フードフランチャイズの口コミ・評判まとめサイト

珈琲専門店MUCFCのクチコミや評判|運営会社の上島珈琲貿易株式会社とは?

「昔ながらの喫茶店スタイルの店舗を開業したい」

「お客様一人ひとりと向き合うスタイルのお店に憧れている」

MUCは上記の条件に当てはまるかもしれません。

MUCは、関西地方を中心に50店舗以上を展開する昭和の雰囲気漂う喫茶店です。

MUCの運営本部は、コーヒー業者として有名なUCC上島珈琲のグループ会社で、とても長い歴史をもつブランドです。

そして、現在もフランチャイズ加盟店を募集しています。

飲食に特化した独立・開業メディア
Food's Route(フーズルート)掲載中

人気フランチャイズランキング

順位会社名/ブランド名リンク特徴

株式会社ミールソリューション

Aloha Poke Tokyo

Uber Eats平均評価4.7の実績!
各メディアでも話題のバーチャルレストランFC!低投資・低リスク・高収益化を実現!最短2週間で開始可能☆

株式会社結

+VR(プラスブイアール)

実績のあるノウハウによってデリバリーでしっかり収益・売上アップが目指せる!

株式会社バーチャルレストラン

デリバリープラン

【ブランド利用無制限】「50種類以上」のブランド導入し放題!原価率25%以下・カンタン調理!高収益バーチャルレストラン

株式会社X Kitchen

梨泰院スープ

空き時間を利用して売上アップ!人気の韓国ワッフルのデリバリー専門店.※UberEatsのエリア内で既存店舗(営業許可)をお持ちの方が導入可能

株式会社グッドフードデザイン

サラダボウル専門店 GRIT TODAY 

【年商3,000万円】【リピート率65%以上】テイクアウト・デリバリー専門のブランドシェアリング型FC
年間2万食も売れている人気のサラダボウル専門店!
もくじ

珈琲専門店MUCの基本情報

引用元:https://rubese.net/gurucomi001/?id=5223623
スクロールできます
店舗名珈琲専門店MUC
運営会社上島珈琲貿易株式会社
店舗数約50店舗/そのうちFC26店舗
※2021年時点
創業1932年8月
設立1945年12月25日
資本金1,000万円
従業員数43名
本社大阪府堺市美原区太井122-1

MUCの直営店運営とフランチャイズサポートをおこなっている上島珈琲貿易株式会社についてご紹介します。 

上島珈琲貿易株式会社とは?

上島珈琲貿易株式会社は、コーヒー豆の卸販売・喫茶店運営・飲食店運営のサポート・ケータリング事業などを営んでいる企業です。
昭和7年に創業された非常に歴史のある企業です。

「UCC」のブランド名で有名なウエシマコーヒーフーズ株式会社とは、それぞれの創業者が兄弟関係にありますが、直接の資本関係はありません。

とはいえ、上島珈琲貿易株式会社が手がけるMUCは、関西地方では「コーヒーがおいしく飲めるお店」「憩いの場所」として親しまれています。

珈琲専門店MUCフランチャイズの特徴や強み

強み

フランチャイズへの加入を検討する際の出発点は、ブランドの魅力を理解することです。
加入のメリットを比較検討しながら、ご自身のやりたいことや夢をかなえられるか否かがイメージできるでしょう。

この章では、MUCへのフランチャイズ加盟の3つの魅力をご紹介します。

MUCのブランド力を利用できる

MUC珈琲店は、関西地方に約50もの店舗を展開しています。

真偽は明らかではありませんが、関西地方の人々が「マクドナルド」のことを「マクド」と呼ぶのはMUCの存在があったから、との説があるほどです。

特に、シニアの方々の認知度が高く、既存店の多くは常連顧客の割合が多いことも特徴の一つです。

MUCが常連顧客に愛される理由として挙げられるのは、以下の4点です。

  • ノスタルジックで落ち着いた雰囲気の店内
  • コーヒーとフードメニューの品質の高さ
  • カウンター越しにマスターと気の置けない会話が楽しめる
  • 喫煙可能な店舗が多い(店舗によっては、禁煙の店舗もあります)

スターバックスに代表されるシアトル系のカフェやコメダ珈琲のような明るい雰囲気の喫茶店が増えるなかで、本格的な珈琲が楽しめるお店としてMUCは独自のブランドイメージを確立しています。

