フードフランチャイズの口コミ・評判まとめサイト

コメダ珈琲店FCのクチコミや評判|運営会社の株式会社コメダとは?

カフェ業態は、フランチャイズ開業の中でも人気の高い業態として知られています。

近年、その中でも中高年層がメインターゲットとなる「喫茶店タイプ」のフランチャイズパッケージに注目が集まっています。


成長を続けるカフェ市場規模に加えて、加速していく少子高齢化などにより「成長性、安定性、収益性」が高いことが理由ですね。

注目を集める喫茶店FCの中で、国内899店舗と最大規模を誇るのが「コメダ珈琲店」です。
独自の強み&完成度の高いFCパッケージを擁しており、年々店舗数や業績を伸ばしています。

そこで今回は、コメダ珈琲店フランチャイズの強みや特徴、運営会社である株式会社コメダの基本情報、ユーザーの評判、口コミなどを徹底解説していきます!

もくじ

コメダ珈琲の基本情報

引用元:https://www.caferelease.com/komeda/
スクロールできます
店舗名コメダ珈琲
運営会社株式会社コメダ
店舗数899店舗
創業1968年
資本金1億9680万円
大阪事務所大阪市淀川区西中島5-12-8 新大阪ローズビル9階
東京事務所東京都渋谷区渋谷1-8-1 第3西青山ビル3階
福岡事務所福岡市博多区博多駅東2-2-2 博多東ハニービル7階

運営元の株式会社コメダについて簡単にご紹介していきます。

株式会社コメダとは?

その名のとおり、コメダ珈琲のフランチャイズ展開をおこなっている会社です。

コメダ珈琲の他にも下記展開・運営もおこなっています(※2021年6月現在)。

  1. おかげ庵 11店舗
  2. コメダ謹製やわらかシロコッペ 2店舗
  3. 石窯パン工房ADEMOK 1店舗
  4. KOMEDA is □(コメダイズ) 1店舗

コメダ珈琲は元々個人で経営されていた喫茶店でしたが、1970年からフランチャイズ展開を開始。
1993年4月にフランチャイズ展開を目的とする株式会社コメダが設立されました。

現在、国内総店舗数は900店舗を超えていますが、直営店舗は33店舗のみ。
95%以上がフランチャイズ店舗で構成されているわけですね。

年々、大きく店舗数を伸ばしていることからフランチャイズ加盟者にとって良い土台が整っていることが伺えます。


2016年には上海に濾南公路店をオープン、海外への出店も精力的におこなわれています。

コメダ珈琲フランチャイズの特徴・強み

強み

月々のロイヤリティが一定

コメダ珈琲のロイヤリティは「一席あたり1500円」という固定制になっています。

多くのフランチャイズチェーンのロイヤリティは売上の◯%という変動制となっており、売上の拡大に伴い支出も増えてしまうといった一面があります。

頑張ったら頑張った分だけ、自身の利益として残るコメダ珈琲のロイヤリティ固定制は加盟者にとっては嬉しいポイント!
モチベーションの維持にも繋がりますね!

初期費用を一時的に負担してくれる

飲食店の開業には大きな初期費用がかかります。

とくに、コメダ珈琲の開業資金はフランチャイズチェーンの中でも比較的高めとなっており、開業ハードルが低いとはいえないものになっています。

資金面でのハードルを少しでも下げるため、コメダ珈琲FCでは開業の際の建築費や内装・設計費を一時的に負担してくれる制度が用意されています。

店舗のレンタルといった形式で運営をおこなっていくわけですね。

「資金が少し足りない・・・。」といった場合でも、本部のサポートによって迅速に店舗運営を開始できるのは加盟者にとって大きなメリットとなります。

トレンドや時代の変化に影響を受けにくい

コメダ珈琲の大きな強みは、トレンドや不況の波に強い事業であるという点です。

利益率は約15%と突出して高いわけではありませんが、年間売上は平均8000万円~1億円程度を堅調にキープしています。

複数店舗展開をおこなうことで手元に残る利益は2倍、3倍とすることもできます。

現在、コロナウイルスの影響で飲食店全体が苦境に立たされています。


カフェ業界も例外ではなく、2020年中間期決算をみてみるとスターバックスやドトールコーヒーなどの大手チェーンが未だかつてない大幅赤字となったことが確認できます。

コメダ珈琲も売上高は前年同期比12.1%減、純利益が前年同期比39.8%減となったものの大手4社の中で唯一黒字にとどまった店舗として、ふたたび注目を集めています。

新商品の投入や、テレビCMを使ったプロモーションにより9月、10月に関しては既存店売上高は前年比プラスの数値を叩き出しました。


座席がゆったり目に作られているためソーシャルディスタンスを気にする必要がないことや、モーニングにランチ、ティータイムやディナーなど利用シーンが多く、1日を通して来店されるお客様が多いといったことが理由として挙げられます。

厳しい状況下でもしっかり結果を出すことができるポテンシャルは証明されているので、安心してフランチャイズ加盟することができますね!

