フードフランチャイズの口コミ・評判まとめサイト

天然真鯛 魚骨拉麺FCのクチコミや評判|運営会社の株式会社 u technologiesとは?

「天然真鯛 魚骨拉麺」は、市場が飽和しているともいわれるラーメン業界に新たな風を吹き起こす可能性のあるブランドです。

運営しているのは、天然真鯛 魚骨拉麺を含め合計3ブランドをフランチャイズ展開する株式会社 u technologiesです。

株式会社 u technologiesは、2020年8月に設立されたばかりの新たな企業ですが、独自のマーケティングノウハウや商品力の高さにより、早くも業界内で注目を集めています。

天然真鯛 魚骨拉麺は、タイの骨をベースに使用したスープにより、あっさりした味わいやすさとしっかりしたダシの香りを両立させている点が大きな特徴です。

フランチャイズ加盟のための必要資金が11万円~と低価格で加盟できるブランドであることから、天然真鯛 魚骨拉麺への加入が気になっている方も少なくないと思います。

そこで、今回の記事では以下の内容を解説します。

  • 天然真鯛 魚骨拉麺の概要
  • 天然真鯛 魚骨拉麺の特徴・強み
  • 天然真鯛 魚骨拉麺の将来性
もくじ

天然真鯛 魚骨拉麺の基本情報

引用元:https://foods-route.jp/franchise/117
店舗名天然真鯛 魚骨拉麺
運営会社株式会社 u technologies
設立2020年8月
本社〒780-0965高知県高知市福井町2409-12

天然真鯛 魚骨拉麺を運営している株式会社 u technologiesについて解説します。

 株式会社 u technologiesとは?

株式会社 u technologiesは、2020年8月に設立された飲食店プロデュース企業です。
2022年3月の時点において、ラーメン・ウナギ・うどんの3事業の店舗展開をおこなっています。

企業コンセプトは、「テクノロジー活用による新たな手法で、飲食事業が更なる広がりを見せる世界を目指す」というものです。

具体的には、専門家によって考え抜かれたマーケティング・オペレーション手法により、加盟店が調理技術や手間に依存することなく専門店以上の味と感動を提供できる状態を目指しています。

例えば、天然真鯛 魚骨拉麺ではミシュラン掲載店の店主によるラーメン+これまでにあまり知られていなかったタイの骨をベースに作られたスープという大きな2つの特徴をもっています。

コロナ禍をきっかけにトレンドの移り変わりが激化している飲食業界において、株式会社 u technologiesは強い存在感を発揮しています。

ここで、株式会社 u technologiesが運営しているほかの2業態についても解説します。

うなたん(鰻炭)

引用元:https://ms-my.facebook.com/pages/category/Restaurant/
%E3%81%86%E3%81%AA%E3%81%9F%E3%82%93%E9%B0%BB%E7%82%AD-105828681888607/

うなたんは、従来にはなかった「カジュアルにおいしいウナギを満足できるまで食べたい」という層をターゲットとするウナギの蒲焼き専門店です。

中国産のニホンウナギの安定仕入れと職人の技術を要しないオペレーションの簡素化により、1,280円~の価格でウナギを提供できる仕組みを展開しています。

実店舗・バーチャルレストラン・ワンメニューでのフランチャイズと3つの方法でのフランチャイズ加盟が可能です。

つまり、利用者側にとってだけでなく、運営者側にとってもカジュアルな飲食店ブランドであるといえます。

美人めん よがなうどん

引用元:https://foods-route.jp/franchise/118

美人めんよながうどんは、個人店のうどん店をベースとしたフランチャイズチェーンです。

うどんの本場である讃岐に加えてヨーロッパ・アメリカでの研究・修行などをふまえ、アルバイトスタッフでも地域の人気店の味を再現できるように仕組み化しています。

美人めんよがなうどんも、うなたんと同様の3業態にてフランチャイズ加盟が可能です。

天然真鯛 魚骨拉麺フランチャイズの特徴や強み

強み

フランチャイズ加盟検討者の立場では、天然真鯛 魚骨拉麺が加盟店にとってどのような特徴・強みを持っているのかをしることが非常に重要です。

特に天然真鯛 魚骨拉麺は、すでに飲食店を運営している方もターゲット層となるため、既存の店舗・ブランドとのシナジー効果を判断する面でも、特徴の把握は極めて重要です。

