フードフランチャイズの口コミ・評判まとめサイト

うなたんFCのクチコミや評判|運営会社の株式会社 u technologiesとは?

うなたんは、ほかにあまり類を見ない中価格路線のうなぎ専門フランチャイズです。

一3,000円以上がスタンダードとなっているウナギ専門店や、1杯1,000円以下で提供している低価格路線のファミリーレストランチェーンのどちらとも異なる1杯1,280円~の価格帯でウナギを提供しています。

コンセプトは、「安い価格でおいしいウナギを満足して食べられる」という非常に分かりやすいものです。そして、うなたんは運営者である株式会社 u technologiesによってフランチャイズ展開されています。

コンセプトの分かりやすいブランドは、全国展開やフランチャイズ化に適しているということもあり、加盟を前向きに検討している方もいらっしゃるのではないでしょうか?

この記事では、うなたんFCの以下の項目について解説します。

  • うなたんFCの概要
  • うなたんFCの強みや特徴
  • うなたんFCの将来性

飲食に特化した独立・開業メディア
Food's Route(フーズルート)掲載中

人気フランチャイズランキング

順位会社名/ブランド名リンク特徴

株式会社ミールソリューション

Aloha Poke Tokyo

Uber Eats平均評価4.7の実績!
各メディアでも話題のバーチャルレストランFC!低投資・低リスク・高収益化を実現!最短2週間で開始可能☆

株式会社結

+VR(プラスブイアール)

実績のあるノウハウによってデリバリーでしっかり収益・売上アップが目指せる!

株式会社バーチャルレストラン

デリバリープラン

【ブランド利用無制限】「50種類以上」のブランド導入し放題!原価率25%以下・カンタン調理!高収益バーチャルレストラン

株式会社X Kitchen

梨泰院スープ

空き時間を利用して売上アップ!人気の韓国ワッフルのデリバリー専門店.※UberEatsのエリア内で既存店舗(営業許可)をお持ちの方が導入可能

株式会社グッドフードデザイン

サラダボウル専門店 GRIT TODAY 

【年商3,000万円】【リピート率65%以上】テイクアウト・デリバリー専門のブランドシェアリング型FC
年間2万食も売れている人気のサラダボウル専門店!
もくじ

うなたんの基本情報

引用元:https://ms-my.facebook.com/pages/category/Restaurant/
%E3%81%86%E3%81%AA%E3%81%9F%E3%82%93%E9%B0%BB%E7%82%AD-105828681888607/
店舗名うなたん
運営会社株式会社 u technologies
設立2020年8月
本社〒780-0965高知県高知市福井町2409-12

うなたんFCを運営している株式会社 u technologiesを解説します。

 株式会社 u technologiesとは?

株式会社 u technologiesは、高知県高知市に本社を置く飲食店関連事業者です。

テクノロジーを活用して、現在の飲食店事業者が抱える課題を解決するための仕組みづくりをおこない、全国の飲食店をサポートするという仕組みを整えています。

その具体的な取組の一つとして、ワンメニューやバーチャルレストランとしての加盟が可能なフランチャイズブランドの展開があります。

株式会社 u technologiesは、現在うなたんFCを含めて3つのFCブランドを展開しています。
その最大の特徴は、それぞれ分かりやすい特徴をもっていることです。

数多くの飲食店がしのぎを削り、厳しい競争を強いられている現代だからこそ、利用者からの支持を集めるためには独自性が求められます。

株式会社 u technologiesが展開するブランドは、コンセプトとしてそのポイントを明確に打ち出しています

天然真鯛 魚骨拉麺

引用元:https://foods-route.jp/franchise/117

天然真鯛 魚骨拉麵は、ミシュラン掲載店による天然真鯛のだしを使用したラーメンブランドです。

鯛の骨を使用しただしという目新しさだけでなく、「毎日食べても飽きない優しい味」「美容にもよい」という利点も兼ね備えています。

運営点側にとっても、安い原価率・アルバイトスタッフのみで対応可能な簡単な調理という点を備えており、加盟のハードルが低いフランチャイズ本部です。

美人めん よがなうどん

引用元:https://foods-route.jp/franchise/118

「美人めん よがなうどん」は、本場讃岐のローカル地域うどん店の味を再現したフランチャイズチェーンです。

株式会社 u technologiesが、アメリカ・ヨーロッパで修行を積んだ地域で愛されている人気店をプロデュースすることで、商品力の高いうどん専門店としてフランチャイズ化することに成功しています。

