フードフランチャイズの口コミ・評判まとめサイト

美人めん よがなうどんFCのクチコミや評判|運営会社の株式会社 u technologiesとは?

うどんの国内店舗数が多いブランドは、丸亀製麺・なか卯・はなまるうどんと続きます。

ブランドごとの特色はそれぞれありますが、共通するのは低価格でのファーストフード業態であるという点です。

一方で、地方にはローカルならではの良さをもつうどん専門店もあります。「美人めんよがなうどん」は、まさに地域で愛されているちいさなうどん店です。

運営会社の株式会社 u technologiesは、個人店舗ならではの味を再現し、フランチャイズ化することに成功しました。
「美人めんよがなうどん」に加盟をすれば、うどん店や飲食店経営の経験のない方であっても、地域の人気店の味を顧客に提供できます。

ご自身のビジネス拡大のためにフランチャイズ加盟できる飲食店ブランドを探している方や、ご自身の店舗をコロナ禍以降のニューノーマルに対応させる方法を模索している方にとって、「美人めんよがなうどん」への加盟は大きなチャンスとなる可能性があります。

この記事では、「美人めんよがなうどん」の以下の情報を解説します。

  • 「美人めんよがなうどん」の概要
  • 「美人めんよがなうどん」に特徴・メリット
  • 「美人めんよがなうどん」の将来性

飲食に特化した独立・開業メディア
Food's Route(フーズルート)掲載中

人気フランチャイズランキング

順位会社名/ブランド名リンク特徴

株式会社ミールソリューション

Aloha Poke Tokyo

Uber Eats平均評価4.7の実績!
各メディアでも話題のバーチャルレストランFC!低投資・低リスク・高収益化を実現!最短2週間で開始可能☆

株式会社結

+VR(プラスブイアール)

実績のあるノウハウによってデリバリーでしっかり収益・売上アップが目指せる!

株式会社バーチャルレストラン

デリバリープラン

【ブランド利用無制限】「50種類以上」のブランド導入し放題!原価率25%以下・カンタン調理!高収益バーチャルレストラン

株式会社X Kitchen

梨泰院スープ

空き時間を利用して売上アップ!人気の韓国ワッフルのデリバリー専門店.※UberEatsのエリア内で既存店舗(営業許可)をお持ちの方が導入可能

株式会社グッドフードデザイン

サラダボウル専門店 GRIT TODAY 

【年商3,000万円】【リピート率65%以上】テイクアウト・デリバリー専門のブランドシェアリング型FC
年間2万食も売れている人気のサラダボウル専門店!
もくじ

美人めん よがなうどんの基本情報

引用元:https://foods-route.jp/franchise/118
店舗名美人めん よがなうどん
運営会社株式会社 u technologies
設立2020年8月
本社〒780-0965高知県高知市福井町2409-12

「美人めんよがなうどん」を運営する株式会社 u technologiesについて解説します。

 株式会社 u technologiesとは?

株式会社 u technologiesは、2020年設立の飲食プラットフォーム・プロデュース企業です。

具体的には、「美人めんよがなうどん」を含む3ブランドのフランチャイズ展開・運用やフランチャイズ事業に関連するデリバリーの仕組みづくり・マーケティングなどの事業を展開しています。

従来の飲食店との大きな違いは、プロデュースするブランドの一つひとつがそれぞれ特色・独自のカラーを強く打ち出している点です。

「美人めんよがなうどん」に関しても、「地方の小さなうどん店を全国にプロデュースする」という従来にはなかったコンセプトでのフランチャイズ展開を企画しています。

また、フランチャイズ本部を運営する陣営もそれぞれのスペシャリストを揃えています。

うどんの本場である讃岐だけでなくアメリカやヨーロッパで修行を積んだ「よながうどん」店主をはじめ、以下のメンバーが集まっています。

  • 飲食店プロデュースのスペシャリストである株式会社 u technologiesの代表者
  • 元精神科医で人材関連企業の創業者や大手飲食チェーンの元役員などの経営サポート陣
  • バーチャルレストランマーケティングのプロフェッショナル
  • Webメディア運営法人の代表者

こうして多数の経験や知識の集合体として、株式会社 u technologiesのブランドが作られています。

株式会社 u technologiesの特徴を理解するためにも、他の2ブランドについても確認しておきましょう。

うなたん

引用元:https://ms-my.facebook.com/pages/category/Restaurant/
%E3%81%86%E3%81%AA%E3%81%9F%E3%82%93%E9%B0%BB%E7%82%AD-105828681888607/