この章では、天然真鯛 魚骨拉麺の特徴を3点解説します。

メニューの普遍性・独自性

天然真鯛 魚骨拉麺は、ラーメンという確固たる市場で、タイの骨をしようしたラーメン・ミシュラン獲得店による監修という独自性を備えています。

さらに、天然真鯛 魚骨拉麺のメニューの特徴である以下の点も見逃せません。

  • 飽きの来ないあっさりとした味わい
  • 低カロリーの健康的なイメージ

飲食店業態で長く人気店として存続し続けるためには、メニューの普遍性と独自性が極めて重要な意味をもちます。

普遍性は、言い換えればあまりにも奇抜であったり、一過性のトレンド商品であったりしないということです。普遍性のない商品は、瞬間的に「もの珍しさ」から集客に成功する可能性はあるものの、長期的な存続は難しいでしょう。

トレンドとなっている間に初期費用を回収して利益を確定させるという考え方はあるものの、あまり長期的に事業を考えたい方には不向きです。

一方で、普遍性のある定番商品はライバルとの差別化も必要です。
フランチャイズ店の場合には、特別な技術や資金力などに依存せずに独自性を発揮することが大きなテーマになります。

天然真鯛 魚骨拉麺は、フランチャイズ展開をするにあたり、理想的なメニューのチョイスをしているといえるでしょう。

開業資金・手間の手軽さ

天然真鯛 魚骨拉麺のフランチャイズ加盟をするにあたり、加盟店に求められる資金・人材・手間などは最小限となるように仕組み化されています。

例え、飲食店のプロが存在していない状況であっても最短3週間程度で事業をスタートできる可能性があります。

天然真鯛 魚骨拉麺において、スタートのハードルが低いのは、以下の要因によるものです。

初期費用の安さ

ワンメニューでの加盟であれば加盟金10万円~、バーチャルレストランであれば20万円~でフランチャイズ加盟できます。

実店舗であっても、既存の物件や内装などが整っていれば、加盟金50万円~で天然真鯛 魚骨拉麺の店舗として事業をスタート可能です。

技術のハードルの低さ

天然真鯛 魚骨拉麺では、ラーメンの個人店に必要とされる高い技術力を要していません。
特別な技術を必要としないため、アルバイトスタッフのみでの運用も可能です。

小さなスペースで営業可能

天然真鯛 魚骨拉麺は、10坪程度の小さなスペースでも開業可能なスタイルです。
さらに、テイクアウトやデリバリーにも対応可能です。

上記のポイントを押さえていることで、天然真鯛 魚骨拉麺の参入障壁はほかの飲食フランチャイズや個人店と比較して低いものとなっています。

利益率の高さ

ミシュラン獲得店による商品監修や、専門家による高度なマーケティングリサーチに基づいた天然真鯛 魚骨拉麺ではありますが、十分に加盟店が収益が上げられるプラン・仕組みが構築されています。

食材原価率の参考値29%
(売価を980円と設定した場合)
ロイヤリティ月額固定制
(ワンメニュー7,000円/バーチャルレストラン15,000円/実店舗型20,000円)
人件費既存店運営中の場合、新たに人材を雇用することなく運営可能。
1商品の提供のためにかかる時間が3分程度。

店舗の状況や加入前の精度にもよりますが、高い利益率を確保して収益を上げることが可能です。

原材料の高騰などの要因から収益性が上がらずに困っている飲食店の方は少なくありませんが、天然真鯛 魚骨拉麺を導入することにより既存のビジネスの工場につなげることも可能です。

天然真鯛 魚骨拉麺フランチャイズの弱みはあるのか?