仕入れが安定する

MUCにフランチャイズ店して加盟をすると、コーヒーやフードメニューの食材などを上島珈琲貿易株式会社から一元的に仕入れられます。

本格的な喫茶店を運営する場合、仕入れは決して簡単ではありません。

例えば、コーヒー豆だけでもさまざまな種類があります。

しかも、原産国の情勢などにより、コーヒーの品質や仕入れ値は変動します。
専門的な知識・ノウハウがなければ、その時々で最もおいしいコーヒーを仕入れるのは困難です。

また、コーヒーだけではなくフードメニュー用のパンをはじめとした食材などの仕入れも必要です。
コーヒーの卸業者として長年の実績を持ち、多くの取引先を持つ上島珈琲貿易株式会社から一元的に仕入れられるのは効率的かつ安心です。

さらには、加盟店オーナーの発注ミスや偏りについても本部のチェックが入ります。

特に未経験オーナーの場合、経験不足や個人的な思い入れから、リスクのある発注をしがちであるため、経験豊富な本部のチェックが非常に役立ちます。

技術を身につけられる

MUCでは、開店前に本部からの十分な技術指導が受けられます。
大まかな研修のステップは、以下の3段階です。

STEP
実店舗見学
STEP
開店前研修
STEP
プレオープン

これらの研修のなかには、おいしいコーヒーやフードメニューを提供するための技術はもちろんですが、店舗運営のために必要な知識・ノウハウの研修も含まれます。

また、希望する場合にはオーナー様ご自身だけでなく従業員の方も本部で研修を受けられます。

MUCの顧客は、おいしいコーヒーやフードメニューを希望している方が多いです。
したがって、カフェチェーンとは異なり、確かな技術が要求されます。

他店に負けないおいしいコーヒーを入れる技術を身につけたいとお考えの方にとって、MUCはコーヒーの専門家としての知識を学ぶための理想的な環境の一つでしょう。

その一方で、MUCでは利益率を高めるめるための工夫も徹底されています。

研修を受けてMUCのノウハウを身につければ、少人数で無理のない店舗運営ができます。

少ない予算でも開業できる

喫茶店やカフェは、開業しようと思っても開業費用の面が障害になってしまうケースが多いです。
その理由として挙げられるのは、以下の点です。

  • 一般的に広めのスペースを必要とする
  • 内外装の費用が高額になりやすい
  • 複数名のスタッフで営業しなくてはならないため、人材採用コストがかかる

実際に、フランチャイズチェーンの開業資金として、5,000万円以上の開業資金を必要とするブランドは珍しくありません。しかし、MUCの場合は以下の点で開業資金を安く抑えることが可能です。

  • カウンター席中心の小規模な店舗で開業できる
  • 少人数で運営できるよう、オペレーションが作り込まれている

実際の開業資金は物件の状況によって異なるため、一概には言えませんが費用の面で喫茶店の開業を諦めていた方は、十分に相談してみる価値があるでしょう。

珈琲専門店MUCフランチャイズの弱みはあるのか?

弱み

 MUCにフランチャイズ加盟を検討する場合には、弱みとなり得る部分もあります。

フランチャイズ加盟を考える過程では、これらの弱みとなり得る部分がいかに克服できるかを意識しましょう。

疑問や不安が拭えない場合には、本部に問い合わせをしたり、説明会に参加するのも効果的です。

多店舗展開が難しい

MUC珈琲店の運営は、他のフランチャイズ店舗と比べると店長やスタッフの接客の重要性が高いです。

MUC珈琲店の利用者の多くが、店主との会話を楽しみにして来店しているためです。

当然、店頭に立つスタッフは常連顧客を把握し、コミュニケーションをうまく取らなくてはなりません。
また、新規顧客を獲得するためには、誰とでもスムーズにコミュニケーションを取る力も重要です。

したがって、複数店舗を展開する場合には上記のコミュニケーションスキルを備えた店長をご自身以外に複数名確保しなくてはなりません。
さらに、コーヒーやフードをおいしく作れるスキルも必要です。

オペレーションが本部によって自動化されているとはいえ、顧客とのコミュニケーション能力は簡単に身につけられるものではありません。

また、飲食店フランチャイズの場合、一店舗のみで利益を上げるのは難しいという側面もあります。

利益面を特に重要視している方は、1店舗目のシミュレーションに加えて、将来的にどのように利益を増やせるのかについてもシミュレーションしましょう。

客層の中心がシニア層

MUCは、フードメニューが一部若い利用者にも人気を集めているものの、ファンの多くがシニア層です。
また、近年カフェの利用者層として多いテレワーカーの需要にもマッチしていません(Wi-Fi環境や電源設備などが整っていないことが多いため)。