うなたんは、ウナギの蒲焼き専門ブランドです。

イートイン・デリバリー・テイクアウトにて、他の専門店の半額程度の価格帯でうな重・うな丼を提供しています。

低価格であるだけではなく、質・量ともに満足できる内容を両立させており、わずか6か月間で加入ブランドは100店を超えています。

天然真鯛 魚骨拉麺

引用元:https://foods-route.jp/franchise/117

天然真鯛 魚骨拉麺は、ミシュラン掲載店舗の和食店が運営する会員限定ラーメン店をフランチャイズ化したブランドです。

群雄割拠のラーメン店市場ですが、天然真鯛 魚骨拉麺はタイの骨のダシの味を強くアピールしたこれまでにない商品です。

しっかりとダシの風味が感じられる反面、塩分やカロリーは抑えられており、飽きずに楽しめるラーメンに仕上がっています。
従来のラーメンファン層である男性はもちろんですが、女性からも支持されています。

天然真鯛 魚骨拉麺も独立店・バーチャルレストラン・テイクアウトの全てに対応可能です。

美人めん よがなうどんフランチャイズの特徴や強み

強み

「美人めんよがなうどん」は、本部の株式会社 u technologiesがしっかりと強みを際立たせているブランドです。
強みを理解したうえで加入することで、「美人めんよがなうどん」のメリットが最大限に発揮されるでしょう。

この章では「美人めんよがなうどん」の特徴・強みを3点解説します。

競合の少ない「小さなうどん店」

「美人めんよがなうどん」は、地域の名店をマーケティングや仕組みを活用して全国にプロデュースするブランドです。

2022年現在、目立った競合ブランドが存在しないこともあり、全国的に国内で広く受け入れられる可能性は十分にあります。

うどんをメインの商品とするフランチャイズ店自体は珍しくありませんが、その大半は低価格帯のフランチャイズ店・味噌煮込みうどんなどのご当地うどん店・和食麺処サガミや和食のさとのようなファミリー向けレストラン業態のいずれかが大半です。

香川県の讃岐うどんや秋田県の稲庭うどんなどは、基本的に地域の名店が多数を占めています。

一方で、うどんチェーンとして国内最多の店舗数をもつ「丸亀製麺」が香川県で苦戦を強いられ、撤退を強いられているということが2022年にニュースになりました。

理由は複数考えられますが、大きな要因として挙げられるのは、香川県内の地域に優良店が多数存在することです。

さらに、「美人めんよがなうどん」は高知県で長く支持されているうどん専門店であるというのも大きなポイントです。
「美人めんよがなうどん」本店は、昼3時間のみの営業で月商140万円を売り上げています。

加盟店にとってスタートしやすい

「美人めんよがなうどん」は、費用・人材の両面でスタートしやすい仕組みが作られています。

それぞれ、具体的に解説します。

費用

  • 独立店の場合
    300万円・バーチャルレストラン20万円・ワンメニュー10万円で開業可能+研修費用30万円でスタート可能(費用の名目はプラットフォーム利用料)
  • 独立店であっても夫婦2人で営業可能
    バーチャルレストランやワンメニューの場合は既存の人材を生かして営業可能であるため人件費を最小限に抑えられる
  • 加盟金・保証金がかからない
    (保証金については各都道府県先着店舗に限られます)

人材

  • 仕込みや調理の時間を最小化させることに成功
    (店主の1日の業務時間を7時間に)
  • 専門的な技術を要する工程を省き、アルバイトスタッフでも対応できるオペレーション

上記のように、費用・人材の両面で加盟店側の負担を最小限に抑えることに成功しています。

フランチャイズの本部になることも可能

美人めんよがなうどんの製品や仕組みを応用して、加盟店の立場でフランチャイズを立ち上げることも可能です。
そして、フランチャイズ運営に当たっての運営サポートやノウハウ提供を株式会社 u technologiesから受けられます。

フランチャイズ加盟店が複数店舗を運営する仕組みは数多く見られますが、二次店を募集する仕組みは一般的ではありません。

事業を始めるだけではなく、拡大していきたいと考えている方に、「美人めんよがなうどん」はオススメです。

美人めん よがなうどんフランチャイズの弱みはあるのか?