弱み

天然真鯛 魚骨拉麺フランチャイズには、弱みとなり得る部分もあります。

弱みを理解しないままフランチャイズ加盟をした場合には、意図の食い違いによって公開してしまう事態にもなりかねません。

この章では、天然真鯛 魚骨拉麺の弱みとなり得るポイントを3点解説します。

商品の詳細が未発表

天然真鯛 魚骨拉麺は、商品のコンセプトや商品写真についてはホームページ上に明確に打ち出されています。

しかし、メニューの名称・販売価格などのメニューに関する具体的な情報は公開されていません。

販売価格や販売商品について加盟店側の裁量が大きいという点から、あえて掲載されていないという可能性も考えられますが、ラーメン店をイメージしたことのない方にとってはブランドや商品のイメージをつかみづらいかもしれません。

また、ブランディングの面においても、利用者に対してブランドの代名詞となるような商品写真を提示できないことがデメリットになる可能性があります。

特に、「フランチャイズ店に加盟するからには、本部のブランド力・看板の魅力などを最大限に発揮したい」と考えている方には、詳細が未定である点が大きなデメリットになる可能性があります。

ミシュラン獲得店は別業態

天然真鯛 魚骨拉麺の大きな特徴の一つが、「ミシュラン掲載店が開発したスープ」を使ったブランドであるという点です。

ミシュランの獲得店が開発したラーメンスープをフランチャイズで展開できることは間違いのない事実です。
ただし、ミシュラン獲得は運営する和食店でのものであり、ラーメン店としての取得というわけではありません。

むしろ、本店においても、ラーメン店としての開業は2021年にオープンしたばかりです。

また、天然真鯛 魚骨拉麺の資料によると、天然真鯛 魚骨拉麺に加盟したときに本部から提供されるのはスープのみであるということです。

麺やトッピングの具材については、別途仕入れをおこなう必要があります。

本部のサポートが別途有料である

株式会社 u technologiesには、マーケティングや飲食店運営の専門家が集まっています。

ただし、マーケティングや店舗運営に関して本部のサポートを受けるためには別途有料のサポートプランを契約しなくてはなりません。

例えば、月に1回の45分の現地アドバイスを含むプランを希望する場合には、月額1万円のPAGODAプランを契約する必要があります。

外部にコンサルティングを依頼する場合などと比較をすると、かなり割安な料金ではあるものの、別途料金がかかるという点については理解が必要です。

天然真鯛 魚骨拉麺フランチャイズの将来性

天然真鯛 魚骨拉麺の将来性について考える際のポイントは、仕組み化にどの程度成功しているかによって左右されるでしょう。

つまり、ミシュラン掲載店の店主が開発したスープを使って、アルバイトスタッフがどれだけベストに近い状態のラーメンを提供できるかという点です。

ラーメン店は、「市場が飽和」していると言われることもあるほど、全国に競合店がひしめいています。
だからこそ、目新しさだけではなく競合店に勝るおいしさが求められます。

今回の天然真鯛 魚骨拉麺の監修店舗である「GYOKOTSUYA」に関しては、クラウドファンディングなどを利用して集客に成功していることが確認できます。
フランチャイズ加盟店でも高いレベルで味を再現できれば、評判店となる可能性が高いでしょう。

天然真鯛 魚骨拉麺は、小型店であるということもあり、リスクはそれほど大きくなさそうに感じられます。
ただし、不確定要素が多いことに対しては注意する必要があります。

  • 具体的な商品としてはどのような商品があるのか?
  • 本部から得られるるサポートはどの程度までの範囲なのか?

文書で一つひとつ確認する必要があります。

特に、独立点として天然真鯛 魚骨拉麺の運営を検討している場合には、メニュー構成などについても明確に理解することが重要です。

自由・裁量が大きなフランチャイズブランドだからこそ、慎重に対応を進める必要があります。

まとめ

「天然真鯛 魚骨拉麺」を、株式会社 u technologiesはしょうゆ・味噌・とんこつなどに次ぐ新たなラーメンのスタンダードに育てようと計画しています。

そのためのフックとして、ミシュラン掲載店の店主が開発したスープを使ったフランチャイズ化がとても効果的な策になる可能性があります。

こうして、新たなサービス・ブランドの初期段階に参加することは、通常は大きなリスクを伴いますが、天然真鯛 魚骨拉麺は初期コストの少ないフランチャイズです。

タイの骨を使用したラーメンが全国にまだ知られていない早期の段階で加盟することにより、競合店に対して抜きん出る可能性もあるでしょう。

ただし、天然真鯛 魚骨拉麺は情報の少なさがリスク要因になる可能性があります。
失敗のリスクを減らすためにも、説明会などで積極的に情報を収集しましょう。

シェアする
  • URLをコピーしました!
もくじ
閉じる