フードフランチャイズの口コミ・評判まとめサイト

ドトールコーヒーショップFCのクチコミや評判|運営会社の株式会社ドトールコーヒーとは?

低価格でおいしいコーヒーが安心して飲めるというショップとして圧倒的なブランド力を誇るのがドトールコーヒーショップです。

かつては、ビジネスパーソンが出勤前や商談の合間に安らぐ場所としてのイメージが強かったですが、シニア層や若い世代からも高く評価されています。

ドトールコーヒーショップの全国1,000以上もの店舗のうち、約8割は、フランチャイズ加盟店です。
そして、現在もフランチャイズ募集はおこなわれています。

この記事では、ドトールコーヒーショップのフランチャイズ加盟に興味をお持ちの方に向けて、以下の情報を中心に解説します。

  • ドトールの概要
  • ドトールの強み・特徴
  • 加盟店オーナーの口コミ
もくじ

ドトールコーヒーショップの基本情報

引用元:https://www.doutor.co.jp/
スクロールできます
店舗名ドトールコーヒーショップ(DOUTOR)
運営会社株式会社ドトールコーヒー
店舗数1,078店舗(直営210店舗/FC加盟店868店舗)
創業1980年5月
設立1962年4月
資本金111億41百万円
従業員数930名
本社東京都渋谷区神南一丁目10番1号

ドトールコーヒーショップの運営母体である株式会社ドトールコーヒーの概要をご案内します。

株式会社ドトールコーヒーとは?

株式会社ドトールコーヒーは、1962年創業のコーヒーチェーンです。

創業時にはコーヒー豆の卸を主要業務としていましたが、1972年にカフェの1号店「カフェコロラド」を、1980年にドトールの1号店(原宿店)を開業しています。

株式会社ドトールコーヒーは、創業以来着実に成長を続けており、現在は1,000以上もの店舗数をもつドトールコーヒーショップのほかにエクセルシオールカフェなどのブランドも展開しています。

ドトールコーヒーは、スターバックスやタリーズコーヒーとは異なり、国産企業ならではの信頼感を得ている企業です。

ドトールコーヒーショップ フランチャイズの特徴や強み

強み

フランチャイズチェーンとして、店舗数をこれほどまでに拡大しているのは、ドトールコーヒーショップならではの強みやメリットが存在するためです。

この章では、フランチャイズ加盟店の目線で、ドトールコーヒーショップのメリットを4点解説します。

顧客満足度・ブランド力が高い

ドトールコーヒーショップは、スターバックスに次いで国内2番手の店舗数を誇っています。

フランチャイズチェーンとして、店舗数をこれほどまでに拡大しているのは、 ドトールコーヒーショップ ならではの強みやメリットが存在するためです。

この章では、フランチャイズ加盟店の目線で、 ドトールコーヒーショップ のメリットを4点解説します。

安くておいしいコーヒーが飲めるドトールコーヒーは、非常に顧客満足度が高いという特徴をもっています。2019年実施の「顧客満足度指数調査」においても、ドトールコーヒーはスターバックスやコメダ珈琲を上回り1位になりました。

安さだけではなく、フードメニューやサイドメニューの商品開発に地道に取り組んでいることや、わかりやすい日本流の接客スタイルなどが幅広い層から支持をされたようです。

ただし、接客については注意点もあります。一部の意見ではあるものの、 ドトールコーヒーショップ はほかのフランチャイズチェーンと比べて接客レベルに差があるとの評価があります。

フランチャイズ加盟をした場合、ブランドへの高評価を無駄にしないためには、スタッフ指導やオペレーションの最適化が重要です。

複雑なノウハウや仕入れがシンプル化されている

カフェ運営のためにおこなうべき業務は多岐にわたります。

  • 商品開発
  • 販促
  • 仕入れ(仕入れ業者の選定)
    コーヒー豆/食材/資材など

アイテム数が限られているとはいえ、これらの業務を個人ですべて担当するのは大変なことです。

ドトールコーヒーショップ に加盟をすると、大半の業務が本部から提供されます。
しかも、ドトール本部から提供されるのは長年の経験にもとづいた独自ノウハウを含んだ、非常に信頼性の高い情報です。

オーナーは接客業や自店のスタッフの管理に集中できます。

テレワーク・ノマドワークによる市場拡大

ビジネスパーソンの働き方が多様化しており、オフィス以外の仕事場のニーズが高まっています。

例えば、多くのテレワーカーは以下のニーズを持っています。

  • 自宅で仕事をすると、家族の存在が気になったりついテレビを見てしまったりして、仕事に集中ができない
  • コワーキングスペースは利用料が高いため、もったいない