場所や土地に合わせた店舗形態

コメダ珈琲では、場所や土地に合わせた複数の店舗形態が用意されており、それぞれに特徴が存在します。

スクロールできます
店舗形態平均店舗面積備考
独立型店舗60坪もっとも事業性が高いメインの店舗形態
ビルイン型店舗45~60坪比較的投資を抑えることができる店舗形態
複合型店舗45~60坪ショッピングセンター内などに出店する店舗形態
引用元:http://www.komeda-holdings.co.jp/fc/building_store/index.html

「いち早く開業したい!」と考えていても、事業性を活かせる物件がなかなか見つからず難航してしまうこともあります。

さまざまな物件条件・立地条件やエリア特性に合わせて出店可能なよう、複数の店舗形態を持っているのはコメダ珈琲FCの強みのひとつです。

充実した研修・サポート体制

コメダ珈琲FCには、未経験でも自信を持って開業することができるよう、2ヶ月~3ヶ月に渡る充実した研修制度が用意されています。

スクロールできます
研修名研修期間習得項目
センター研修8日間基礎知識や行動指針、業務の基本を習得
店舗研修約60日間実店舗にてフロア・スナック・ドリンク業務を習得
マネジメント研修約2日間シフト・発注・在庫管理・クレーム処理などを習得

50年以上かけて構築されてきたノウハウを短期間で習得することができる研修プログラム完成度は高いと言わざるを得ませんね。
また、サポートは開業後も続きます。

経験豊かなSVの定期訪店や電話による相談対応などにより、研修では見えなかった課題や問題・トラブルへのアドバイスをおこなってくれます。

店舗販促や人材育成など、店舗運営には多くの課題がたちはだかります。


そのような時に一緒になって解決へと向かってくれるコメダ珈琲FC本部は、加盟者にとって心強い存在となりますね。

コメダ珈琲フランチャイズの弱み・デメリット

弱み

コメダ珈琲の強みやメリットをご紹介してきましたが、デメリットといえる部分も存在します。

コメダ珈琲の開業には1億円程度が必要

コメダ珈琲の開業資金は約1億円となっており、数多くある飲食フランチャイズの中でも必要資金は大きめとなっています。

もちろんその分リターンも大きく、1店舗経営でも6〜7年程度で初期費用の回収が可能となっていますが、資金を用意しないことには開業することができません。

開業ハードルが高いフランチャイズと言わざるを得ませんね。

しかしながら、諦めてしまう必要はありません。社員からオーナーを目指す「独立支援制度」などを利用することで、資金面でのハードルを下げることが可能となっています。

後ほどくわしくご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください!

模倣した店舗が続々登場中

カフェ業界大手4社の中では唯一の「喫茶店タイプ」として異質の特徴を持ち、数々の結果を残してきたコメダ珈琲。

現在、似たような特徴を持ったカフェブランドが続々登場しており勢力を強めています。
筆頭としては「星乃珈琲店」などがよく挙げられますね。

喫茶店タイプのメインターゲットは中高年層。
少子高齢化の加速も相まって、今後も多くの喫茶店ブランドが登場することが予測されています。

ブランド認知度は圧倒的で、独自の強みを持っていることから現在は独り勝ち状態となっていますが、永続的に安心できるわけではない!というのはしっかり頭に入れておきましょう。

社員からオーナーを目指す独立支援制度

業界未経験から開業してオーナーになるのには、資金面のことやスキル面のことなど多くの不安がつきまといます。


コメダ珈琲にはそのような不安を解消して開業することができる「独立支援制度」が用意されています。

コメダの社員として働くことで調理や店舗運営、経営ノウハウを身につけながら独立を目指す制度ですね。

飲食経験ゼロでも給与をもらいながらノウハウの習得が可能!

一番のメリットはこれですね!

実際に現場を経験しながらさまざまなノウハウを習得できるのは、自信がつくだけでなく失敗リスクを下げることができます。

先ほどご説明したとおり、コメダ珈琲は比較的自由度が高いフランチャイズチェーンです。
自身の考えや方針を経営に反映させやすい=オーナー自身の経営手腕が問われるフランチャイズだといえます。

