フードフランチャイズの口コミ・評判まとめサイト

レブレッソのクチコミや評判|運営会社のレブレッソジャパン株式会社とは?

最近、街中で食パン専門店をよく目にするようになりました。

2013年頃より生食パンで有名な「乃が美」を皮切りに高級食パンブームが到来し、その需要は2021年も衰えを知りません。

都内だけでも10ブランド以上の専門店がオープンしており、一斤1,000円以上の食パンを販売しているブランドもあります。

高級食パンブームにいち早く参入し、今年7周年を迎えるLeBRESSO(レブレッソ)でもフランチャイズオーナーを募っています。

この記事では、レブレッソでフランチャイズ加盟において強みや特徴、ユーザーの口コミなどご紹介します。

もくじ

レブレッソの基本情報

引用元:https://www.facebook.com/lebresso
店舗名LeBRESSO
運営会社レブレッソジャパン株式会社
店舗数9店舗
設立2005年9月30日
資本金5000万円
本社大阪府大阪市天王寺区味原町一丁目1番

レブレッソジャパン株式会社とは?

レブレッソジャパン株式会社は、食パン専門店とカフェが融合したベーカリーカフェ「LeBRESSO(レブレッソ)」を経営している企業です。

LeBRESSO(レブレッソ)は、BREAD(ブレッド)とESPRESSO(エスプレッソ)による造語であり、「ブレッドとエスプレッソで日常の中にある小さなHAPPYをお届けする」というコンセプトに基づいています。

朝食の定番である食パンを通して、ライフスタイルを提供を行い、オープン当初からメディアに取り上げられるなど人気を博しています。

レブレッソを立ち上げたオーナーも会社員から独立・開業していることも特徴です。

レブレッソフランチャイズの特徴や強み

強み

1日300本販売した人気を誇る食パン専門店

引用元:http://lebresso.com/menu.html

レブレッソが一躍人気を集めた食パン「レブレッソブレッド」は、他店と差別化をはかれる一番の強みと言えるでしょう。

  • レブレッソブレッドの特徴
    「長く食べ続けても飽きのこない食パン」をコンセプトに、湯種製法で仕込まれたレブレッソの食パンは、もっちりとした食感と独特の甘さとうまみが特徴です。
  • 材料へのこだわり
    小麦粉は北米産を使用し、卵と防腐剤が入っていないため、卵アレルギーの方でも食べれます。

こだわりの食パンは、大阪の百貨店に出店した際には、6時間で1300本販売。
東京・武蔵小山店のオープン時には230名の行列がでるほどの人気でメディアにも数多く取り上げられいます。

その他、淡路島さんの牛乳を使用した北海道産の生クリームミルクに練習、砂糖を加えて作ったミルクジャムも看板商品となっています。

引用元:http://lebresso.com/menu.html

こうした独自開発された食パンやジャムなどの、根強い人気商品によりオープン時には多くの集客が望めるでしょう。

カフェ併設による売上の相乗効果

引用元:http://lebresso.com/menu.html

レブレッソではカフェが併設されており、店内でトーストしたレブレッソブレッドと丁寧にドリップしたコーヒーを楽しむことができます。

レブレッソブレッドを使用したトーストメニューは16種類。
人気のレブレッソブレッドを厚切りにし、「クリームチーズ&グラノーラ」や「アボカド&ベーコンシーザーサラダ」など、SNS映えするメニューが揃っています。

また、シングルオリジンの豆を注文が入ってから挽き、ハンドドリップで提供するなどコーヒーへのこだわりも高く、カフェ利用が目的で来店する客層も少なくありません。

カフェへの来店をきっかけに食パンを購入する、または食パンを購入した帰りにコーヒーを飲むなど、食パンとコーヒーが引き立て合い売上の相乗効果が得られるところもレブレッソの大きな特徴です。

コラボ商品やSNSを活用したプロモーション力

レブレッソ全体の認知度を高めているのは、話題性のある商品とSNSを活用したプロモーション力です。

海外旅行気分を味わってもらう「トラベル企画」では、ハワイの朝食エッグベネディクト風のトーストを販売。


和菓子の有名店「トラヤカフェ」と「阪急百貨店」とコラボした催事を始め、秋限定メニューの「神戸芋屋 志のもと」とコラボした「焼き芋&バニラアイストースト」といった企画を打ち出しています。


fashionpressなどのメディアにも取り上げられ、流行感度の高いユーザーの目に触れる機会も多いようです。

また、Instagramのフォロワー数が2.8万人、ハッシュタグによるレブレッソの投稿件数は5.5万件と、注目度が高いことがわかります。


競合他社である「乃が美」は1.7万人、パンの人気店「365日」の2.2万人というフォロワー数からも、レブレッソがSNSを上手く活用し新規顧客を獲得していることがわかります。

そのほかにも、テレビの取材にも積極的に応じることで、商品を紹介してもらっています。
こうしたプロモーション力の高さもレブレッソの強みの1つといえるでしょう。

レブレッソフランチャイズの弱みはあるのか?