ドトールコーヒーショップ はテレワークのスペースとして利用できる施設のなかで、最もコストパフォーマンスに優れたスポットの一つです。

インターネット環境や電源が確保されていて、低価格でコーヒーを飲むことも可能だからです。

店舗側店舗にから見れば、 ドトールコーヒーショップ は有料の公衆Wi-Fiサービスと契約しているため、インターネット環境を安く用意できるという利点もあります。

ドトールは、テレワーカー・フリーランス・勉強中の学生など集中して仕事・勉強をしたい層の多くを集客できます。

さまざまな箇所に出店できる

ドトールは、従来の路面店のほかさまざまな場所に出店しています。

その方針は、本部の「こんなところにあったらいいな」を反映するという考え方によるものです。

例えば、オフィスビル内・病院内・書店併設型・駅ナカなど多様な幅広いエリアに対応しています。逆に言えば、それだけコーヒーのニーズが普遍的で幅広いということです。

店舗数が1,000以上にまで増えると、出店場所に苦労するケースが多々ありますが、 ドトールコーヒーショップ には出店候補地が多数残っています。

ドトールフランチャイズの弱みはあるのか?

弱み

ドトールコーヒーショップ のデメリットになり得るポイントについても解説します。

外的環境の影響を受けやすい

多くの飲食事業が大きな影響を受けたコロナ禍に関しては仕方の内部分がありますが、そのほかにも ドトールコーヒーショップ は外的な環境の影響を受けやすい特徴があります。

例えば、例年台風が多く直撃した月は売上を落としています。

したがって、一定のリスクを許容したうえで、それでも安定して利益が得られることを条件に店舗の出店を考えなくてはなりません。

回転率・顧客単価を上げる対策が必要

ドトールコーヒーショップ は基本的には顧客単価の安いビジネスモデルです。

出勤前や通学前などは顧客の店舗滞在時間が短くなりやすいですが、そのほかの時間帯については、回転率もしくは顧客単価のいずれかを上げないと利益が上がりにくくなります。

回転率について考える場合、テレワーカーや学習者の利用割合が多い店舗では、何も対策を取らない場合はコーヒー一杯で長時間利用する顧客の割合が増えるでしょう。

具体的な対策としては、混雑時には利用時間の制限を設けたり、サイドメニューのオーダーを積極的に促したりするなどの案が考えられます。

このほか、フードメニューとしても一つひとつの商品の評判はよいものの、ラインナップがやや少ないというデメリットもあります。

初期費用が高い

ドトールコーヒーショップ にフランチャイズ加盟する場合の初期費用としては、以下の費用がかかります。

加盟金165万円
出店準備金165万円(1店舗あたり)
加盟保証金150万円
出店保証金150万円(1店舗あたり)
研修費22万円(スタッフ1名あたり)
設計管理料121万円+(契約坪数-10坪)×4.4万円
上記の他に、物件取得費(賃料の10~12か月分程度)・内外装費などがかかります。

具体的な費用は店舗条件によって異なるため明記されていませんが、一般的にコンビニ店などの比較的「軽い」フランチャイズ店と比べると高額の初期費用がかかります。

したがって、中・長期的にブランド戦略を考え、堅実な経営を考えなくてはなりません。

喫煙者対策の判断が難しい

他の飲食店チェーンの多くが店内完全禁煙へとシフトするなか、 ドトールコーヒーショップ 本部は対応を各店舗の判断に委ねています。
店舗側で取れる対応は、以下のいずれかです。

  • 完全禁煙
  • 完全に仕切られた形で店内に喫煙可能席を設ける
  • 電子タバコのみ許可する

喫煙者からは、「ドトールではタバコが吸える」と評価されている部分もありますが、喫煙可能席を設定するためには工事費がかかります。

店内のレイアウトによっては、収容可能人数が減る可能性もあるでしょう。

どのように対応するのかをご自身で選べるという点ではメリットであるともいえますが、顧客のニーズをうまくくみ取って判断しないと売上や顧客満足度に大きく影響する可能性があります。