うなたんフランチャイズの特徴や強み

強み

うなたんFC加盟の是非を検討する際の出発点は、ブランドの強み・特徴を知ることです。

エリアを問わず、全国に数多くブランドが存在する状況下では、強みを理解して発揮しないと成功につなげることはできません。

この章では、うなたんフランチャイズならではの強みとなりうる点を4点解説します。

選べる3つの運営方法

うなたんフランチャイズは、加盟店側の自由度の高いフランチャイズブランドです。

自由度の高さを示すポイントの一つが、3つの加盟方法です。

実店舗型

いわゆる従来型のフランチャイズ店のように、うなたんの看板・メニューを使用して、店舗営業するタイプの店舗です。

既存店からの業態チェンジという形でフランチャイズ加盟をすることもできます。

看板や内装など、一定の初期費用はかかりますが、本格的にうなたんに加盟を検討している方にオススメです。

バーチャルレストラン型

バーチャルレストラン型は、既存の飲食店やセントラルキッチンに導入し、デリバリーブランドとしてうなたんを営業するタイプの加盟プランです。

最小限のスペースと調理スペースがあれば、少ない初期費用で導入できます。

実店舗型と併せて導入する方法もあります。

ワンメニュー型

ワンメニュー型とは、既存の飲食店のメニューのレパートリーとしてうなたんのメニューを導入する手法です。

メニューのみの導入であるため、すでに店舗を運営している方にとっては、リスクの小さな加盟方法です。

ワンメニュー型の場合、1拠点につき、初期費用10万円/月額9千円で加盟できます。

市場優位性がある

日本国内のうなぎ市場は、従来の高価格帯の専門店と近年登場し始めた低価格帯のファミリーレストランとに二極化しています。

うなたんのメニューは、両者のちょうど中間に位置するところです。

  • おいしいウナギをたくさん食べたい
  • ファミリーレストランやファーストフードチェーンのウナギでは満足できない

これらのニーズをターゲットとしています。

うなたんのフランチャイズ募集開始から、わずか6か月間で加盟店舗が100店舗を超えていることが、そのニーズの強さの証拠です。

さらに、マーケティングを実施し、商機を確実に生かす株式会社 u technologiesの本部としての強さをうかがい知ることもできます。

近年、ウナギの蒲焼きは国内消費量が増加しているという背景に加え、外国人観光客からの注目が高まっているという後押し要因もあります。

コロナ禍の動向によって前後する可能性はあるものの、需要は今後も力強さを維持するでしょう。

ニューノーマルに対応している

うなたんFCは、コロナ禍・アフターコロナに強い業態であるといえます。

  • 高いテイクアウト比率(既存店で50%)
  • デリバリーに適した業態
  • 小規模店舗での運営を想定(実店舗型の場合)

また、ウナギは栄養価が高く免疫力の向上につながるという面もあり、なおさら市場に受け入れられています。

実績のあるメンバーがプロデュース

うなたんFCを運営しているのは、実績にすぐれたメンバーが経営のサポートを行っています。

  • 精神科医・スタンフォード大学経営大学院でMBA取得の物部氏
  • 全国大手フランチャイズチェーンのワタミ創業メンバー・元役員の呉氏
  • 楽天の元事業部責任者

上記のほかにも国内外で「プロフェッショナル」として現役で活躍中のメンバーが株式会社 u technologiesのプロジェクトに参加して、ブランドの創設・育成に関わっています。

一流のメンバーにより、マーケティングや店舗運営が考え抜かれているうなたんFCだからこそ、ブランドの将来性や成長性に対して期待が持てます。

うなたんフランチャイズの弱みはあるのか?

