フードフランチャイズの口コミ・評判まとめサイト

ジェラフルFCのクチコミや評判|運営会社の株式会社ジェラフルとは?

食べ歩きできるスタイルのクレープ専門店が日本に登場したのは、今から45年ほど前の渋谷と原宿に「マリオンクレープ」がオープンしたことから始まります。

当時の女性たちにとって、このおしゃれでかわいいクレープの登場は衝撃的なものでした。

今では女子や子供たちにとっての国民食とも言えるほど普及したクレープですが、このクレープとタピオカジュースに特化したテイクアウトスィーツを展開しているのが「ジェラフル(GelaFru)」です。

「ジェラフル(GelaFru)」は大型のショッピングモールやフードコートへの出店や、イベント会場にキッチンカーで乗り入れるなどして、関東を中心に全国へと拡大進出しているクレープ&タピオカの専門店です。

テナント型、ワーゲンバス型、デリバリー専門に行う配達型など、時代に合った多様な形態で出店をしているのが特徴です。

商業施設の入り口などで、かわいらしいブラウン系のワーゲンバスを構えた姿を、1度は見かけたことがあるという方も多いはず。

見た目がおしゃれでかわいらしいので、どこに出店しても景観が華やぐと、出店先からの注目度も高い稀有な存在になっています。

ここではこのクレープ&タピオカ専門店「ジェラフル(GelaFru)」のフランチャイズ情報を、ぎゅっとまとめて紹介します。

もくじ

ジェラフルの基本情報

引用元:https://www.qanat-izumifuchu.jp/floor/%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%A9%E3%83%95%E3%83%AB/
店舗名ジェラフル(GelaFru)
運営会社株式会社ジェラフル
店舗数45店
※2021年7月現在
創業2004年7月3日
設立2012年9月3日
資本金1000万円
従業員数20名
※2019年9月現在
本社東京都品川区小山6-4-13 石井ビル303

株式会社ジェラフルとは?

株式会社ジェラフルは、焼き立てクレープとタピオカドリンクを提供する「ジェラフル」のクレープ店運営事業をメインに、フランチャイズ事業と店舗経営コンサルティング事業を行っている会社です。

ジェラフルの商品へのこだわりは、まずもっちりとした焼きたてのクレープ生地にあります。

作り置きをせず、注文を受けてから焼き始めるこだわりの生地は、他では味わえないもっちりとした食感が魅力です。

しかもクレープに使用するフルーツは、缶詰や冷凍品などを一切使わず、フレッシュフルーツのみを使用。新鮮なフルーツ独自の果汁と食感が人気の秘密です。

そこにクリームやジェラートをボリュームたっぷりに包んで、まるで花束のようなクレープに仕上げ、誰もを笑顔にしてしまう魅力的な商品を提供しています。

ジェラフルは出店方法もユニークです。

大型商業施設に出店するテナント型や、フードコートやイベントスペースなどでもアレンジ可能で、目立つキッチンカースタイルのワーゲンバス型、デリバリー専門に行う配達型など、時代に即した多様な出店方法があり、立地に即した展開が可能になっています。

店舗経営コンサルティング事業では、ジェラフルの店舗展開で培った出店ノウハウや、店舗経営ノウハウを生かし、飲食店はもちろんのこと、サロン経営や、店舗ビジネスをされている方に向けたコンサルティングも行っています。

ジェラフル フランチャイズの特徴や強み

強み

ジェラフルのフランチャイズは高い収益率と、集客力が特徴です。最小限の原価率と、低コストの設備投資、少ない人件費で開業できるため、頑張りによっては3か月に満たないような早さで、初期投資を回収することも可能となっています。

何が魅力なのか、その強みを具体的に見てみましょう。

省スペースでの出店や宅配も可能

ジェラフルのフランチャイズでは、立地や客層に合わせて多彩な出店スタイルがあり、省スペースでも出店や、宅配も可能というフレキシブルさが強みです。

基本は集客力がある商業施設への出店がほとんどで、スイーツ販売の同業撤退店の再生実績も多数あり、出店場所には事欠きません。しかも平均して5坪という省スペースで操業可能なため、店舗取得のコストが大幅に抑えられます。