弱み

メリットの多い「美人めんよがなうどん」ですが、弱みとなり得る部分もあります。

フランチャイズ加盟は、多かれ少なかれ必ずリスクを伴うため、弱みを理解した上で加盟することが重要です。

この章では、「美人めんよがなうどん」の弱みを解説します。

商品のブランディングが未知数

「美人めんよがなうどん」は、現段階では全国的に有名なブランドではありません

高知県高知市の本店において、連日行列のできる人気店であることには変わりありませんが、一般的に高知県はうどんが有名な地域ではありません。

フランチャイズ店に対して本部・本店の知名度を活用できるというイメージをもっている方には、あまりマッチしない可能性があります。

むしろ、知名度や看板の集客力を期待する方であれば、大手チェーン店に加盟した方が希望を満たせる可能性が高いでしょう。

本店での味の再現性の問題

「よがなうどん」のフランチャイズでは、加盟店が地域の小さな店である本店の味を再現できるようにしていることが強みとなっています。
ここで、どの程度まで味の再現性が確保されているのかという点が大きなポイントです。

よがなうどん本店では、店内で麺打ちをしてうどんを提供しているようです。
加盟店でのオペレーションに関しては資料に詳しく掲載されていないものの、店内での製造工程は必要最小限に抑えられているはずです。

本部から送られる麺・スープをそのまま温めて提供するスタイルの場合、どの程度本店の味を再現できるかという点が大きく成否を左右するでしょう。

再現性の度合いによっては、大手うどんチェーンとの差別化ポイントがほとんどなくなってしまうためです。
むしろ営業時間や座席数などの麺で、大手うどんチェーンよりも劣ってしまう可能性も小さくありません。

最大の強みである独自性をしっかりと発揮するためにも、味の再現性が重要です。

うどんの顧客単価の問題

よがなうどんは、単品価格が300円台からの低価格店舗です。

メニューやトッピングなどによって顧客単価を上げることは可能ですが、基本的には回転率やリピート率を高めることで利益を上げるスタイルの飲食店です。

客単価の低さを考えたときに、バーチャルレストランとして成功するのか否かという点も考慮する必要があります。

UberEatsなどの場合は35%程度の手数料が発生するため、商品単価を上げて利益を確保するケースが大半ですが、一般的に割高であるという印象を抱かれるリスクがあるためです。

地域のニーズや競合調査などを入念にしたうえで、加盟を検討することが重要です。

美人めん よがなうどんフランチャイズユーザーの評判・クチコミ

ユーザー口コミ

 「美人めんよがなうどん」の本店ユーザーについての口コミを紹介します。

かけうどんやぶっかけうどんなどの定番メニューのほかに、肉うどんも人気の高い商品です。
ダシの味をしっかりと生かしたメニューが地域の利用者差から支持されています。

うどん店の定番でもあるトッピングも人気があります。
大手うどん店チェーンのように、顧客がセルフでトッピングをピックアップするスタイルで提供しています。

美人めん よがなうどんフランチャイズの将来性

「美人めんよがなうどん」のフランチャイズの将来性について、ポジティブ・ネガティブの両方の要素から考えてみましょう。

ポジティブな要素としては、コロナ禍・アフターコロナに強いという点が挙げられます。

コロナ禍の影響が直撃した飲食業界では、大きな打撃を受けたブランドも少なくありませんでしたが、「美人めんよがなうどん」が2020年に減収になったのはわずか1か月間のみでした。
しかも、その影響も非常に限定的なものでした。

トッピングのセルフでの提供のスタイルなど、うどんチェーン店全体の課題はあるものの、コロナ禍の長期化により対策・整備も進んでいる状況です。

さらに、コロナ禍を追い風にするためのいくつかの施策もあります。

  • 「美人めんよがなうどん」ではデリバリー・テイクアウトの対応
  • テレワークスタッフなどに向けて、社員食堂代わりの飲食スペースとして企業と契約をし、ランチのニーズを呼び込む動き

一方で、ネガティブな面としては不確定な要素がまだ多く残っている点が挙げられます。

メニューの内容・オペレーション・既存店の実績などが資料ではオープンになっていません。

そもそも、フランチャイズの募集がスタートしてからの期間が短いということもあり、現状ではまだ十分なデータが集まっていないという状況もあります。
したがって、地域店で利益が十分に上げられるか否かは不透明であると言わざるを得ません。

重要なポイントは、加盟店オーナーが情報収集を怠らず、万全の状態を整えたうえで加盟を検討することです。

まとめ

「美人めんよがなうどん」は、高知県にある小さなうどん店の味・店構えを再現したフランチャイズブランドです。
大手全国チェーンとは異なるアプローチで、本店ではすでに高い人気店を誇っています。

「美人めんよがなうどん」は、加入のハードルが非常に低いブランドです。
費用・技術・人材の全ての面において、スムーズに加盟ができるように仕組み化がされています。

ただし、詳細部分については公表されていない部分も少なくありません。

加盟のハードルが低いからこそ、必要十分な情報収集をおこない、万全の状態で加盟できる状態を整えることが重要です。

シェアする
  • URLをコピーしました!
もくじ
閉じる