弱み

うなたんフランチャイズの弱みについても冷静に考える必要があります。

フランチャイズ加盟店と本部との関係性は、ともに信頼関係や協力関係がなければ成り立ちません。

だからこそ、弱みやリスクとなりうる部分についてはあらかじめ把握をする必要があります。

認知度が低い

うなたんFCは、知名度やブランド力を活用する従来のフランチャイズ契約として考えると、知名度の低さがネックになる可能性があります。

高知県高知市にあるうなたん本店は開業以来、行列の絶えない人気店となってはいるものの、全国的な知名度はありません。

将来的に店舗型の加盟店の増加やデリバリー市場での人気の高まりなどの要因によって知名度が高まる可能性はあるものの、デリバリーやワンメニューでの業態が強いという面もあるため、将来的な知名度は不透明です。

したがって、うなたんフランチャイズに加盟を検討する場合は、あくまでも商品力や仕組みについての魅力を重視して検討する必要があります。

小型店舗に特化したモデル

うなたんフランチャイズは、小型店舗をイメージしたモデルのブランドです。

本部資料の実店舗モデルケースとして紹介されている既存店に関しても、イートイン併設店9坪・テイクアウト専門店4坪の小型店舗です。

小型店舗であることは初期投資やランニングコストが少ないという点ではメリットがあります。

しかし、ワンメニューでの導入など、うなたんの導入方法には多様性があるため工夫の仕方次第ではどのような業態の店舗にもマッチする可能性はありますが、公表されている既存店の実績に大型店のものが存在しないのも事実です。

実績を参考に大型店舗での展開を考えたい方は、納得できるまで情報収集をしてから検討されることをオススメします。

中国輸入に依存

うなたんのウナギは中国から輸入したニホンウナギです。
国産のウナギが高額である以上は日本国内のウナギ店は、中国に依存せざるを得ません

中国に依存せざるを得ないのは国内のウナギ店の大半に共通する課題・悩みではありますが、うなたんの場合特にメニューがウナギに特化しているためリスクの影響が直撃します。

国際情勢から仕入れが不安定になったり、仕入れ値が高騰したりする可能性を考えた上で、仕入れを考える必要があります。

うなたんフランチャイズユーザーの評判・クチコミ

ユーザー口コミ

 うなたんの利用者の口コミを紹介します。

「半年間で100店舗加盟」という事実にも見られるように、うなたんの店舗が全国で続々とオープンしています。
気軽に食事できるうなぎ専門店であるということから、周辺住民の方に対するインパクトも強いようです。

うなたんは、デリバリー専門店としても多くのファンを獲得しています。
コストパフォーマンスの良さは大半のユーザーから支持されています。

うなたんフランチャイズの将来性

うなたんフランチャイズの将来性については、ポジティブな要因が複数あります。

  • 市場優位性がある
  • 定番商品として長く消費者から支持される可能性が高い
  • 加盟店が低価格・低リスクで導入できる
  • コロナ禍・アフターコロナに強い

ただし、不透明な要素もいくつかあります。

  • 不確実性の高い中国産ウナギに依存したビジネスである
  • コロナ禍をきっかけに飲食店ビジネスのトレンドが大きく変化している
  • 参入障壁が高くないため、強力な競合店が登場する可能性がある

上記を踏まえても、少なくとも今後数年はブランド全体としては店舗数が拡大する傾向を見せるでしょう。

ただし、ワンメニューやバーチャルレストラン業態での店舗が中心となった場合にはブランド力・ブランド価値が高まらないという可能性もあります。

フランチャイズ加盟店でありながら、商品力や仕組みの力を生かして、広告や宣伝を0から実践するようなモデルでの店舗経営が必要になります。

また、実店舗として想定されているのは小型店です。
だからこそ、各店舗は費用を大きく掛けずに効率よく広告展開をする姿勢も必要とされます。

これらを総合的に判断すると、各加盟店が自店をいかに盛り上げられるかという点が、ブランドとしての成長を大きく左右するでしょう。

まとめ

株式会社 u technologiesが運営するうなたんは、「おいしいウナギを満足するまで気軽に食べられる」という点を強みとしたブランドです。

高知の店舗や、既存のフランチャイズ加盟店は、すでに多くのユーザーからコストパフォーマンスの良さを支持されています。

なかには、「中国産のウナギだとは思えないほどおいしい」といった声も少なくありません。

うなたんには、大きく分けて3つの方法で加盟をすることができます。
実店舗型・バーチャルレストラン型・ワンメニュー型の3つです。

どの方法においても、手軽かつ低予算でのフランチャイズ加盟が可能です。
だからこそ、加盟をする際には正確な情報を入手して、慎重に判断をする必要があります。

うなたんへの加盟を検討されている方は、説明会などに積極的に参加して、さらなる情報収集をおこなってください。

シェアする
  • URLをコピーしました!
もくじ
閉じる