既に営業している店舗の、小さなデッドスペースを有効活用して出店することや、宅配を導入してさらに収益を増やすことも可能。

キッチンカースタイルのワーゲンバス型でエリアを超えての移動販売や、イベント会場への出店なども可能なので、時代や需要に応じて柔軟にスタイルを変えることができます。

低予算で開店できる

省スペースでの開店は、当然低予算でスタートできるということにつながります。

フランチャイズで必要な開店資金は下記のとおりです。

  • 加盟金110万~220万円
  • 研修費22万円
  • 物件取得の保証金として50万~150万円
  • 内外装費100万~300万円
  • 什器費30万~120万円
  • 仕入れ費30万~50万円

店舗の規模に応じて変動しますが、およそ350万~870万円の開店資金で開店できます。

【テナント型の場合】約350万円〜

加盟金 110万円
研修費 22万円
保証金 50万円
設備関連費 80万円〜他

【ワーゲンバス型の場合】約700万円〜

加盟金 110万円
研修費 22万円
保証金 50万円
車両取得費 200万円
設備関連費 220万円〜他

フランチャイズ契約期間は5年間で、ロイヤリティは月間売上の6.66%です。

シンプルで覚えやすいオペレーション

クレープ作りは決して難しくありません。
熱した丸い天板の上に、クレープ生地を薄く広げて焼くだけなので、飲食未経験者でも充実した研修と手厚いアフターフォローによって技術の取得が可能です。

しかも、クレープを焼くために必要な熱源は単相100Vの電気だけでよく、ガス台などの設備が不要なので、厨房設備費もランニングコストも高くありません。

火も油も使用しないので、特別な換気の必要はなく、イベント出店や移動販売もスムーズに行えます。

さらにオーダーを受けて作るスタイルのため、基本はスタッフがひとりでできるオペレーションになり、人件費もそれほど必要ありません。作り置きがないので、廃棄率も低く抑えられます。

店舗で実際にクレープを作る様子がYouTubeにアップされていましたので、以下の動画も参考までにご覧ください。

手際よく、あっという間にクレープが出来上がるので、見入ってしまうこと請け合いです。

シンプルで覚えやすいオペレーションは、これから始めるオーナーにとっては参入障壁が低く、パートやアルバイトの採用時にも大きな魅力となります。

このように、最小限の原価率と、低コストの設備投資、少ない人件費で開業できるため、頑張りによっては3か月に満たないような異例の早さで、初期投資を回収することも可能となっています。

人気メニューと効果的な販売施策

流行りすたりの激しいスィーツ業界の中で、クレープは長年安定した実績を保っています。
クレープは見た目のかわいらしさや華やかさも相まって、若い女性に普遍的に愛されているスィーツです。

タピオカドリンクは、台湾の定番ドリンクが、日本にも広まってトレンド入りしたもので、丸いでんぷん質のタピオカを、アイスミルクティーやジュースなどに入れ、太いストローで吸い上げて飲みながら食べます。

ドリンクでありながらスィーツとしての要素もあり、やはり若い女性に人気です。

ジェラルフでは販売施策として、このクレープやタピオカドリンクのアレンジを豊富にし、カスタマイズする楽しみを提案して客単価アップに成功しています。

クレープはプラス50円~100円でトッピングやクリームを増量することができ、タピオカドリンクもプラス40円~100円で、タピオカの量を通常より2倍、3倍、4倍と増やすことが可能。

タピオカを4倍にしたら、もうドリンクと言うよりも食事に近い感覚ですが、お腹を空かせている時には、このようなオーダーの仕方も人気のようです。

また、ジェラフルでは店舗ごとにお得なイベント日を設定し、消費意欲を掻き立てる工夫をしています。

クレープは通常価格348円~548円、タピオカドリンクMサイズは通常298円~358円です。

クレープを全品300円にする「クレープの日」や、タピオカドリンクMサイズ全品250円にする「タピオカの日」を開催することで、購入を迷うお客様の背中を押すと共に、新規客にジェラフルの味を知っていただくきっかけづくりを行っています。

このように、ジェラフルでは様々な販売施策によって、常に新規客の取り込みやリピーターを生み出し、安定した売り上げを作るしくみを整えています。

ジェラフルフランチャイズの弱みはあるのか?