弱み

商品力や認知度の高さといったブランディングに定評があるレブレッソですが、フランチャイズ加盟するうえでデメリットはあるのでしょうか。

競合店が多い

近年のパンブームや高級食パン需要などにより、新規参入するパン専門店も多く東京都だけでも1,000軒以上のパン専門店があります。

主な競合店

  • 食パン専門店
    「乃が美」などブームの火つけ役になった店舗を始め、「考えた人すごいわ」などで有名なベーカリープロデューサーがインパクトの強い店舗次々にオープンさせています。
  • パン専門店
    食パンから菓子パンまで幅広く取り扱っているパン専門店。
    「365日」、「空と麦と」、「パンとエスプレッソと」など、パン好きの間で人気なお店は数多くあります。
  • コンビニエンスストア
    セブンイレブンでも「金の食パン(4枚切 税込321円)」を販売し、コンビニで買える高級食パンとして評価されています。

特に、生活圏内にあるコンビニで美味しいパンが買えることは、脅威と言えるでしょう。
足を伸ばしてでも買いに行きたいと思わせる施策が、必要になるかもしれません。

原材料の価格変動に影響されやすい

パンは比較的に薄利多売になる傾向が強い商材でもあり、原材料となる小麦粉の価格変動は原材料費が高くなるため利益にも大きく関わってきます。

2021年4月より輸入小麦の政府売渡価格が5.5%引き上げになっており、北米産の小麦粉を使用し1日300本を売り上げるレブレッソにも影響がないとは言い切れません。

(単位:円/トン)

スクロールできます
政府売渡価格2年10月期3年4月期対前期比
5銘柄加重平均(税込み)49,21051,930+5.5%
引用元:https://www.maff.go.jp/j/press/seisaku_tokatu/boeki/210310.html

フランチャイズ本部と相談することは可能ですが、自身の判断だけで商品の販売価格を変更することはできません。
したがって、原材料のロスや経費収支に気を配る必要があるでしょう。

フランチャイズ加盟に関する情報が少ない

フランチャイズ加盟にて開業するにあたり、気になるのが開業時に必要になる費用を始めとした情報です。

レブレッソの場合、店舗のホームページにはフランチャイズ加盟に関する情報や問い合わせ先が掲載されていません。

唯一掲載されているフランチャイズビズによると、詳しい条件などの詳細を知るには問い合わせが必要になります。

費用以外にも不明点があります。

  • 開業までの手順
  • 未経験者でも開業できるのか
  • 本部サポートはどんなものがあるのか

問い合わせや説明会に参加を検討する段階で、大まかな条件や開業資金が比較できてないことは不安に感じる要素かもしれません。

開業までに時間が掛かる

現在レブレッソでは、立ち上げに注力するため「加盟募集は毎月1店舗のみ」と募集枠をかなり狭めています。

  • 出店エリアついて本部側と調整が必要
  • 加盟店募集枠が埋まっていた場合、翌月の申し込みになる

タイミングによっては開業までにある程度時間を要することになるため、早く開業したい方には向いていない可能性があります。

レブレッソFC加盟者の評判・クチコミ

加盟者口コミ

レブレッソのFCオーナーがどのような活躍をされたのかチェックしてみましょう。

フランチャイズオーナーご本人による口コミなどは見受けられませんでしたが、レブレッソでフランチャイズ加盟し開業したであろう店舗では、オープン初日から多くのお客様が集まり行列ができていたようです。

こうしたレブレッソのブランド力の高さは、開業成功を後押しになることが期待できます。

レブレッソフランチャイズユーザーの評判・クチコミ

ユーザー口コミ

各メディアによる認知度の高さと確かな食パンの味に、遠方からも来店される方やリピーターとなる方も多いようです。

レブレッソFCの将来性

薄利多売と言われるパン市場では、以下の理由で廃業しているパン専門店も少なくありません。

  • 新規参入や競合店の多さ
  • 多品種・大量生産しないと利益が出ない

レブレッソの店舗でも、富山婦中店が半年という短い期間で閉店してしまったようです。

株式会社矢野経済研究所の調査によると、2020年度の国内のパン市場規模は、前年度比96.7%の見込となり、新型コロナウィルスの感染拡大もあいまってやや前年を下回っていたことがわかります。

しかし、中食や内食による食事系のパンや高級食パンなどの高単価・高品質な商品への需要が増えているため、パン市場は微増ながらも拡大することが予想されます。


市場価値としてはまだまだ期待が持てるでしょう。

引用元:https://www.yano.co.jp/press-release/show/press_id/2693

また、レブレッソのコロナ過における取り組みとして、地域限定で食パンの宅配サービスをスタートさせています。
さらに4月に金沢寺地店と長浜店の2店舗がオープンしており、更なる事業拡大も期待できるのではないでしょうか。

引用元:https://www.facebook.com/lebresso

まとめ

高級食パンの人気店として確固たる地位を確立しているレブレッソ。


食パンの味だけではなく流行をキャッチアップすることにより、2021年も新店舗をオープンし成長し続けています。

レブレッソのフランチャイズ加盟を目指す場合、問い合わせに始まり条件面など本部と長期間に渡る均衡調整を行う必要があります。そのため、開業まで辛抱強く準備に取り組むことが予想されます。

ブランド力を武器に本部と密な連携をとりながら、適切なプロモーションを行っていけば成功する可能性は大いにあるのではないでしょうか。

興味のある方は問い合わせや説明会で詳細を確認してみましょう。

シェアする
  • URLをコピーしました!
もくじ
閉じる