絶対大丈夫!という自信を持った状態で開業に臨みたいですね!
しっかり給与をもらいながらノウハウを習得していけるのも嬉しいポイントです。

資金調達をサポート

とくに個人での飲食店開業の際、ネックになりやすいのが「資金調達」に関してです。

開業に必要な資金を集めることができず、「夢を諦めることに・・・。」といったケースは少なくありません。


そもそも、業界未経験の状態では資金集めのためにどう行動すればいいかわからないですよね。

コメダ珈琲の独立支援制度では、経験豊かなコメダ本部が各種金融機関と提携して、資金調達をしっかりサポートしてくれます。

“100%資金調達が可能!”といったわけではありませんが、資金面に不安がある方にとってはかなり心強いですね。

加盟条件の一部が免除になる

独立支援制度を利用すると、加盟金300万円・研修費用50万円などフランチャイズ加盟の際にかかる費用が免除されます。

開業にかかる費用を少しでも下げることができるのは大きなメリットですね。


先述したように、期間中は給与をもらうこともできるので、自己資金を増やしつつ設備費用などに回すことが可能です。

コメダ珈琲FCの加盟にかかる費用はのちほどくわしくご紹介します。

「独立支援制度」開店までのスケジュール

独立支援制度を利用して開業に至るまでのスケジュールを簡単にご紹介していきます!

STEP
まずは個別相談にてFC加盟に関する詳細説明を受けます。

疑問や不安などがあればこの際にしっかりと質問しましょう!

STEP
加盟条件や経営理念に賛同できれば、エントリーシートや履歴書を提出。

書類先行が行われます。

STEP
採用が決まるとコメダ珈琲の社員として入社となります!

入社〜開業へと進むには、原則として1年以上は社員として勤務する必要があります。
この部分はしっかりと頭に入れておきましょう。

1年経過後、あらためて「独立支援資格取得」についての社内審査がおこなわれ、見事通貨すると開業に向けての準備が始まります!

コメダ珈琲FCの加盟契約条件

スクロールできます
項目金額
加盟金3,000,000円(税別)2店舗目以降は1,500,000円/1店舗
加盟保証金3,000,000円
(連帯保証人2名以上)
6,000,000円
(連帯保証人1名以上)
9,000,000円
(連帯保証人なし)
金銭債務担保のための預かり金
研修費用500,000円(税別)3名が対象
店舗施工指導料独立店:3,500,000円(税別)
ビルイン:2,000,000円(税別)
店舗工事におけるハードウェアのコンサルティング料金
ロイヤリティ1,500円(1席/税別)売上に連動しない固定制
引用元:http://www.komeda-holdings.co.jp/fc/schedule/index.html

コメダ珈琲フランチャイズ加盟者の評判・口コミ

加盟者口コミ

コメダ珈琲FC加盟者の評判や口コミをご紹介します!


独立してまもなく社会が大変なことになり慌てましたね。 
それでも売上は対前年80%程度に抑えることができました。 
改めてコメダが持つ集客力を実感しました。 
最近はお客様の数も例年並みに戻ってきており、 先月の売上はおかげさまで対前年105%を記録。 
スタッフと一緒になって喜びました。

引用元:https://entrenet.jp

この方は独立支援制度を利用して開業されています。
開業後まもなくコロナウイルスが感染拡大の影響を受けてしまったようですね。

そんな中でも売上は前年80%にとどまっています。
やはりコメダ珈琲が持つブランド力・認知度はかなり大きな強みとなりますね。

コメダ珈琲ユーザーの評判・口コミ

ユーザー口コミ

フランチャイズ加盟する際に確認しておきたいのが、実際に利用しているお客様からの評判です。


評判が悪いフランチャイズチェーンを選んでしまうと失敗するリスクが高くなります。

コメダ珈琲を利用するユーザーの評判・口コミを見てみましょう!

あんこが入ったコーヒー「小豆小町 葵」や、大きなサイズ感が特徴の「シロノワール」など、名物ともいえる商品が存在するのもコメダ珈琲の強みです。


「喫茶店に行きたい」ではなく、「コメダ珈琲の◯◯が食べたい!」となることで来店回数も上がりますね。


SNS上で話題となる新メニューを次々と生み出す商品開発力の高さも見逃せません!

現在はテイクアウトにも注力しており、多くのユーザーから好評を得ています。


コロナウイルスの影響もあり、テイクアウト&デリバリー市場は急速に拡大。巨大市場を形成しつつあります。


そのような状況にも迅速に対応、販路を拡大している点はFC本部としての能力の高さが伺えますね。

コメダ珈琲はモーニングやティータイムだけでなく、ディナータイムにも多くのユーザーに利用されています。

多くの利用シーンがあることで来店頻度が上がるだけでなく、客単価も上げやすいといったメリットも存在しますね。

まとめ

コメダ珈琲店フランチャイズの基本情報や、フランチャイズ加盟のメリットや加盟者の口コミについてご紹介しました。

郊外の独立型店舗だけでなく、イオンモールなど複合施設への出店も進んでおり、さらにブランド知名度や売上の向上が期待できるフランチャイズチェーンです。

興味がある方は一度説明会に参加してみてはいかがでしょうか?

加盟者の口コミにもあったように細かく説明してくれるので疑問や不安を解消してくれるはずです!

シェアする
  • URLをコピーしました!
もくじ
閉じる