総人口が減少傾向にある日本国内において、シニア層のみをターゲット層としてビジネスを展開していると、将来的な集客に不安が残ります。

メニュー開発や新たなサービスのスタートなど、新たな客層をつかむためのアイデアが必要です。

出店地域の条件が難しい

MUCの加盟条件として特に厳しい条件が指定されている訳ではありません。

しかし、店舗を運営するためには、最適な物件に出店しなくてはなりません。そして、最適な物件を選ぶのは非常に難しいです。

具体的なポイントをご紹介します。

関西地域

MUCの店舗は、関西エリアに限定されています。
募集条件には「関西以外のエリアからの応募はNGとの記載」と限定の記載があるわけではありませんが,現実的に考えて出店可能な地域は関西地区に限られるでしょう。

都心近くの住宅地

フランチャイズ店に加盟をして、一定の収益を得るためには、都心近くの住宅地である必要があります。
既存店の多くは、都市部の住宅地にあります。

MUCでは、会話をしながらおいしいコーヒーを楽しむための店舗であるため、例えば都市部ではゆっくり時間を過ごせる顧客が少ないためです。

珈琲専門店MUCフランチャイズユーザーの評判・クチコミ

ユーザー口コミ

 MUCの魅力を知るためには、一般消費者のクチコミが参考になります。

一般消費者がどのような点を評価しているのかなどを参考にすることで、強みやアピールポイントが再確認できるためです。

コーヒーのおいしさには定評があります。
フランチャイズ店でありながら、味にこだわりをもつマスターが運営する個人店と比較されることも多いほど、消費者から信頼を得ています。

昭和の雰囲気を持つ喫茶店らしく、おいしいフードメニューにも定評があります。
店舗ごとにメニューは異なる場合がありますが、フレンチトーストやたまごサンドなどパンのパンメニューが人気です。

MUCの雰囲気に癒やされるというファンも少なくありません。
少し照明を抑えた店内でゆっくりと時間を過ごしたい方、店主や他の常連顧客とコミュニケーションを取りたい方、お酒を飲んでゆっくりしたい方など、利用用途もさまざまです。

MUCは、上記のように地域の顧客からとても愛されている店舗です。
シニア層のファンも多いため、インターネットではなく対面で感想を聞けばより熱のこもった声を確認できるでしょう。

珈琲専門店MUCフランチャイズの将来性

カフェ・喫茶店は、飲食店のなかで最も新規出店数が多い業態です。
そして、個人運営の喫茶店は閉店の数も少なくありません。

喫茶店の運営が難しいのは、いくつか理由があります。

  • コーヒーの味やおしゃれな雰囲気を強く意識するあまり、経営がおろそかになってしまい安い
  • 顧客単価が安いため、オペレーションを効率化しなければ高い利益率が望めない
  • 似たタイプの競合店が現れ、顧客を奪われてしまう
  • 認知を広めるための広告費が高くつく

これらのマイナス要因は、MUC珈琲店に加入することで概ね解消されます。

例えば、コーヒーのおいしさ・店舗の雰囲気・効率的なオペレーションは、本部がすでに技術・ノウハウを持っています。

加盟店オーナー様は、本部の指導やアドバイスに従って店舗運営をおこなうことで、これらのリスクに対処できオーナーが本来おこなうべき店舗運営の仕事に意識を集中させられます。

また、MUCは関西地区では圧倒的な知名度をもつ独自路線の店舗なので、ブランディングや広告の面でも非常に有利です。

懸念点としては、そもそも喫茶店需要がどの程度あるかという点が挙げられます。

特にMUCは若い世代が気軽に入店する店舗ではありません。
店舗の外観がやや格調高い雰囲気であることや、他の大手チェーンと比較するとやや高価格帯であることがその理由です。

また、ビジネスでの打ち合わせ・テレワーク・学習など、近年カフェがターゲットとしている層に対しても今のところMUCはあまり取り込めていません。

ブランド力は確固たるものがあるため、需要のある地域にどれだけ出店できるかが大きくカギを握るのではないでしょうか?

まとめ

MUC珈琲店は、昔ながらの雰囲気を感じさせる喫茶店です。
コーヒーのおいしさと落ち着いた雰囲気から、シニア層を中心に地域の方々から支持されています。

MUC珈琲店のフランチャイズ本部は、昭和7年創業の上島珈琲貿易株式会社です。

コーヒー作りの確かな技術・ノウハウにもとづいた確かな実績があるため、フランチャイズ加盟するオーナーとしても安心して加入を検討できる企業なのではないでしょうか。

MUC珈琲店のフランチャイズ加盟について詳しく知りたい方は、ぜひ説明会にて詳細情報をチェックしてください。

シェアする
  • URLをコピーしました!
もくじ
閉じる