弱み

ジェラフルのフランチャイズで懸念される弱みは、ターゲットが若い女性に限定されることです。

流行に敏感なので、市場の変化によって商材の人気が左右されてしまう可能性があります。

若さには期限があり、年齢が上がるにつれてダイエットやヘルシー志向によって、高カロリーなスィーツは敬遠されてしまう懸念があります。

それでもクレープは比較的安定していますが、タピオカドリンクは2017年に台湾のタピオカミルクティが日本に広まって大ヒットしたものなので、トレンドとしては下降傾向と言われています。

タピオカに代わるドリンクとして、韓国で大ヒットした「ポッピングボバドリンク」(海藻由来の膜でジュースを包んだ「食べるジュース」とも呼ばれるドリンク)を導入していますが、こちらは見た目のポップなかわいらしさから、SNSで映えるとヒットしたので、味としての評価は心もとない印象です。

今後のメニュー開発によって勝敗が決まると言えるでしょう。 

ジェラフルFC加盟者の評判・クチコミ

加盟者口コミ

ジェラフルのフランチャイズ加盟者の評判とクチコミを調べると、概ねプラスの声が目立ちました。

口コミ・経験談 

・作る作業が楽しい
・仕事自体が覚えやすいので、スタッフの育成が比較的楽だと思う
・目の前でお客さんがよろこんでいる姿がみられるのが嬉しい

引用元:https://dai2sogyo-fc.com/gela-fru/

基本的にクレープを焼くという作業は、作業そのものが楽しく、オーダーを受けて作るので「目の前でお客様が喜んでいる姿が見られるので嬉しい」という声がありました。

「仕事自体が覚えやすい内容なので、スタッフの育成が比較的楽」という声も。

スィーツという商材は、空腹だけを満たすものではなく、買う方も作る方も笑顔になる商材のため、日々のやりがいにもつながるようです。

ジェラフルフランチャイズユーザーの評判・クチコミ

ユーザー口コミ

ユーザーは若い女性が中心なので、SNSには多くの声と写真が投稿されています。

インスタグラムでは、ハッシュタグ“#gelafru”がつけられた、美味しそうなクレープの写真がずらっとアップされています。

こちらは大好きなチョコクレープと店舗の写真を上手にアップされていました。
シンプルにチョコがけされたクレープは鉄板人気です。

季節限定メニューも話題作りには欠かせません。
春限定のチョコミントクリーム×桜味のアイスのクレープ「さくらミントチョコクレープ」498円も大人気でした。

ツィッターでも、クレープの根強いファンがつぶやいています。
こちらはやはり定番人気のキャラメルバナナ。

ジェラフルフランチャイズの将来性

引用元:https://www.fuji-keizai.co.jp/press/detail.html?cid=18047&view_type=1

国内のスィーツ市場規模はおよそ1兆4千億円規模で、この数年はほぼ横ばいで推移しています。

その内訳としてはチェーンの洋菓子店が圧倒的に規模が大きく、実績も拡大傾向にあります。

スィーツは安定した需要が見込める上、作り置きに不向きなクレープ市場は大手が参入しにくく、今後も安定した実績が見込めると言えます。

しかもジェラフルのフランチャイズの場合、商業施設の開発元である大手デベロッパーから居抜で格安な物件が得られることも多く、集客が保証された状態でスタートできることも非常に魅力的です。

将来性は明るいでしょう。

まとめ

ここまでジェラフルの基本情報と特徴、フランチャイズ加盟者の評判やクチコミを紹介しました。

ジェラフルのフランチャイズは高い収益率と集客力が1番の魅力です。
クレープとタピオカの原価は安定しているため、最小限の原価率と、低コストの設備投資、少ない人件費で開業できるという好条件が揃っています。

まずはワンオペレーションでスモールスタートし、軌道に乗ったら多店舗展開に切り替えていくことが成功のポイントと言えるでしょう。

ジェラフルでは全店舗の売上も開示しており、全国の希望エリアで店舗見学と試食会を開催しているので、興味を持たれた方は、ぜひ1度問合せしてみてはいかがでしょうか?

シェアする
  • URLをコピーしました!
もくじ
閉じる