ドトールコーヒーショップFC加盟者の評判・クチコミ

加盟者口コミ

  ドトールコーヒーショップ への加盟を考える際に、大きく参考になるのは加盟者の口コミです。
早速、チェックしましょう。

ブランドイメージはかなり良く、その点はメリットと感じる。何分30年以上かけて培ったノウハウだと思うので、信頼性という意味では大変高いと思います。

引用元:http://independence.jobmark.jp/doutor.html

運営者にとっても、ブランドイメージの良さは感じられるようです。
フランチャイズ契約をおこなううえで、加盟店が本部を使用できることや顧客からブランドが信頼されることは非常に重要です。

フランチャイズ経営では初期費用が大きな負担ですが、それだけのノウハウやブランド力があると思うので、カフェを開店してみたいという夢を抱いている人には、素晴らしいチャンスになるかもしれません。カフェ経営に関しては、自分の理想で突き進むよりも、こういったフランチャイズの方が資金回収の近道になるように思います。

引用元:http://independence.jobmark.jp/doutor.html

長年の実績があるノウハウを身につけられる点も、ほかのフランチャイズチェーンにはあまりないメリットの一つです。知名度や伝統を考えれば、初期費用を投じる価値は十分にあるかもしれません。

いずれの口コミにおいても、ブランド力・知名度・信頼性が高いという傾向が確認できました。

ドトールコーヒーショップ フランチャイズユーザーの評判・クチコミ

ユーザー口コミ

店舗を運営するイメージを膨らませるためには、消費者の口コミが参考になります。
多くの消費者に共通して見られる口コミをご紹介します。

https://twitter.com/scent_life1/status/1419200638626385921

ドトールコーヒーショップ は安さとおいしさとの両面で高評価を得ています。
最近では期間限定メニューやスイーツメニューも人気です。

さまざまな箇所に ドトールコーヒーショップ の店舗が作られており、従来以上に消費者にとってドトールが身近な存在になっています。
高齢社会を迎えている今、医療施設内に店舗ができていることはとても歓迎されています。

Wi-Fi利用のために ドトールコーヒーショップ を利用する消費者も増加しています。
学生・会社員・フリーランスと多くのユーザーに利用されています。

ドトールコーヒーショップ フランチャイズの将来性

ドトールコーヒーショップの将来性を考える際に考えるべきトピックは、3点あります。

ニューノーマルへの対応

新型コロナウイルスをはじめとした感染症対策やテレワーク・フリーランスなどの新しい働き方など、人々の生活習慣が大きく変化しています。 ドトールコーヒーショップ にとってもその影響は小さくありません。

2020年度に関しては、密集を避けるための座席数減少や営業時間の短縮など、マイナスの影響が出ました。
しかし、テレワーク需要などを取り込み、プラスに作用させられる可能性は秘めています。

テイクアウトメニューの拡張

店内で飲食をする利用者の減少を見越して ドトールコーヒーショップ では、テイクアウトメニューの拡張に力を注いでいます。

また、ドトールのフードメニューはかねてから人気が高いため、デリバリーやテイクアウトにうまく対応できれば、新たな販売経路を拡張できるかもしれません。

グループ全体での企業価値の拡大

 緊急事態宣言や営業時間短縮などの逆風下においても、ドトール本部は企業価値を高める努力を続けています。

本部から具体策のアナウンスはないものの、コロナ禍においても利益を確保し、状況が改善された際に顧客に喜んでもらえるような案を検討中であるとのことです。

2020年から2021年にかけては、ほとんど新店舗の出店もみられていない状況ではありますが、将来の事業拡大に向けて前向きに取り組まれているという事実は確かです。

まとめ

おいしさ・安さ・居心地良さのすべてを満たしているドトールコーヒーショップは、消費者から確かな信頼を獲得しています。

価格の安さとコロナ禍という未曾有の事態により2020年以降は苦戦を強いられる場面が増えていますが、いずれにせよブランド力に陰りはありません。

緊急事態宣言解除下の店舗では、店舗内が混雑しているとの情報も多数あります。

現在の ドトールコーヒーショップ は、本格的にドトールが従来の状態に復活しさらなる発展を遂げるための準備段階にあります。

テイクアウトメニューの拡張や店内での過ごし方の提案など、 ドトールコーヒーショップ ならではのアイデアが提示されるでしょう。

フランチャイズ加盟を検討している方は、早い段階で情報を収集して物件の候補地などを定めておくとスムーズです。
そのためには、 ドトールコーヒーショップ の説明会に参加されてみてはいかがでしょうか?

シェアする
  • URLをコピーしました!
もくじ
閉じる