしれません。
本場台湾では、1利用の少量サイズの台湾カステラを販売している店舗があります。

ロールケーキの人気店がロールケーキブームが落ち着いたあとに次のブーム商品を生み出すためにさまざまな新作を出しているなどの例もあります。

したがって、あくまで2021年9月時点での懸念点ではありますが、メニューの編成によってはリピーターを獲得しづらくなる可能性があるでしょう

台楽タンガオ フランチャイズユーザーの評判・クチコミ

ユーザー口コミ

台楽蛋糕 (タイラクタンガオ) の台湾カステラが消費者からどのような評判を受けているのか気になる方も多いのではないかと思います。

台湾カステラとしては賛否両論分かれていますが、台楽蛋糕は消費者から指示されているのでしょうか?

この章では、インターネット上のクチコミを3件、ご紹介します。

本場台湾で食べた経験を持つ方にとっても、台楽蛋糕 (タイラクタンガオ) の台湾カステラはとてもおいしいようです。

ふわふわの食感に感動したという消費者はほかにも多数存在します。

デメリットになるかもしれないと紹介した分量ですが、台湾カステラのファンにとっては決して多すぎることはないそうです。

プレーンの台湾カステラは甘さ控えめということもあり、生クリームやフルーツと一緒に食べているという方も多いです。

ブームの兆しが見えているということで、多くの消費者がインターネット上で写真や感想を投稿していました。そして、今のところその大半は好意的な意見でした。

台楽タンガオ フランチャイズの将来性

台楽蛋糕 (タイラクタンガオ) は、将来性が判断しづらいブランドです。
その最大の理由が、台湾カステラの人気がどのように今後推移するのかまったく読めないためです。

その状況下で堅実的な考え方をするのであれば、台楽蛋糕がオープンしてからの盛り上がり方はやや緩やかなため、タピオカブームのような爆発的なブームが起こる可能性は低いといえます。

ただし、台楽蛋糕はパイオニア的なポジションにいるため、強いブームが起こらないことが逆にメリットに働く可能性もあります。

競合店が増えにくくなるためです。
また、本部が加盟店に対して経験・ノウハウ・知識が必要であることを理解して、堅実な姿勢を見せているのため地に台楽蛋糕ブランドは地に足のついたブランドであるのは確かです。

日本と台湾との関係性が友好的であることもふまえ、長期的に着実に成長するブランドになることが期待されます。

まとめ

台楽蛋糕 (タイラクタンガオ) は、本場の味を再現した台湾カステラの専門店です。

メニューとしての完成度が高いことに加え、確かなブランディング力により、現在市場やメディアの注目を集めています。

また、一見華やかさを追求したブランドのようにも見えますが、着実な路線を重視する店舗経営をしています。

台楽蛋糕は、マネジメントの苦手な方や未経験者にはあまり適していません。

その意味では、かなり人を選ぶブランドであるといえるかもしれません。

ただし、非常に厳しい目でチェックが入るからこそ、確かな経験を生かして加盟したい方にとっては大きなビジネスチャンスであるともいえます。

台楽蛋糕と一緒に成長できるチャンスのある方は、ぜひ説明会にて詳しい情報を確認されてみてはいかがでしょうか?

シェアする
  • URLをコピーしました!
もくじ
閉じる